釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 谷本 ヒデト

谷本 ヒデトSHORE Field Tester

1 / 212

ヒラスズキレポート2018.03.27掲載

暖かい雨が降ったタイミングに春の大型ヒラスズキを狙って釣行しました。当日はウネリはありませんでしたが潮周り的にアフターの大型がベイトを求めて回遊してくると確信してエントリー。夕方は小型のヒットのみでしたが大きく潮が引いてきたタイミングで回遊してきたようでバイトが出始めましたがショートバイトが多いながらも大型の気配を感じたのでロングキャストで深いバイトを出し手前の沈み磯を強引にクリアしランカーサイズをキャッチできました。

タックルデータTACKLE DATE
Ripple fisher Flows96
Twinpower5000XD
YGK G-soul 1.5 YGK Absorber25lb
K-ten 122MS
HAL Bavora130
Anglers Design エクストリームⅢ
SIYOUEI

IMG_6755 IMG_6757 IMG_6756

鰤レポート2018.02.09掲載

この時期大型青物を狙って地元の海域に通っていました。地元神戸でも11月から12月前半は10kオーバーの鰤が狙って釣る事ができます。ジアイは夜明け前後の一瞬ですがショアからこのサイズが狙えるのがたまりません。ライトラインではテトラ帯等での根ズレブレイクが多いので太いリーダーをセットしてフルロックで強烈なパワーを止めてキャッチしています。

タックルデータTACKLE DATE
Ripple fisher
Monster impact110HH
YGKヨツアミ
オッズポート#3
ガリスTP3/110LB

IMG_6217

アカメレポート2017.10.12掲載

最近は連日神戸で夜な夜なシーバスばかり追いかけてますが、久しぶりにアカメゲームに行ってきました。そろそろ秋の荒食いシーズン。一箇所目は狙いの潮位ドンピシャで入りましたが不発、移動二箇所目にてベイトを見つけましたがボイルなし、ベイト付きを狙いオープンエリアを遠投しますがノーバイト。ラインブレイクのリスクはありますが橋脚狙いに切り替え橋脚にタイトにライナーで撃ち込むと巻き始めてすぐにドン!と強烈なバイトと共に上流へ猛烈に走りましたが擦られると確実にブレイクするので一か八かバットパワーとラインシステムを信じて止めに入りなんとか橋脚から剥がせました。後はジワジワと距離を詰めルアーのワイヤースルーがひん曲がりましたがライン強度に助けられなんとかキャッチ&リリースに成功しました。

タックルデータTACKLE DATE
ROD Ripple fisher
RUNNER EXCEED102M NANO PLUG MODEL
REEL STELLA SW 5000
LINE YGK ヨツアミ ODDPORT#3
LEADER YGK ヨツアミD-SPEC ABSORBER 70lb

ランディングツール
SIYOUEI TOOL

ウェアデータ
Anglers-Design
エクストリームⅢベスト アーミーグリーン
フィンガーレスメッシュグローブⅡ
アルティメイトレインジャケット

チェストハイソックスウェーダー
アドバンスウェーディングシューズⅡ

IMG_7695

アカメレポート2017.08.31掲載

先日恒例のアカメ釣行に行ってきました。
加熱気味のアカメゲームは例年の実績ポイントは成立せず新しいパターンを探す釣行を何度か繰り返しようやくデカイ個体がフィーディングするポイントに辿り着きました。
ハイプレッシャーの釣りですが、兎に角モンスターサイズがバイトしてくる可能性があるこの釣りはライトラインは厳禁となります。
掛けた魚は必ず獲るつもりでアプローチし今回はベイトのボラに依存したボイル撃ちで少しでもレンジを下げると見切られる状況でトップゲームにてレギュラーサイズながらキャッチできました。
今後もサイズアップを目指し釣行しようと思います。

IMG_5538

ヒラスズキレポート2017.03.28掲載

そろそろ春めいてきましたのでいいサイズのヒラスズキが出るはず!と思い行ってきました♫当日はかなりの爆風で、しかもベイトが小さくなかなかセレクティブな場面もありましたがなんとかポツポツ釣れました。
このポイントはゴロタのシャローエリアからの急深のブレイクでヒットするパターンで完全に魚の動きを止めなければいけない状況でもオッズポートはヒラスズキを浮かしてファイト出来、爆風の状況でも操作性も良く春のパワフルなヒラスズキを攻略でき結果を出せました!

タックルデータTACKLE DATE
Rod : RippleFisher FLOWS103
Line : YGK ヨツアミ オッズポート#1.5
Leader : CASTMAN ABSORBER 30LB


アングラーズデザイン
アルティメイトレインジャケット
エクストリームⅢベスト アーミーグリーン
アナトミカルタイタニュームグローブ
アルティメイトレインジャケット
ネオプレミアムウェーダーⅡ

 IMG_3989

アカメレポート2016.11.08掲載

秋の回遊の大型アカメを狙い釣行しました。秋のパターンとしては兎に角ベイトサイズが大きい事。30センチ程のボラやコノシロがメインベイトになりコノシロは沢山のコンディションのいいイーターを寄せる鍵になる。アカメだけではなく多魚種の記録サイズが出やすい時期だけに可能な限りハードなシステムで挑む。この日は100gオーバーのビッグベイトをメインにルアーをローテーションし、初日に大型のヒラスズキをキャッチし、翌日に大型のアカメをキャッチ出来ました。

タックルデータTACKLE DATE
ripple fisher clover103
STELLA SW5000HG
YGK ヨツアミ
G-SOUL up grade x8#2.5
CASTMAN ABSORBER TPⅢ 80lb

img_2475 img_2478 img_2477

アカメレポート2016.09.06掲載

私にとっては1年で最高のシーズンお盆にアカメゲームに行ってきました。今年は台風が夏の間は全く影響なくポイントは渇水状態で水温は30度オーバー。これはアカメにはかなりの好条件です!期待大で私も世界記録を常に意識してキャストを続けます。キーはベイトで干満によりベイトが溜まるエリアにフィーディングに入る魚を狙う作戦に徹しました。一晩キャストを続けてもチャンスタイムは30分程度ですが気配を消してジアイに集中すればバイトは拾えました。前半は70cmまでの小型がポツポツヒットしましたがラストにナイスサイズがヒットしてくれました!かなりのファイトでしたがODDPORT#2のライン強度に全く不安はなく余裕を持ってやりとりできました!

