釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 上原 和彦

上原 和彦OFFSHORE Field Tester

1 / 3123

誕生日にヒラマサ25.5kg2018.04.17掲載

4月8日 呼子のサンライズに行きました。

まずは七里へ。

時化で期待はしましたが、ハマチの大歓迎を受ける。

 

その後、ポイント移動。

その二流目に牛島さんが17kgのヒラマサを。

 

次の流し変えで、潮上に登っている途中でナブラが。

そこに大ちゃんが投げて22kgのヒラマサを。

 

更に、魚を上げて休んでる大ちゃんの近くでまたナブラ。

またまたそこに大ちゃんが投げて23kgのヒラマサを。

 

状況は最高。

鳥多し。ナブラあり。時化で魚は高活性。船はいない。

 

さすがにジギングする気分にはなれず、とにかく投げる。

キョロキョロとナブラを探しながら投げる。

そしたらロッドに重みが、ドラグが鳴った。デカイ?

 

水深15m。

初期ドラグ負荷は直線で17.5kg。

 

ロッドを脇に挟む。

ハンドルを巻き続けテンションが抜けるのを防ぐ。

ラインが出されたら手ドラグで追加負荷。

その状態で船首から船尾まで素早く移動して船をかわす。

 

ロッドは脇に挟んだまま、犬の散歩でファイト。

ラインは小刻みにでる程度で、走られることはない。

魚は直線的なプレッシャーで泳ぎ出せない状態である。

 

ロッドを脇に挟み、テンションの抜けだけには注意して、ハンドルに巻き抵抗だけをかけ続ける。

巻ける分のラインを巻きながら魚が弱るのを待つ。

 

しばらくすると魚の抵抗も弱まり、徐々に浮いてきた。

姿が見えた。

更に抵抗をするが、やはり泳ぎ出せないためラインも出ない。

 

その後、一発でタモに入ったヒラマサは港計量で25.5kgででした。

 

見栄えのしない地味なやり取りではあるが、安心・安全で最大限のプレッシャーを魚に与えるのが犬の散歩スタイル。

 

ロッドを立てたらのされます。

スマートに立ち振る舞い、大物をヒョイっと釣り上げる。

これぞ中年、大人最高 ‼︎

その後もケモノのように研ぎ澄まされた大ちゃんは、空気も読めず、またまたまた20kgのヒラマサを釣り上げて今回の釣行は終了となりました。

 

ちなみに今日は私の誕生日。

49年目して、こんなにも素晴らしく、感動した一日に巡り会えるとは思いませんでした。

 

ありがとう新海、ありがとうございます。田代船長。

 

ここが私のアナザースカイ、

呼子・新海・サンライズでした。

 

ちなみにメロン屋さんの大ちゃんは20kgアップすべて、

フルドラグ 10号

キャストマンアブソーバー 170LB

でした。

 

この時期の大きい奴には、オッズポート10号かフルドラグ10号がオススメで、不安も軽減いたします。

タックルデータTACKLE DATE
キャスティングタックル
ロッド EX 835 CTR
リール ステラ14000HG
ルアー ダイブベイト 210 ピンク
ライン オッズポート10号
リーダー キャストマンアブソーバー200LB
フック オナー STX-68 3/0
初期ドラグ負荷は直線で17.5kg
(ラインが出る時は手ドラグ少々)

1523872831684 1523872835704 1523872839920 1523872844259 1523872848315 1523872852420 1523872856298 1523872860371 1523872864337 1523872868349 1523872872447 1523872876352

上五島でヒラマサ15.5kg2018.04.09掲載

3月31日 ・4月1日 長崎市のステータスへ。

天候に恵まれ過ぎてトップへの反応はイマイチ。
私はいつものようにジギング三昧。

高活性ではないためポツポツと拾うネバリの釣り。

そんな中、水深60mのポイントで着底から15m程でドン。

タックルはMULTI FLOW ZERO-3にオッズポート4号。
リーダーはガリスFCスリム&ストロング 66LB。
初期ドラグ負荷は直線で9.5kg。

掛かってすぐにラインが出た。
デカイと一瞬で分かる。
親指でスプールを押さえて更に負荷をかけた。
それでもラインは出ていくが、脇挟みの強引な直線ファイトで泳ぎだしを押さえ込む。
短時間で浮いてきたのは15.5kgのヒラマサだった。

