釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 吉崎 俊

吉崎 俊EGING Field Tester

春イカ対応のラインシステム2014.02.27掲載

初めまして、フィールドスタッフの吉崎俊です。
まず、自己紹介ですね。
職業は、和歌山の田辺湾でキャスティングボートエギングガイドをしています。
釣れたYo!よりも、釣ったぞ!と感じるのが好きな性格で、エギを操作し手でアタリをとって釣るのが好きで、イカを釣った時に掛かり所を見て納得したり、何でここに掛かった?と一人考え込んだり、自己満足で釣りをしています。
そして、イカは引く方が良い!と言う事で、デカイカ狙うのも大好きです。

今回はまずは準備と言う事で、春イカ対応のラインシステムの紹介をさせて頂きます。

大きなイカが釣れる春は、潮の動きが活発な時期でもあります。
一般的に産卵を意識して藻場に入ったアオリよりも、産卵前に潮の流れの強い場所に居付くアオリの方が断然パワフルでエギの襲い方も激しく、ガイド中にも好んで潮の早いポイントに入るのですが、追い風キャストが基本のアンカリングボートエギングスタイルでは、追い風に乗せてキャストし、水深10メートル以上のポイントで潮の流れに乗せながら底を取ると「100メータぐらい出ました。」なんて事もざらにあります。
そんな、遠くて深くて潮の流れの速いポイントなのに、残りラインの少ない状態になってしまう一回目のシャクリでいきなりズンッ!なんて事もしばしばで、シャロースプールでは容量が足りません。

一般的にエギングのラインシステムと言うとPEラインとリーダーの結束方法や、エギの結び方を思い浮かべると思いますが、今回注目したいのはスプールに巻かれたPEラインの底。
引き出されても対応出来る状態に仕上げておきましょう。

と、いうことで、
まず初めに、スプールはもちろん深溝タイプを。
ラインはナイロンライン12~16ポンド、フロロライン12~16ポンド、PEライン1号~1,5号。
そして塗装の時に使用する紙製マスキングテープを2~3センチに切ったものを2枚を用意します。もちろんはさみも。

まず初めにナイロンラインをスプールに結びます。そして、その結びコブをマスキングテープで張り、覆います。
その状態から下巻きを初めます。

適度な深さまで下糸を巻くと、下巻きのナイロンラインにPEラインを結束します。
結束方法は、結びコブが小さく強度も強いFGノットをお勧めします。
そして、またまた結びコブをマスキングテープで覆い、PEを巻き完成。
後はいつも通りリーダーを結ぶだけでOK!
こちらもキャストしやすく、強度が強いFGノットがお勧めです。

注意する点は、下糸とPEの結束は、PEラインとリーダーの結束同様、強度に信頼の置けるノットで仕上げる事。
これでPEを全て出されても保険の下糸がしっかりとした強度で使用出来ます。

ここを手抜きして電車結びなんかで仕上げると、いざと言う時に泣く事になってしまいます。

当たり前で簡単な事ですが、案外手抜きしてしまう所でもあるので、下巻きをしている方もシーズン前にもう一度下糸とPEラインの結束を確認してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、GesoX WX8に160メートル巻きが出来たそうで,保険の下糸まで40メートル伸びました。

他人よりも先を狙うアングラーにとっては嬉しい朗報ですね。

さぁ、それでは良いフィールドレポートが書けるよう今春も頑張ってきます。