タックルデータTACKLE DATE
ROD Ripple fisher REDEYE88
REEL STELLA SW 5000HG
LINE YGK ヨツアミ ODDPORT#2
LEADER YGK ヨツアミガリス
CASTMAN ABSORBER T.P.Ⅲ 80LB

IMG_1887 IMG_1889 IMG_1885 IMG_1888

アカメレポート2016.08.10掲載

シーズン真っ只中のアカメゲームに今週も行ってまいりました。いろんなポイントをパトロールし今日の感じならココだとエントリー。狙いのタイミングにはまだまだ何時間もありますが、来たるべきジアイの為にウェーディングして、肌で感じる流れや温度、ベイトの動き。無駄なキャストではなく短いジアイにどんなルアーを入れるか何処で食わすかのイメージを何時間も繰り返し、いざ待ちに待ったジアイ到来。狙いのポイントが遠い為ロングキャストを繰り返し、ついに待望のバイトがガツンと出ましたが2秒でフックオフ。貴重なワンバイトを逃しもうダメかと思われましたが気を落ち着かせロングキャストを繰り返しガンっと今度はヒットに持ち込めなかなかいいサイズのファイトを楽しみなんとか今回もキャッチ&リリースに成功!今回からメインラインをODDPORTの#2を使用。確実な強度とフワフワ感のないラインで風を切ってロングキャストでのアプローチが出来、結果に繋がりました。現在のアカメゲームは最盛期ではあるもののそう簡単に複数キャッチとはなかなかいきません。常に毎釣行今までのデータープラス新規開拓や別のアプローチを試みてより密度の高い明日の為の釣りを意識する事で充実した結果を、得られるように感じてます。

タックルデータTACKLE DATE
ROD Ripple fisher REDEYE88TZ TUNE
REEL STELLA SW 5000
LINE YGK ヨツアミ ODDPORT#2
LEADER YGK ヨツアミガリス
CASTMAN ABSORBER 70LB

IMG_1565IMG_1566

アカメレポート2016.07.28掲載

今年のアカメシーンは春に世界記録が上がる等超ド級の報告はあるもののしっかりとした梅雨模様が続き不調に終わった春パターン。しかし梅雨明けと同時にバタバタと夏アカメ開幕となった。ポイントには適度にステインに濁りが入り月夜周りとはいえ反応が出やすいように感じた。ポイントの状況を確認しながら毎キャスト流れを感じる。潮が下げベイトの溜まる場所をヨタヨタとルアーを流し込む。リトリーブでブレイクのエッジで漂わすとガツンと強烈にひったくられヒットに持ち込めた。ガツガツと硬質なファイトとエラ洗いを楽しみレギュラーサイズながら美しいアカメをキャッチ。素早く数枚写真を撮り元気に泳いで行くスプーンヘッドの曲線美に見惚れながら満足いくリリースに成功した。常にとんでもないサイズがヒットする可能性もあるアカメゲーム。いつまでも楽しめるように必ずキャッチできるライン強度と耐久性、流速の変化を探せる感度。一晩振り続けての貴重なワンバイトを確実にキャッチしなければ釣果の得られないゲームです。信頼できるラインシステムがあればこそ成立するアカメゲームです。

タックルデータTACKLE DATE
ROD Ripple fisher REDEYE88
REEL STELLA SW 5000
LINE YGK ヨツアミ G-SOUL x8 PE#2.5
LEADER YGK ヨツアミガリス
CASTMAN ABSORBER 70LB

真冬のアフターシーバス2016.01.15掲載

かなり潮流の速いエリアへ釣行してきました。フルキャストで右から左への豪速の本流、流しながらのリトリーブで少し手前に左から右への反転流、さらにリト リーブで岸への当て潮。しかも分刻みでヨレ場が変わる楽しいポイント。潮止まりからの動き始めは居着きのシーバスを拾い釣りする感じでしたが、潮流が馴染 んでくると回遊が始まり、沖の本流からの反転流でズシリとバイトが出るパターン。アフターといえどもグッドサイズがフルキャストで流れに乗るとかなりの ファイトを魅せてくれました。手前では全くバイトが出づ全てフルキャストでヨレに馴染ませて連発しテクニカルな磯マルゲームを楽しめました。大型が多いの と磯マルという事でPE#2クラスが標準のエリアですが、強度には自信があったのでPE#1.5の#2フック仕様でドラグを締め磯をかわしロングキャスト が功を奏した結果となりました。

タックルデータTACKLE DATE
[ROD] Ripple fhisher
FLOWS102 TZ TESTMODEL 2
[REEL] STELLA 4000
[LINE] YGKヨツアミ G-SOUL upgrade PE x8 #1.5
    YGKヨツアミ CASTMAN ABSORBER 40LB


K2F142
ペニーサック初代、TNG

03 0201

1 / 212