釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 小町 広一

小町 広一SHORE Field Tester

【ラインの使い分けでパターン攻略】2017.07.11掲載

東京湾のボートアジングが面白い時期を迎えました。

近頃は、秋に次ぐ、ハイシーズンとなっており、サイズ、数共に良い釣果が期待できるタイミングと言えます。

良いポイントに当たると、表層のスーパーボイルに遭遇する事もあり、その様な群れと遭遇した場合は、マメの数釣りになるパターンが通常です。

これはこれで、面白いのですが、大型に的を絞るなら、やはり、ボトム攻めが正攻法となってきます。

水深15m前後のボトム付近。
30cmに迫る大型は、そんな、レンジで食ってくることが多いので、積極的な底取りが釣果の明暗を分ける重要なキーとなります。

表層の数釣り、ボトムのストロングな釣り。この両極端とも言える攻め分けを明確に行う事が、ヒット率の向上に繋がります。

そこで、重要となってくるのが、ラインの使い分けです。

表層ボイルは、食いが立ってはいるものの、上記で述べた通り、比較的小型の群れである場合が多く、必然的にショートバイトが頻発します。

その対策として、0.3~0.9gの軽量ジグヘッドでバイトへの追従性を確保して行く必要があり、ラインには表面滑性の高さと、細さが要求されます。

従って、エステルがマッチしており、自分は、チェルムアンバーコードS-PET(0.25号)をセレクトしています。

一方の、ボトム攻略の場合、ジグ単では手返しが悪いので、キャロやダウンショットを用いてゲームを組み立てて行きます。

リグ全体の重量が5~7gと、アジングとしてみれば、重めになるため、ラインは強度を重視し、PEを選択します。

また、ボトム付近で頻発するバイトを的確に捉えて行く必要もあるため、比重の高さも求められます。

これらを追求していくと、高比重、高強度を達成しているオードラゴンがこの釣りにもたらすアドバンテージがいかなるものか、気付いて貰えると思います。

その場、そのタイミングに適した、タックルを的確に判断すれば、思い通りのパターン攻略が可能となります。

アジングにおける、ラインセレクトは、その観点で重要なファクターを担うのです。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:6フィート プロト
リール:ステラC2000S(LIVRE ウィング72)
ライン:アンバーコード S-PET(0.25号)
リーダー:アブソーバーFCリーダー(0.5号)

【タックル2】
ロッド:パームスピンウィール(PTASS-69)
リール:ステラC2000S(LIVRE ウィング72)
ライン:オードラゴン(0.4号)
リーダー:アブソーバーFCリーダー(1.5号)

ルアー:フィッシュアロー フラッシャーワーム

 IMG_0932IMG_0934 IMG_0935 IMG_0936 IMG_0937 IMG_0938 IMG_0939 IMG_0940

東京湾豆アジ攻略2016.08.24掲載

近年、アジング人口がどんどん増え、盛り上がりをみせている、東京湾。
かくいう自分も、平日、週末関係無しに陸っぱりでアジの回遊場所とストロングパターンを模索する日々を楽しんでいます。

近頃の釣果を振り返ってみると、十数センチの個体、いわゆる「豆アジ」の回遊が多い時期となっていると感じています。
しかも、秋のハイシーズンと比較すると、回遊数も少ないので、アタリの頻度が低い事も、この時期の特徴といえます。

こうなってくると、数少ないバイトをいかに大切に掛けられるかが、釣果を左右する重要なカギとなりますので、
ラインセレクトにも適材適所の判断が必要となってきます。

時に、アンダー1gのジグ単で的確に潮流を捉え、ラインに出る違和感を積極的にアワせていく・・・
そんな、展開になる事も多いので、ラインには軽量リグを違和感なくキャストできる細さと、
潮流やアタリ等の情報伝達性に優れる伸縮率の低さが求められてきます。
また、的確なレンジコントロールと、その再現性を高める事で、バイト率が向上するので、
比重の高さもこの釣りには重要なファクターとなってきます。

以上の事から自分は、チェルム アンバーコード S-PETをこの釣りに用いています。
号数の使い分けは、釣り場のシチュエーションによっても異なってきますが、ジグ単の場合、
0.4g〜1.2gは0.2号を用い、1.0〜2.0gは0.25号を用いるのが、自分なりの選択となっています。

このラインは、性能にムラのない高品質ラインなので、フィネスを極める「豆アジング」にはベストマッチ!!!
引っ張り強度の面でもクラス最高峰の実力を保有していますので、ハイシーズンの大型狙いにも安心して使用できます。

釣り方のパターンは場所やタイミングによって変化していく訳ですが、釣りがフィネスになればなるほど、
ラインに要求する性能にも拘りが出てくるものです。
このラインを使い込むと、道具の視点から、確実に自分の技術をサポートしてくれる存在だと感じる事ができますので、
皆さんも是非、アジングラインの選択に迷ったら、ご参考になさって下さい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:PALMS ピンウィール(PTASS-59)
リール:STELLA(C2000S)
ライン:チェルム アンバーコード S-PET(0.2〜0.25号)
リーダー:GP-Z(0.6号)
ルアー:フィッシュアロー フラッシャーワーム