MULTI FLOW だからこそ体に近い位置に支点を作れ、楽で、手釣りに近いダイレクトなプレッシャーを魚に与えることができると考えてます。

毎年この一本が目標であり、今年で17年。
継続は力にゃり。です。

ホッとした一匹になりました。

朝長船長、昨年に続き今年もホッと一息できるヒラマサをありがとうございました。

オッズポート4号とドラグ負荷10kgで、15.5kgのヒラマサをガチンコのファイトで獲ることができたのは大変な自信になりました。

さぁー、次は20kgのヒラマサです。
如何なる方法で釣り上げるかは思案中ですが、もちろん頼りはオッズポートです。

タックルデータTACKLE DATE
ジギングタックル

ロッド
MULTI FLOW ZERO-3
MULTI FLOW ZERO-4
MULTI FLOW ZERO-5

リール
オシアジガー2000 PG
ブルーヘブンL 50 Pw
コンクエスト 300 HG

ジク
ガタースリム 150g
ガタースリム 180g
ガタースリム 210g
うっかりガタップ 150g

ライン オッズポート1.5号 2号 4号

リーダー ガリスFCスリム&ストロング 30LB 41 LB 66LB

フック ツインシワリ4/0 5/0 6/0

1523242719291 1523242724292 1523242726587 1523242729908 1523242734240 1523242738199 1523242742000 1523242744929 1523242748945 1523242753299

新年まずはブリ2018.01.26掲載

1月21日

インフル地獄から一週間、懲りずにまたまた平戸の一栄丸に行きました。

まずは深場に直行して120~130mのジギング。

幾分渋いながらも、昼前までに8.5kg・9.0kg・9.5kg。

どうしても10kgが超えられない。

昼からは瀬の周辺でマグロ待ちのジギング。

北東の風と潮がケンカして船跡は南西へ。

水深は100m前後だか引き重る。

まあまあ頑張ってシャクルがヒラスがやっと。

16:00をすぎたあたりで船跡が西に。

シャクル際の引き重りも消失。

そのタイミングで時合い突入。

10kg前後のブリが入れ喰いに。

結果、

オッズポート 2号・ドラグ負荷は直線で5.5kgで10.0kg。

オッズポート1.5号・ドラグ負荷は直線で4.5kgで10.2kgのブリが釣れました。

忠史船長、久しぶりのヒラメキとおネバリお見事でした。

ありがとうございます

ちなみに今回はオッズポート1.5号で1回ラインブレイクがありました。

それはやり取り中に隣の人の針がラインに絡み、外す時に針先がラインにピンピンと二回当たった直後で、まだテンションオーバーでのブレイクはありません。

オッズポート1.5号・2.0号はどれくらいの負荷が限界なのか釣行毎に試してますが、改めてこのラインの強さを実感してます。

タックルデータTACKLE DATE
ジギングタックル

ロッド
MULTI FLOW ZERO-1
MULTI FLOW ZERO-2
MULTI FLOW ZERO-4

リール
オシアジガー2000 PG
コンクエスト 300 HG

ジク
ガタースリム 180g
ガタースリム 210g
ガター R 220g 夜光

ライン
オッズポート1.5号 2号

リーダー
ガリスFCスリム&ストロング 30LB 40LB

フック
カルティバ ホールド 7/0
シワリツイン 5/0

1516861288600151686129122415168612943731516861296734151686129903715168613013691516861304716151686130825115168613116101516861314706151686131734415168613197921516861325011151686132837515168613322911516861336156

