釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 上杉 貴人

上杉 貴人SHORE Field Tester

年末年始長崎県壱岐遠征レポート2017.01.24掲載

私の中で恒例となっている年末年始の遠征に出かけてきた。

今年で4年目となる長崎県の離島、壱岐島への遠征だ。

この島はアオリイカ、ロックフィッシュ、そしてアジの魚影が濃く、デイゲームでも楽しめる。

特にアジは大型シーズンに突入してきたようだ。

昨年はアジングにこだわり、泉南エリアでも約100本の尺アジを捉えることが出来たが、そのリグや理論が通用するのかが個人的にも楽しみな今回の遠征である。

12月31日の昼にフェリーで壱岐島に上陸、早速アジングの準備に入る。

先行上陸している仲間の話では夕方の時合いが熱いらしい。

その夕方、まずは好調なメタルジグから入ると35センチクラスが釣れるが、一瞬で終わってしまった。

今年の釣り納めは40センチオーバーのギガアジで締めたかったのだが・・・・・

しかしここからが本当の勝負、イージーに口を使ってくれない個体に対してどうアプローチしていくかを考えて今年はやってきただけに焦りは無い。

広範囲に投げてエサ場はある程度絞れているだけに、そこに回遊してくる個体に確実に食わせのアプローチが出来るかが勝負を決める。

自ら色々と模索しながら完成させたアジング用フロートタックルに切り替え、アプローチの切り口を変えていく。

ボトムを舐めるように引いてきた時、一瞬の違和感が伝わってきた。

体が反射的にアワセを入れる。

するとなかなかの引きを見せるが、デカアジにこだわってきた今年の自分に全く焦りは無い。

上がってきたのは41センチのギガアジ、その後さらに44センチを追加する。

周りが沈黙する中、キッチリと絞り出せたのは自分の理論と完璧なタックルがあってこそ、とりあえず釣り納めに結果を出すことが出来た。

さらに年明けも同様に45センチを捕獲に成功、最高のスタートを切ることも出来た。

そうなるとリラックスモードな切り口でどんどんと攻略する事も出来、最終的に47センチを頭に数えきれないほどのギガアジをてにすることが出来た。

さらにロックフィッシュゲームでは念願のクエも捕獲に成功、とにかく楽しく、そして熱い遠征が終了した。

去年は新製品のG-soulアップグレードPEX4をメインにアジングをしてきたが、とにかく安心感が高く、一年を通して大型アジとのやりとりを優位に進めることが出来た。

ジグヘッドリグには0.2号、風が強い時はアンバーコードS-PETを使用することで釣り幅が広がり、そして大型狙いのフロートリグには0.4号を使用、繊細な操作感を残しながらパワーファイトを繰り広げてきた。

コストパフォーマンスにも優れており、仲間達も続々とこのラインに乗り換えて好釣果を叩き出している。

今年もこのラインにお世話になり、数々のドラマと釣果を期待しておいてください。

タックルデータTACKLE DATE
ジグヘッド用
ロッド LEGAME X-ARMATURA空我プロト
リール シマノステラC2000S
ライン よつあみ G-soulアップグレードPE0.2号もしくはよつあみチェルムアンバーコードSG S-PET0.25号
リーダー よつあみ 海藻アブソーバー1号
ジグヘッド マグバイト アッパーカットジグヘッド各種


フロートリグ用
ロッド LEGAME X-ARMATURA烈煌
リール シマノステラC2000S
ライン よつあみ G-soulアップグレードPE0.4号
リーダー よつあみGP-Z2号
フック マグバイトフックオンリー#6

IMG_7440 IMG_7442 IMG_7443 IMG_7445 IMG_7446

エギングレポート2016.05.26掲載

お久しぶりです!!

ライトゲームテスター上杉です。

今回は5月22日に行われた紀伊半島エギングサミットin田辺によつあみさんから声をかけていただき、メーカーブースに終日立たせていただきました。

そしてたくさんの方にブースへ足を運んでいただき、大変充実した1日となりました。

こういうきっかけを作っていただきありがとうございます。

個人的に最近は夜勤続きなので、なかなかいいタイミングで釣りに行けず、満足いく釣果が得られるのは自由に出来る週末のみ。

という事で、エギングサミット終了後に一旦家へ帰り、ホームグラウンドの泉南エリアへエギングパトロールに向かった。

日曜日の夜という事で、一般の方は翌日がほとんどが仕事、おそらくそれなりに空いているであろう激戦区泉南エリアは何処も予想通り人はまばらだ。

その中で自分の入りたい場所を見に回るとラッキーなことに1ヶ所だけ空いていた。

しかし東南東の風が強くて流れと風がリンクせず、なかなか思ったコースを流せない。

とはいえ、やや張りのあるアップグレードX8はそれを最小限に抑えることが出来る。

ロッドティップを水面につけたりしたり、ほんの少しだけ立ち位置を変えたりしなが理想のコースを探す。

何とかいい立ち位置を見つけるが、そういう時に限って潮が止まってしまう。

今日は悪循環な日か?と思っていたら、少しすると逆に潮が動きだした。

ただ動いているのは上だけなのか、エギをカーブフォールさせると途中で負荷が抜けてしまう。

もしかして上を回遊してくる?という直感がなんとなく働き、ハイピッチショートジャークで動いている表層のみを狙うというこの時期にはまずやらない速い釣り方に切り替える。