【アイウェア】
メガネのアイガン WithDrive2

IMG_2871IMG_2873IMG_2885IMG_2891IMG_2893

三浦半島、磯メバル!2016.04.01掲載

地元、神奈川県の三浦半島でメバルの釣果が出始めました。

三浦のメバルゲームといえば、地磯のシチェーションがメインとなり、
スリットやシモリ(沈み根)等の比較的、攻め難いスポットを如何に丁寧に
アプローチするかが、釣果の明暗を分ける重要なファクターとなってきます。

この様なシーンでゲームを展開する上で僕がラインに求める性能は主に2点。
先ず、極細径であってもキツいドラグでガチンコファイトできる強度への信頼性。
それと、ライトリグを繰り返しフルキャストしてもエアーノット等のトラブルを
起こさない、適度なハリと表面滑性の融合。

これらの観点から、僕はリアルデシテックス プレミアムWX8をこの釣りに用いています。
リアル0.3号で9LBの引っ張り強度は時にオーバースペックとさえ感じる場合もありますが、
類稀なる耐久性と相まって、そのマージンがフィールドでの絶対的安心感に繋がります。

「ラインはアングラーと魚を繋ぐ生命線!!」

この上ない選択とメンテ等のケアを十分にし、大型のヒット率が増していく
これからのシーズンに備えていきたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:PALMS ELUA Pinwheel PMGS-79
リール:10STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ライン:YGK リアルデシテックス PE0.3号
リーダー:YGK GP-Z 1.0号

011 IMG_2580 019 IMG_2593

東京湾ボートアジング2015.11.04掲載

みなさんこんにちは。小町です。

本年もよろしくお願い致します。

 

寒さの厳しい今日この頃、秋に陸っぱりで釣れ盛っていたアジたちも水温低下と共に釣果は下降の一途を辿り、近頃では満足な結果が得られなくなってきました。

 

だからと言って、「こたつで春を待つのは勿体ない!」と、いう事でワタクシ小町は近頃、ボートアジングへ通っています。

 

フィールドは東京湾の横浜エリア。天候やタイド等により釣果に差は出ますが、その魅力はやはり、魚影の濃さと魚のクォリティでしょう。

 

 

近頃のヒットパターンを考察すると、水深8mエリアの中層からボトム付近。そこをスローテンポなリフト&フォールで誘うというのが大筋となっています。

 

使用するルアーは、

・フラッシュJ 1インチSW

・フラッシュJハドル 1インチSW

の2種類。

 

これに、1.5~2.0gのジグヘッドがメインとなっています。

 

上記に組み合わせるラインは

・チェルム アンバーコードSG 

 S-PETポリエステル(0.25号/1.5LB)

 

いち早く任意のレンジに到達させる、また、ジグヘッドの存在感やセンシティブなバイトをダイレクトに手元へ伝達するという観点でこのラインを選択しています。

 

その日のパターンをいち早く見出し、それをタイトに再現して行く事が重要なアジングにおいて、ラインセレクトは釣果を左右させる重要なファクターとなります。

 

是非、ラインのコンディションをバッチリ整えて“寒くてもアツいボートアジング”いかがでしょうか!?

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:PALMS Pinwheel PASS-63(改)
リール:14STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ライン:YGKよつあみ CHERUM AMBERCORD SG
    『エステル』(0.25号/1.5lb)
リーダー:YGKよつあみ フロロ 0.6号
ルアー:フラッシュJ 1インチSW
    フラッシュJハドル 1インチSW

リアルデシテックス0.4号で湘南ランカーシーバスを捕獲2015.06.17掲載

強さと細さ、この相対する要素を高次元で具現化したリアルデシテックス プレミアムPEライン。
手にした瞬間に判るそのクォリティの高さに自分はもとより、周囲のアングラーも「スゲェ」の一言です。

このラインがリリースされて以降、自分はあるテーマを持ってシーバスと向き合ってきました。

それは、
「ライトラインでどこまでデカイのと勝負できるか?」
その一つの解として、先日、湘南河川でハイシーズンを思わせる様なプロポーションのランカー(86cm)を釣り上げる事に成功しました。

状況的には2日間降り続いた雨の影響で河川が増水しているタイミング。
必然的に流れも速く、ファイト中にヒヤッっとする瞬間もあったのですが、結果、何なくキャッチに至りました。

今回使用したラインは、リアルデシテックスの0.4号(12lb)

今回の一本で「まだまだライン強度にはマージンがある!」と、感じましたので、さらに、チャレンジを加速して行こうと思います。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:PALMS ショアガン(SFGS-70L-TW)
リール:10STELLA C3000S(SOM CUSTOM)
ライン:リアルデシテックス(0.4号)
リーダー:DVSショアリーダー(12lb)

