釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 上原 和彦

上原 和彦OFFSHORE Field Tester

4 / 41234

春のヒラマサをジギングで。 (いい事ばかりは続かない)2016.05.12掲載

4月29・30日・5月1日平戸の一栄丸でまたまたまたまたヒラマサを狙って上五島へ行った。
今回で春のヒラマサは終了である。
間違いなく大きいヒラマサが釣れる予定ではあった。しかし蓋を開けたらヒラゴばかりが戯れてきた。
初日は牛島氏とメロン屋工房の横尾氏が8kgを釣った。
二日目に私もオッズポート4号、ドラグテンション10kgで8kgのヒラマサを釣った。
二日と半日間、同ポイントに張り付いたが最後まで大きいヒラマサは掛からなかった。

しばらくぶりにジギングにこだわった春のシーズンを過ごした。
最後はレンコ鯛が姿を見せてくれて癒された~。
ちなみに今春、キャスティングもちゃんとやりました。しかしハマチしか釣れなかったのでレポートにはしていません。
釣れたら報告いたします。
釣れる時より釣れない方が多いので頑張れるのだと思います。
次はカンパチかアカハタかイカかアラでレポートしたいと思います。
どうぞご期待して下さい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド
DE 641 LR プロト

リール
ステラ 8000HG

ジグ
ガタースリム 180g ピンク・夜光

フック
スパイダーフックのLサイズ

ライン
YGKよつあみ
PE オッズポート4号

リダー
ガリス FC スリム&ストロング
ウルトラ アブソーバー66LB

   1463016089682 1463016089899 1463016090300 1463016090366 1463016089831 1463016090137 1463016090052 1463016090231 

春のヒラマサをジギングで( 反省なくして進歩なし)2016.04.26掲載

4月19日平戸の一栄丸でまたまたまたヒラマサを狙って上五島へ行った。
4月に入って10.2kgと11.5kgが釣れているので気持ちは楽である。
また前回、目の前で20kgUPを見ているので期待は高まる。
はじめのポイントではノーフィッシュ。
次のポイントが本命である。
同じポイントを2時間程流した頃に潮が良い感じに流れ出した。
水深30mで20mシャクリ上げ、止めた時に喰って来た。
ドラグがチッと鳴った直後にラインがローラー部でパーンと高切れした。多分大きかった。かなりショック。
前回は鼻を折られ、今回は鼻をもぎ取られた気分である。
ドラグテンションは20kg。
浅場でのヒット、一瞬の高負荷にドラグが反応出来なかったものと考えた。
周りからはドラグの締めすぎだと言われた。確かにそれが一番の原因である。しかしPE6号を使いながらラインを出され、根ズレする方が私としては後悔が残る。
まだ釣りは終わっていない。

次のポイントも40m前後。残り15mで喰って来た。ドラグテンションは14kg。
ラインはチョコ・チョコと出されたが犬の散歩スタイルですんなり上がって来た。ヒラマサは14.0kgだった。
人は反省して成長します。
釣れて良かった~。
Tシャツは今回もピンクのクマ。
ドラグテンションは只今検証中です。
反省はします。しかし大きいヒラマサに対してPE6号を使い、高負荷で止めて釣るのが私にとっては気持ちが良い。
これからも試行錯誤しながら煮詰めていきたいと思います。
忠史船長、今回も釣らせてくれてありがとうございました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド
DE 643 LR プロト

リール
ステラ 10000PG

ジグ
ガターリンリン30cm 220g

フック
スパイダーフックのLサイズ

ライン
YGKよつあみ
PE オッズポート6号

リダー ガリス FC ウルトラ アブソーバー100LB

1461556996297 1461557000671

春のヒラマサをジギングで。( 天狗の鼻折れ)2016.04.22掲載

4月12日平戸の一栄丸でまたまたヒラマサを狙って上五島へ行った。
二日前に10.2kgを釣っているので私の鼻は伸びきっていた。
まさに天狗さまである。
午前中は潮が悪くかなり頑張ったが、6kg前後のヒラマサ一本に終わった。
午後になり潮が緩んだのでポイントを移動した。その二流目に末次くんに大型がヒットした。
ドラグが鳴りラインが出ていく。プレッシャーをかけて応戦する。
ラインが出ては巻き取るの繰り返しである。
5分程の攻防の末、ジワジワと上がってきたのは22kgのヒラマサであった。
お見事すぎるファイトにただただ感心した。
私も次の流しで7kg程のヒラマサを釣り、そのタイミングで同船者もポツポツ釣っていた。
そのポイントも4流目には潮がタルンだので、更にポイントを移動した。
移動後二流目で私にヒット。
まあまあの奴であることはすぐに分かった。ロッドを脇に挟み犬の散歩の開始である。ドラグは出ないが首を振って抵抗する。しばらくすると疲れたのであろう、ジワジワと浮いてきた。11.5kgのヒラマサだった。
嬉しかったが、22kgを見た後なので複雑だった。
更にまたまた次の流しで末次くんが11.8kgを釣り上げた。
脱帽である。戦意喪失。今日は末次くんの日だったとつくづく感じた。
大型のヒラマサが口を使うタイミングは限られており、極めて短い。その一瞬を見逃さず、一発で仕留めることが重要である。