七里ケ曽根ブリジギング2018.01.11掲載

12月の後半

年末の魚を求めて七里ケ曽根へブリジギングに数回行きました。

結果、10.3kg・11.0kgのブリと、それ以下が数多く釣れました。

タックルは

ベイトロッドのマルチフローZEROシリーズ。

リールは

オシアジガー2000PG・HG

コンクエスト300HG

ブルーヘブンL50 Pw。

ラインは

オッズポート 1.5号・2号・3号。

リーダー  は

ガリスFCスリム&ストロング  30LB・41LB・52LB

フックは

カルティバ  ホールド 7/0

10.3kgのブリはオッズポート1.5号、ドラグ負荷は直線で4.5kg。11.0kgのブリはオッズポート3号、ドラグ負荷は直線で7.0kgでした。

幾分強めのドラグ負荷でもあり、高切れのリスクを考えると4.0kgと6.0kgぐらいが安全だと思います。

マグロも時々掛かるためオッズポート3号をメインに使用していましたが、ブリをメインにするならばオッズポート1.5号か2.0号でも問題ないと実感しました。

残り二ヶ月でこのオッズポート1.5号・2.0号・3.0号を使い分け、大きいブリやヒラマサ、またはマグロを難題ですが釣りたいと思います。

1515638649025 1515638652085 1515638655295 1515638658714 1515638661645 1515638664798 1515638668313 1515638672169

五島でヒラマサボコボコでした2017.11.08掲載

10月30.31日

呼子のサンライズに行きました。

台風通過直後で厳しい天候でしたが、船長の「絶対今ですよ」の一言にもちろん飛びつきました。

北風が強いため対馬には上がれないと断念して、五島を目指しました。

この判断が大正解でキャスティングで10kgU Pが12本揚がりました。

内訳は

私が  自己記録を含めた

10.4kgと19.5kg。

末次くんはいつもの安定感で

11kgと14.0kgと20.5kg

賀屋くんが眩しいくらい輝いて

12kg・14kg・16kg・18kg・20.5kg。

田代船長は活性が落ちた魚を技ありのたった10投で

13kg・25kg。

驚きの釣果でした。

釣果を伸ばせた要因は、船長の確信と PE10号での高負荷ファイトで根ズレがなかったことだと思います。

私と賀屋くんはオッズポート 10号。

末次くんはオッズポート 8号・10号。

オッズポート大活躍の一日でした。

今回の釣行は田代船長が様々なプランを練り、諦めずに船を出して、巡り会えた幸せな時間であったと思います。

釣れない時もありますが、これがあるからたまりません、サンライズ。

田代船長ありがとうございました。

タックルデータTACKLE DATE
キャスティングタックル

ロッド EP 836 CTR フルコンタクト

リール ステラ18000HG

ルアー ダイブベイト 240

ライン オッズポート 10号

リーダー ガリス キャスティングアブソーバー 170LB

フック ボンテージフック 13/0

151001457281315100145699041510014567039151001456430715100145612871510014557950151001455492115100145520061510014548928151001458597115100145760281510014581975

男女群島でジグでアラ。2017.10.04掲載

9月29.30日.10月1日
呼子のサンライズで男女群島に泳がせメインで行きました。

まずはエサであるムロアジを釣り、それをエサにカンパチやアラを狙います。

結果、
私は泳がせでカンパチ8kg.9kgに終わりましたが、同船者はカンパチの26、27、33kg。

またアラも22kgと、それより大きい奴も揚がりました。

ジグではアラの5.5kg.11kg。
ホウキハタ.マハタとヒラマサ.カンパチなどなどが釣れました。

アラ11kgの時はオッズポート3号でしたが、ドラグ負荷8kgほどで強気でファイトすると、問題なくすんなり揚がってきました。

カンパチもアラもやっぱり大きいのはえげつなく引いており、見ているだけで大興奮でした。
次はオッズポート12号で大物を引きずり上げたいものです。

田代船長には朝から晩までお世話になり、最後にはアラまで釣らせてもらい感謝です。

毎度ながらにありがとうございました。

タックルデータTACKLE DATE

ジギングタックル
ロッド マルチ フロー ZERO-1
マルチ フロー ZERO-2
リール ブルーヘブン 50 Hi
オシアジガー2000HG
ジク ガタースリム 210g
ブンチン 1.2 270g
ライン オッズポート 3号、4号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 14号、18号
フック カルティバ ホールド7/0