アイウェア:アイガン(WithDrive-Night&Day-)

尺メバハントにおけるリアルデシテックスの有効性2015.05.22掲載

極細径で最強強度を誇るリアルデシテックスを用い、 難攻不落のゴロタ磯で尺メバルを攻略してきました。

ゴロ磯は水面から岩が露出しているなどの箇所が 点在するシチュエーション。
シャローフラットな地形のため、 ヒットポイントが遠い場合も多々あります。

この事から、ゴロ磯への釣行時、これまで自分は 0.6号のPEを基準に考えていたのですが、 今回からはリアルデシテックスの0.3号を採用しました。

この背景には直線引っ張り強度の高さに安心感を得られた というメンタル的な要因がかなり大きい!!
具体的な数値で記すと、0.3号でMAX10lb(Ave8)のスペックとなります。

この高い強度を活かし、
「掛けたらゴリ巻きで勝負を掛ける!!」
これが、僕のイメージです。

今回はフラッシュJハドル1”SWのキャロでHITさせましたが、 ベイトを強く意識し始めるこれからの時期はプラッキングが メインとなって行きます。

必然的に飛距離が釣果に直結する重要なファクターとなりますので、 リアルデシテックスの性能を活かし更なる大物を狙っていこうと思います。

Real dtex Premium WX8

東京湾シーバスボートゲーム2015.02.24掲載

先日、仲間内でボートをチャーターし、シーバスゲームへ行って参りました。
 
全体的な流れとしてはアフターの個体をディープレンジで狙うのがこの時期のセオリー、
釣り方はジギングをメインとし、時折、スピンテールや鉄板系バイブでリトリーブへの
反応を見て行きます。
 
今回の結果は残念ながら、狙いの良型キャッチとはいきませんでしたが、それでも
水深15m~30mラインでルアーを操り、明確なイメージを持って掛けて行くこの釣りの
楽しさを改めて感じる事ができました。
 
この先のシーズン、水温上昇と共にシーバスの活性は一気に上がって行きます。
陸っぱりもボートもにぎやかになっていく時期ですので、自分も魚に負けない様に
どんどん活性をアゲて行こうと思います♪

タックルデータTACKLE DATE
【タックルデータ1】→ ジギング
ロッド :PALMSメタルウィッチ(MTGS-631T)
リール :13メタニウムHG
ライン :YGK ジグマン X8(0.8号)
リーダー:YGK ナイロン(20LB)
ルアー :ZetZスローブラットワイド(60g)etc...
スナップ:オーシャンスナップ(3BB)

【タックルデータ2】→ 鉄板系
ロッド :PALMS ELUA MOLLA(MGC-74XHM)
リール :タトゥーラ(103SH-TW)
ライン :YGK エヌウォーカー フロロ(16LB)
リーダー:なし
ルアー :ZetZハンネル etc...

偏光:STORM RIDER

東京湾アジング2014.10.29掲載

近頃、毎日の様に東京湾アジングへ繰り出してます。

今、通い込んでいる横浜エリアは魚影が薄く、フィーディングで接岸した瞬間のみ釣れるというのがデフォルト状態。

ポイントセレクトも去ることながら、回遊に当たってもやる事をキチンと体現しないと満足な結果が得られないというのが実態です。

当然、その日のコンディションによって、パターンが異なりラフな操作で喰う場合もありますが、基本は「潮の効いているピンを見出しタイトに攻める!」
というのが釣果を左右するキーになってきます。

タックルはラインセレクトを基準に2タックルを使用。
バイトが得られる距離感とその頻度によってジグヘッド単体とスプリットショットリグを使い分けています。

【ジグ単用タックル】
ライン:CHERUM AMBERCORD SG『S-PETポリエステル』
    0.2~0.3号(リーダー:0.6号)
リール:14STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ロッド:PALMS Pinwheel(PASS-69)

【スプリットショット用タックル】
ライン:フロロ0.5号(直結)
リール:10STELLA C2000S
ロッド:PALMS Pinwheel(PMGS-73)

これらをその日の状況に合わせて使い分け、タイミング毎に最適な釣り方を絞って行くのが正攻法であり、同時にアジングの醍醐味でもあります。

特に高比重&低伸度が特徴のエステル系ラインのメリットはこの釣りにおいて大きなアドバンテージ!!
軽量ジグヘッドの操作感がとても良いです。

フロロとエステルの適材適所の使い分けで、パターン攻略への近道が図れますので、その辺りをさらに追求して行きたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
【ジグ単用タックル】
ライン:CHERUM AMBERCORD SG『S-PETポリエステル』
    0.2~0.3号(リーダー:0.6号)
リール:14STELLA C2000S(SOM CUSTOM)
ロッド:PALMS Pinwheel(PASS-69)
【スプリットショット用タックル】
ライン:フロロ0.5号(直結)
リール:10STELLA C2000S
ロッド:PALMS Pinwheel(PMGS-73)