ラインはオッズポート6号。4号も準備はしているが怖くて使えない。10kg程度なら問題ないが、20kgUPとなるとやはり6号に依存してしまう。

ちなみにTシャツはピンクのクマ。
末次くんはブラックのシッポ君。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド
DE 672 LR プロト

ジグ
ガターリンリン26cm 190g

フック
スパイダーフックのLサイズ

ライン
YGKよつあみ
PE オッズポート6号

リダー ガリス FC ウルトラ アブソーバー100LB

1461199442688146119944901614611994530881461199457776146119946167314611994659221461199469240

春のヒラマサをジギングで。2016.04.19掲載

4月10日平戸の一栄丸でヒラマサを狙って上五島へ行った。
キャスティングでの大物も視野には入れているが、あくまでジギングでの10kgUPが目的である。
まずは西沖からスタートしたが何も無し。
次は前日10kgUPが揚がっている白瀬灯台。開始直後から6~8kgのハマチがポツポツとは釣れるがヒラマサが掛らない。
途中ナブラが出たので投げたら8kgのハマチが釣れた。
潮がタルミかけ、ジクの抜けが分からなくなったので最後一流しで移動することにした。

単調なワンピッチをやめ、激しくジクを動かした後に止めを入れた。そしたらその直後にドスンと魚が掛かった。重量感はあるがドラグは出ない。スレ掛かりかと思ったが時々首を振る。特に抵抗もせず、上がってきたのは10.2kgのヒラマサだった。
ドラグテンションが20kgの脇バサミファイトであるため10kgUPのヒラマサでも全く糸を出されない。身動きが過度に制限され、反転できないため、ただ首を振るしか抵抗ができない状態で上がってくる。これが犬の散歩スタイルである。この流しで同船者にもヒラマサが掛ったが、この後は続かなかった。
今年一本目の10kgUPである。肩の荷がおりました。忠史船長ありがとうございます。
ラインはオッズポート6号。ドラグテンションを20kgに設定している。早くデカイヒラマサを掛けてその実力を試してみたいものである。
ちなみにTシャツはピンクのクマでした。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド
UW 623 LR プロト

ジグ
ガターリンリン30cm 220g

フック
スパイダーフックのLサイズ

ライン
YGKよつあみ
PE オッズポート6号

リダー ガリス FC ウルトラ アブソーバー100LB

 1460954834133 1460954857592 1460954865729 1460954861793 1460954849734 14609548382821460954829240

種子島のカンパチひとり旅2016.03.23掲載

3月12日・13日種子島のライフ フィシング ガイド サービスに行った。今回お世話になるのはジギングオンリーのため南海ではなく、智美丸。船長は島崎お父様。
初日は昼からの出船で夕方まで頑張ってもらったがヤガラ2匹・ネリゴ1匹の貧果に終わった。
マグロ好調の波に乗ってカンパチにまで欲を出したが、そう簡単にはいかなかった。
二日目は沖のポイントまで走ってもらった。ポイント到着の一流し目からポーターのかつや君とダブルヒット。10kg弱のカンパチが釣れた。その後もヒットは続いた。
結果、数ヶ所のポイントを叩いたが最後まで赤チビキモドキ・青チビキ・ハガツオ・カンパチが釣れ続いた。
最大はポーターのかつや君が釣った12.5kg。私は11kg・10kg・10kg。二人で20本のカンパチが
釣れた。
水深は130~200m。はじめは困惑したがすぐに適応できた。
お父様とポーターのかつや君には色々とお世話になりありがとうございました。釣れて良かった~。

またこの度YGKよつあみさんからラインの支援をして頂くことになったので、今釣行がよつあみラインのデビュー戦になった。
今までよりも高負荷のドラグテンションで試したが高切れ等のトラブルもなく安心して使用できた。
初使用のラインだったため感想程度の評価しかできませんが、問題なく安心して使えるということが非常に重要なことだと考えます。
また、今回初日からの負の連鎖を変えてくれたのがピンクのシッポ君Tシャツ。運頼みになりますがTシャツの柄と色も重要なアイテムです。
では、おじゃり申せ~。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド
DE602LRベイト
マルチフロー 0と1パワーベイトDE672LRスピニング
ジグ
ガタップ300・370g
ブンチン1.2 320・380g
特にブンチン1.2 380gが活躍した 。
フック
PE5号にはスパイダーフックのLサイズ
PE3・4号にはオナーの早掛・ホールド5/0
ライン
YGKよつあみ
PE オッズポート3・4・5号
リダー ウルトラ アブソーバー58・66・77LB

 1458606787940-1458606757051-  1458606810893- 1458606779198- 1458606773740-  1458606745200- 1458606767313-1458606793307-1458606805314- 1458606798500-

4 / 41234