泳がせタックル
ロッド 578LB
リール タリカ20
ライン オッズポート 12号
リダー ガリス FC ウルトラ アブソーバー60号
オモリ 250号

150702342491915070234291791507023433495150702343742015070234413531507023445319150702344930515070234534561507023457718150702346183915070234661601507023470385150702347846215070234826001507023474427

トカラでカンパチ2017.09.27掲載

9月9.10日トカラ列島の諏訪諏訪之瀬島に行きました。
お世話になったのは南風丸。

出発前より船長からは、状況悪く中止にした方がいいよと忠告。
しかし釣りたい。とにかく釣りたい欲には勝てずフェリーとしまに乗り込んだ。

5:30頃に口之島に着岸。
すでに迎えに来ている南風丸に乗り込み、さあ出船。

ポイントを叩きながら南下する。

ポイントは水深130~180m。
まずは水元さんがうっかりガタップ 250gで11kgのカンパチを釣った。
私もガター 300gで10.4kgのカンパチを釣りましたが、その後はポツポツと釣れるものの、大きい型は出ませんでした。

潮が変わると船長の忠告通り、激渋に。しかしそこはベテラン?おじさん揃い。
カツオなどを釣り、楽しみました。

伊東船長ありがとうございました。次はロッドの数を減らして伺います。
どうぞよろしくお願いします。

玉砕覚悟で挑んだ釣行でしたが、首の皮一枚は残った感じでした。次からは船長の忠告にも従います。

タックルデータTACKLE DATE

カンパチタックル
ロッド マルチ フロー ZERO-2
リール ブルーヘブン 50 Hi
ジク ガタージグ 300g
ライン オッズポート 4号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 18号
フック カルティバ ホールド7/0

カツオタックル
ロッド SH883PD
リール ステラ14000XG
ライン オッズポート 3号
リーダー ガリス キャストマンアブソーバー 80LB
フック カルティバ ホールド7/0
ルアー キャタップ 60g

1506474511442150647451444415064745180541506474522302150647452488915064745356141506474528098

二枚潮とカンパチ2017.07.13掲載

7月7日~11日
種子島のライフ フィッシング ガイド サービスに行きました。

今回はジギングオンリーなのでお世話になったのは親父さまの智美丸。

実釣は三日間。
一日目は天候不良で種子島周り。
二・三日目はちょこっと遠征で北トカラ。

一日目はパヤオ周りで18kgのキハダが釣れました。
バワーでもスローでもなくうっかりガタップの回収でうっかり掛かりました。

ロッドはマルチ フロー ZERO4。
ラインはオッズポート3号。
ドラグ負荷 は6kg弱。
脇ばさみで上手に釣り上げました。

ジギングは難易度MAXの二枚潮に大苦戦。
どうにかなるさと頑張りましたが、口を使うのは潮がたるむ一瞬だけでした。

二日目の16:00にそのタイミングがやってきて、船の流れが変わった二回目の流しで三人同時にヒット。
私だけ無事にランディング。
カンパチは12kgでした。
オッズポート4号で初期ドラグは8kg。

三日目もワンチャンス。
16:00の潮たるみで9kg弱のカンパチが釣れました。
次の流しでも同船者に大型が掛かりましたが惜しくも根ズレ。
その後は魚が掛かることなくストップフィッシング。

今回は猛烈二枚潮にコテンパンにやられ、怖い・辛い・難しいの印象だけが残りましたが、また懲りずに頑張ります。

親父さま、あの状況でも最後まで船を立てていただきありがとうございました。
またチャレンジします。
懲りずによろしくお願いします。ね。

タックルデータTACKLE DATE
カンパチタックル
ロッド マルチ フロー ZERO-2
マルチ フロー ZERO-3
リール オシアジガー2000 PG
ジガーリミテッド3000PG
ジク うっかりガタップ 350g
ガタースリム 210g
ライン オッズポート 3号 4号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 16号 18号
フック カルティバ ホールド7/0


