釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 吉澤 竜郎

吉澤 竜郎OFFSHORE Field Tester

夏のリバーシーバスゲーム2018.07.06掲載

稚鮎の遡上が一段落した頃から安定する河川中流域のシーバスゲームがいよいよシーズンを迎えました。
今回訪れたのは河口から数10km上流の埼玉県内の淡水河川です。
 
 
え?こんな所でスズキが釣れるの?と思われるようなポイントでも
海と繋がってさえいればエサを求めて貪欲に河川に入りこんでいきます。
 
 
この時期の小河川でのメインベイトは稚鮎からテナガエビなどの甲殻類に移行してしる事が多いです。
 
そのためヒットレンジもボトム際を丁寧に探るのがオススメです。
 
この日は甲殻類をモチーフにしたナレージ65レッドタイガーカラーにヒットが集中。
5ヒット3キャッチと短時間で楽しむ事ができました。
 
これからお盆すぎまでは安定して釣れる淡水シーバスゲーム。
 
是非、チャレンジしてみてください。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:APIA Foojin'ADハイローラー
リール:APIA VENTURA 3012
ハンドルノブ:SOM AC30
ライン:ガリス ウルトラWX8 GesoX 1号
リーダー:ガリス キャストマンアブソーバー 5号 20lb
ルアー:BlueBlue Narage65

36359619_1750049865075171_3603843286399188992_n 35971433_1740693476010810_3152243675841429504_n

奄美大島ジギングゲーム2018.07.06掲載

乗船:アルカトラズフィシングボート
 
毎年恒例となっている奄美大島ジギング遠征。
本来ならばトカラ列島まで船中泊の旅に出る予定が、
台風接近により近海ジギングゲームに変更となりました。
 
 
近海といえども奄美大島。
スタートから15kgクラスのカンパチがESSNAL350gにヒット!
 
関東近海ではなかなか味わう事が出来ない引きを堪能する事が出来ました。
 
潮が緩んでくるとロングジグ、スライドアクションには中々魚が反応せず、
ツライ時間が続きます。
 
そんな時はシルエットの小さいSpinBitを使用したスロースタイルで攻略。
 
カンパチのダブルヒットや幻と言われるセンネンダイをキャッチ!
 
南の島ならではの釣果で楽しむ事が出来ました。

タックルデータTACKLE DATE
使用タックル ①
ロッド:BlueBlue Black Knuckle FC630
リール:SOM BlueHeaven L50Hi OGM
ライン:ガリス ウルトラジグマンWX 3 号
リーダー:ガリス FCアブソーバー 12号
ルアー:BlueBlue SpinBit180g

使用タックル ②
ロッド:BlueBlue Black Knuckle 6ft プロトモデル
リール:SOM BlueHeaven L120N-Hi
ライン:ガリス ウルトラジグマンWX 4 号
リーダー:ガリス FCアブソーバー 14号
ルアー:BlueBlue Essnal 280g 350g 420g

35465484_1729515763795248_1811490198974889984_o35416253_1729515703795254_2322037058849210368_o