すると答えはその1投目に帰ってきた。

ハイピッチショートジャーク後の一瞬の止めを作った時にコツッというアタリの後、テンションが完全に抜ける。

こちらもビックリするような展開であるが、そのまま引き付けるようにアワセを入れるとひと呼吸置いていきなりドラグが一気に出る。

しばらくは止めることが出来ないような感じなので、落ち着くまで待つ。

間違いなくいいサイズ、その引きから確信を持つが、出来すぎの展開にちょっとビックリ。

その後は一進一退の攻防を繰り広げるが、完全に浮かせきると主導権はこちらに移った。

手前で最後の抵抗を見せるがもうこちらは余裕、きっちりとギャフを打って確実に取り込む。

見た目は3キロ間違いないという感じだ。

泉南通算9ハイ目の3キロオーバー、南紀ではともかく、泉南で久しぶりのこのサイズだけにテンションはマックス。

それだけに次のキャストに移るまでに時間がかかってしまった。

その後は潮が全体的にダラダラと流れる状態となり、再び沈黙してしまう。

完全にダラダラ状態の中、ほんの一瞬だけいい潮が入る。

ボトム中心に攻めていると再び魚のようなコンッというアタリ。

掛けた瞬間の手応えは2キロ位ありそう、しかし先程少し閉めたドラグのままやや強引なやりとりをしてしまう。

そしてヘッドライトを点灯した瞬間、一気に走られ身切れしてしまった。

少し調子に乗ってしまった事を反省し、再度気を引き締めるが、その後は全く反応無く、気になるポイントを何ヶ所か回るが結果は同じで、この日の釣りを終了した。

しかしまさかの展開で手にした3キロオーバーは素晴らしいロッド、エギ、そしてアップグレードX8の強さと操作性、視認力の高さがあってこそ。

そしてエギをタイトに攻める時に使用する耐摩耗性能の高いリーダーであるGP‐Zという存在も心強い。

リグがシンプルなだけに全てのバランスが大事なエギング、これからまだまだ大型が狙えるシーズンだけに、このタックルで記録更新に挑みたい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME X-ARMATURA 斬83CA
リール シマノ ステラ2500S
ライン YGKよつあみ Real Sports G-soul Upgrade PE X8 0.6号 200m
リーダー YGKよつあみGP-Z2.5号
エギ ハリミツ 墨族3.5号 サクヤピンク

IMG_5066

泉南エリアメバリングレポート2015.02.27掲載

産卵を終えて失った体力を徐々に回復してきた良型メバル達がいよいよ動きだした。
先週末にフィールドに出てみるとシーバスのボイルと共にメバルのボイルもチラホラと見られたので、イカナゴパターンに入ってきたのではという予想。
こうなると今までは表層で小型、ボトム周辺で良型という図式が見事にひっくり返り、良型が表層のルアーにアタックしてくることが増えてくる。
強い個体がより良い場所に陣取るのはメバルも同じである。
ただやはり大型になってくるとそれなりに警戒心も強く、基本月夜よりは闇夜の方が浮きやすく、そして表層を速く引くよりは出来るだけナチュラルに流しながらアプローチしてやる方が反応は良い。
メバルはロックフィッシュに分類されるが潮流に対しても敏感で、流れの中の小さなヨレ等に付くことが多い。
それをショアから狙うとなればポイント選択も大事となる。
この日は夜中から雨予報で月は気にすることはないが、小潮ということであまり潮が動かない。
小さい潮でも他より動きやすいポイントにエントリーするが、先行者がいい場所に入っている。
空いている場所に入るが潮の動いている所ははるか先、隣のエビ撒き釣りの方も苦戦中のようだ。
まずはひと通り考えられる事をやってみるが、予想通り全く反応ナシ。
しかし今日の潮を考えるとこのエリアから離れたところでアフター回復組の良型メバル捕獲のチャンスが減ってしまうだろう。
潮が動くまではしばらく我慢の時間が続いたが、徐々に払い出しの潮が出てきた。
すると少し沖目に潮のヨレが入る。
このタイミングでラインをPEライン0.3号からエステルライン0.3号に変更、シンキングペンシルで軽量ジグヘッドを扱うかのような繊細な操作で誘う作戦に出る。
まずはフルキャストしてからプラグを沖目に流してヨレまで送り込み、ハンドル1回転4秒程のデッドスローな巻きで引いてくるとジグヘッドと同じようなコンッというアタリが出た。
すかさず引き付けるようにスイープフッキング、そこから力任せにいくと暴力的に引くので慌てずゆっくりとやり取りし、口周りにトリプルフックを絡ませながら徐々に浮かせてくる。
そして表層まで浮かせるが、ここでヘッドライトを点けると暴れ出すので最強エステルラインの力を信じてゴボウ抜き。
上がってきたのは完全にアフターから回復している27センチのメバルであった。
泉南エリアではかなりの良型であるが、この時期は狙って獲れる時期でもある。
その後も同じように流し、デッドスローに巻きながら流れに負けて浮き上がってくれば時折カーブフォールさせるというジグヘッドさながらの釣り方をプラグで展開し、着実にヒットを重ねる。
この釣り方は細くても強度があり、飛距離を稼ぎながらも水馴染みが抜群に良いエステルラインがあってこその釣り方。
プラグにエステルラインという大胆な発想ではあるが、その特性をしっかりと理解して使用すれば例え泉南エリアであっても良型を手にすることが出来る。
そして終わってみれば最大27センチ、25センチオーバーを3本含みのツ抜けを達成していた。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド レガーメX-ARMATURA牙突
リール シマノ14ステラC2000S スプールは1000SSSスプールに交換
ライン YGKよつあみチェルムアンバーコードSG S-PET0.3号
リーダー YGKよつあみGP-Z1号
ルアー マグバイトミミック