キハダタックル
ロッド マルチ フロー ZERO-4
リール オシアジガー2000 PG
ジク うっかりガタップ 250g
ライン オッズポート 3号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 16号
フック カルティバ ホールド7/0

149991599588214999159986831499916005210149991601924814999160020681499915993226149991601550514999160123591499916009226

はじめてのSPJ2017.05.23掲載

5月21日  糸島・芥屋のIZANAGIに行ってきました。

目的はモチロンSPJの習得です。
今までは見よう見真似でどうにかなると思っていましたが、結局はどうにもなりませんでした。

今回は池ちゃん先生のワンツーマン指導と、船長の動きを盗み見して初歩的なコツだけは理解できたような気分です。
しかし周りを見るかぎり、私が一番ヘタクソでした。
これからです。

魚の方も状況が悪い中、ポツポツ釣れました。
タカバ・アラカブ・アコウ・タイ・レンコダイ・ブリなどなど。

当日の水深は100~150mが中心で、PEはオッズポート2~3号、ジグは200~350g。
ロッドはマルチフローを使用。張りのあるZERO-1とZERO-2が扱いやすく、もう少し張りのある方がいいと感じました。

渋い魚に口を使わせるのは困難で、そんな時は潮も悪く、魚も浮いていません。
そんな状況でもSPJではフォールで一矢報いることができると感じました。
ヒラマサも一段落して、スキルアップするには良い時期です。
一度、本当のSPJを経験することをお勧めします。

6~7月はカンパチです。
今回池ちゃん先生から習得したなんちゃってヒラヒラSPJで挑みたいと思います。

見た目が怖いと噂の船長も、よく見るとカワイイ目をしてやさしく対応してくださいました。
田中船長、ありがとうございました。また伺います。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド MF 63ZEROー1
MF 64ZEROー2
リール ブルーヘブンL50 Hi
ブルーヘブン120 Hi (N)
ジク うっかりガタップ
200.250.300.350g
ライン オッズポート 2~3号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 10号 14号
フック カルティバ ホールド7/0

1495519804302 1495519809598 1495519813928 1495519822215 1495519826112 149551983034714955198343591495519838274149551984222814955198458031495519801061

対馬でヒラマサ2017.04.25掲載

4月18.19日、平戸の一栄丸で対馬のツツザキに行きました。

一日目の夕方に活性が上がり、末次くんが10~14kgのヒラマサをキャスティングで三本。

私はそのタイミングでジギング。
大きいのに二本やられましたが、どうにか9.5kgが釣れました。

二日目は10:00ぐらいに末次くんがパドルベイトで10kgUPを一本。
その後は渋く、やはり時合は夕方でした。
しかしヒラマサは釣れず、流すたびに8kg前後のハマチが掛かります。
とうとう最後の流しになったので、投げてみたら12kgのヒラマサが釣れました。
今回もダイブベイト様々でした。
良かったです。

ジギングで釣れた9.5kgのヒラマサは瀬の駆け上がり30mで掛かりました。
オッズポート2号で初期ドラグテンションが5kg。
ドラグもまあまあ出たので大きいと思いドラグをズルズルにして走らせました。
50m以上は走ったと思いますが、その後はユラユラと浮いてきました。
やられた二匹も同様のスタイルでファイトして、リーダーとPEで切れました。
只今ZERO fight styleを試しています。
細いラインで思わぬ大物が掛かった場面でのファイト スタイルを試行錯誤中です。
難題ですが今後も取り組んでいきたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
ジギングタックル
ロッド MF 63ZEROー4
リール コンクエスト300HG
ジク ガタースリム 180g
ライン オッズポート 2号
リーダー ガリスFCスリム&ストロング 38LB
フック カルティバ ホールド7/0

キャスティングタックル
ロッド SH875 PD
リール ステラ18000HG
ルアー ダイブベイト 210mm
ライン オッズポート 8号
リーダー ガリス キャスティングアブソーバー 170LB
フック STX-68-3-0

1493089951658 1493089947780 1493089944384 1493089940904 1493089936665 1493089955886

1 / 3123