泉南秋のアジング2014.10.07掲載

私のホームである大阪泉南エリアでいよいよ秋アジングシーズンが開幕した。
泉南エリアでは同じポイントでもその年によって釣れるサイズが変わってくる。
例えば同じ漁港のジグ単でも15センチが平均の時もあれば25センチが普通に釣れる年もある。
そんな泉南エリアで今年は異常事態がおきている。

泉南某ゴロタエリアではこの時期はわりと25~29センチの個体が多いのだが、尺を超える個体がとんでもなく多いのだ。
いつもの年であれば尺サイズは7月末~8月上旬に回遊してくる場合が多く、今年も同じであった。
しかし突如始まった30~40センチオーバーの巨アジの大回遊、実は過去に例がない程の状態である。
ただ、このサイズを狙うには一定の条件がある。
まずは沖30~50メートルにある10~14メートルまで落ちるブレイクの沿いを基本に潮流によって前後して回遊する個体を狙わなければならないのだが、フラット部の平均水深が3~5メートルなだけにショルダー部の角度がきつく、リグの沈下速度の選択と距離の把握、そして操作感が損なわれてしまうと一瞬にして根掛りしてしまう。
そうなると当然PEは細く、そしてヒットゾーンとブレイクの距離が目視で把握出来るようなラインがベストとなる。

そうなるとG-soul PE 5カラー0.3号の出番となるのは当然の選択だろう。
抜群の操作感と10メートル毎にカラー分けされ、さらに1メートル毎にイエローマーキング、長さも200メートルあり、時には70~80メートルもの遠投を行うこの釣りにはこれ以上ない存在である。
リーダーはしなやかでありながら表面硬度の高いGP-Zがベストマッチ。
この組み合わせで是非泉南尺アジを攻略していただきたい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME X-ARMATURA 烈煌
リール シマノ ステラC2000S
ライン よつあみ G-SoulPE5カラー0.3号200m
リーダー よつあみ GP-Z1.5号
フック マグバイト アッパーカット フックオンリー#6

2014年泉南アジング2014.07.03掲載

夏に入り、泉南エリアでのアジの釣果が安定してきた。
アジングは繊細な釣りを展開することが多く、ラインもPE、フロロ、ポリエステルラインと選択肢が多いのも特徴だ。
私の選択はスプリットやキャロ、フロート、ジグヘッド等全ての釣りにPEラインを使用していた。
ただ、風が強い日にPEラインでは釣りにならないことも多く、今年から導入したのがポリエステルライン。
このラインはアジングのジグヘッド用ラインとして普及してきた。
ポリエステル、通称エステルラインと呼ばれているこのラインの特徴は、伸びが無く、アタリがはっきりと出る。
比重も約1.4とラインが水中で沈み過ぎず、そして風にも強い。

ただ、このラインは伸び率が無いので衝撃に対して非常に弱いのがもうひとつの特徴でもある。
しかし、先日発売された当社のエステルライン、チェルムアンバーコードSG S-PETは最強エステルラインと言うだけあって0.25号でMax0.71kgf、単純結節強力0.69kgf!直線強力との結節強力比率97.4%という驚くべき結びの強さを実現。

あまりエステルラインというものを信用していなかった私でさえ全く不安を感じさせないこの強度は、安心して良型アジやメバルともやりとりすることが出来た。
このラインの登場で、縦方向や重いリグの場合はPEライン、横方向や強風下ではS-PETと2種類のラインを駆使してこれからも激戦区泉南エリアでアジを捕獲していきたい。

タックルデータTACKLE DATE
スプリット用タックル
ロッド LEGAME X-ARMATURA 牙突67
リール シマノ ステラC2000S
ライン よつあみ G-SoulPE0.3号
リーダー よつあみ 海藻ハリス0.8号
フック マグバイト アッパーカット フックオンリー#8

ジグヘッド用タックル
ロッド LEGAME X-ARMATURA弧丞60
リール シマノ ステラC2000S
ライン よつあみ チェルム アンバーコードSG S-PET0.25号
リーダー よつあみ 海藻ハリス0.6号
ジグヘッド マグバイト アッパーカットジグヘッド各種

2014年泉南春エギングフィールドレポート2014.06.09掲載

お久しぶりです。
エギングテスター上杉です。
ここ最近は仕事が忙しく、満足に釣りも行けなかったのですが、私のホームグラウンドである泉南エリアでもいよいよアオリイカが釣れだしました。
こうなると連日連夜の泉南パトロールが始まる訳です。
今年の南紀エリアはあまり調子が良くなかったみたいだったので少し心配でしたが、いつものようにゴールデンウィーク明けからパトロールを開始。
いつもの年であればなかなか厳しく、そう簡単には釣れてくれないのだが、シーズン序盤から安定して釣果を出すことに成功しました。
泉南エリアは都市近郊という事で、平日でもたくさんのアングラーが訪れる人気の釣り場。
その中でも今年は特に圧倒的な釣果を叩き出している要因は安心して釣りに集中出来るタックルの存在。
自身のモデルであるロッドの存在はもちろんであるが、今シーズンから使用しているラインの存在は大きい。
私は仕事が終わってからの釣行が多いので、ナイトゲームでの釣行がメインとなるが、ライムグリーンカラーのG-soul Upgrade PE X8は抜群の視認性で自身がエギを流している位置を教えてくれる。そして絶妙なハリとコシを持たせたラインは風に対して無駄にあおられることがなく、非常に安定したライン捌きを行うことが出来る。
そして0.6号で14ポンドという驚異的な強度は同一糸経対比において世界最強を誇るYGK糸質ならでは。
さらに強烈な武器を手に入れた私の快進撃、全くもって留まる感じがなく、連日連夜の捕獲記録を更新し続けております。
これからも世界最強ラインと共にエギング、そしてライトゲーム道を突き進んでいきますよ。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME X-ARMATURA 斬83CA
リール シマノ ステラ2500S
ハンドル DRESSガトリングS11Wハンドル
ライン YGKよつあみ Real Sports G-soul Upgrade PE X8 0.6号 200m
リーダー YGKよつあみGP-Z2.5号
エギ 3.5~4号各種

釣行レポート2013.07.18掲載

私のホームエリア、大阪泉南方面でいよいよ夏イカシーズン全開という感じになってきた。
今年はゴールデンウィーク頃からポロポロと釣れだしたのだが、なかなか安定性がない状態が続いていた。
しかし、ここにきて釣果がグンと伸びてきた。
一般的に7月といえばアオリイカシーズンは終わりと思われがちであるが、泉南エリアはまだまだ産卵モードの親イカも多く、そして夏イカは活性が非常に高いのでエサをアクティブに追う個体が多い。
サイズのわりにパワーがあり、引きも楽しめるのもこの時期の特徴でもある。
それを楽しみに毎夜泉南の海に出かけているのだが、ポイント選択とタイミングが非常に大事で、潮が動かなくてはスイッチが入りにくく釣果は極端に落ちる。
その流れに当てながらエギをスローフォールさせてやるのがひとつのキモで、それを意識しながら釣りをしてやると自然に釣果がついてくる。
その際、もうひとつ大事なのはラインの選択である。
むやみに太いラインは流れや風に対しての抵抗が増えるので、極力細いラインを選択してやる事。
そうする事によって流れの中でもエギをコントロールしやすく、さらにアタリも取りやすくなる。
適度な張りを持ったWX8GesoXはエギングをするうえで、私の中では絶対外せないラインである。
特に0.6号はほぼ1年中使っており、強度は勿論の事ながら抜群の操作性を誇っている。
ライン選択に迷っている方や、更なるステップアップを望むアングラーには是非使っていただきたい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド LEGAME 斬83プロト
リール ダイワルビアス2506
ハンドル DRESSガトリングD11Wハンドル
ライン YGKよつあみWX8GesoX0.6号160m
リーダー YGKよつあみGP-Z2.5号
エギ 3.5~4号各種