釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 佐野 ヒロム

佐野 ヒロムOFFSHORE Field Tester

5 / 512345

佐賀県でのヒラマサトップゲームレポート&ライン解説2010.01.08掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

抜群の取り込みをみせる田代船長

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ビックワンをキャッチ&リリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

TW170Fにて

YGK UOYA フィールドテスター フォト

これもTW170Fで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この時期、最高に旨い鰆!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ160にて

YGK UOYA フィールドテスター フォト

今回のタックル

YGK UOYA フィールドテスター フォト

メロン屋工房 永井氏ゲット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

乞うご期待

2009年12月九州ヒラマサ釣行
12月 佐賀県にあるルアー船、サンライズでの釣行写真と私のヒラマサトップゲームに対する考え方を少し書かせていただきます。
私的にラインは、なるべくラインを出されずにドラグでブレーキングしたい事と、数多くキャスティングしてエアーノットやキャスト切れを防止するために、耐磨耗と強度がある太めのPE6号(ガリスウルトラキャストマン)を使用しています。私の使うロッドのハリとルアーの重さだと、フォローの風でキャストする事が多いので、風にのせるキャスティングをすればPE6号でも十分飛距離もでます。

リーダーは、ヒラマサヒット後、一気に根に突っ込むスピード、大慌てでハイギアーのリールを巻きライン回収するスピード、フッキングさせ魚を止める為のドラグの強さ、伸びがほとんどないPE、全ての力の衝撃がかかるので、吸収してクッション代わりになる太目のナイロン130Lbリーダー(ガリスキャストマンアブソーバー)が私の場合は最適です。

PEとリーダーの結束は、強めのドラグでファイトした強力と、キャスティング時の強烈な衝撃、長時間キャストし続ける耐久力、糸抜けが良く、磨耗によるほつれや緩みがノットにでないように、ボビンを使ったショートミッドノットをしています。

ルアーとリーダーの結束は、韓国の遊漁船の船長がしている、ラーノット、日本で言う、トックリ結びのような結びかたが、強くシンプルなので使用しています。

ロッドは、ルアーを遠くに飛ばすハリと、リーダーを根ズレさせずリフトする力、ラインブレイクギリギリまで攻めるタメ、一日中投げていられる軽さ、ライントラブルの少ないガイド設定、ルアーアクションを生みしっかり魚をのせるティップとベリー、感度など、
元気なヒラマサと闘うために、やや強めのシャッキっとしたものを使用しています。

リールは、シャローの根がきついポイントが多く、水深よりもキャストしたルアーの飛距離のほうが長いので、ヒットしてからなるべく早く引き寄せられように、大型のハイギアーを使用しています。

替えスプールを必ず持ち、ノットやラインが気になったら時間短縮のため、スプールを交換している。

私的な考えでしたがこれからも追求していき、ヒラマサトップゲームにチャレンジしていきたいです。
3月中旬にヒラマサトップゲームのDVDが発売されます。
詳しくはこちらです。

ロッド  CB-ONE VF786SR VF807SR

リール  SIMANO ステラ18000HG 10000XG
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500 
     オーシャンマークM-spec

ライン  YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 5号6号

リーダー YGK ガリスキャストマンアブソーバー90~130Lb

フック  オーナーST66 2/0 3/0

ルアー  CB-ONE   ロデオ160 210(プロト)
     メロン屋工房 TW170F 190(プロト)

 

2009年11月外房ヒラマサ釣行2009.12.15掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

野沢氏20キロオーバーゲット!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

永井氏 10キロオーバーゲット!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

TW190Fにて

YGK UOYA フィールドテスター フォト

泉氏 ロデオ160に出た21.2キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

やっときた9.7キロ。
タグ&リリース
ロデオ160にて山木氏

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロッドVF786SRでキャッチした12キロ
基氏 会心のビックワン

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ210(プロト)にてゲット!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

タグ&リリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

山木氏ゲット

Aクラスの難度と言われる外房のフィールドで10キロオーバーが数多く釣り上げられ、世界記録の大政まで出現
でっかいヒラマサに夢をいだきがんばっている船長やアングラー達にとって外房ミラクルフィールドの凄さはまさに最強の戦場と化した年でした。
私も11月に数回のトライの結果、ようやく10キロオーバーのヒラマサをタグ&リリースする事ができ、同船していたアングラーの釣果も、驚きと記録の連続。

タックル紹介
ロッド  CB-ONE VF786SR VF807SR

リール  SIMANO ステラ18000HG 10000XG
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500 
     オーシャンマークM-spec

ライン  YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 5号6号

リーダー YGK ガリスキャストマンアブソーバー90~130Lb

フック  オーナーST66 2/0 3/0

ルアー  CB-ONE   ロデオ160 210(プロト)
     メロン屋工房 TW170F 190(プロト)

 

七里ヶ曽根 クロマグロ2009.07.19掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

6月初旬、対馬と壱岐の間に在る七里ヶ曽根に、私の憧れクロマグロ釣行に行きました。
この時期は全国からアングラーが集まり、なかなか船を取るのも容易ではなく、来年の予約も今のうちから組まないといけない状況です。
今回は福岡姪浜漁港の華栞丸で出陣した。
昨年はサイズも数もよく出たが、今年の現時点ではあまりいい状況ではなかった、しかしフィールドに出てチャレンジしなければどうにもならない。
初日ポイントに到着、恒例のお神酒を済ませマグロを探すが午前中はなにも起こらなかった。
東野船長が『そろそろくるよ』その読みどおりの時間と場所に、トビウオが猛ダッシュで逃げ惑い、すぐ後ろを魚雷のようなマグロがドカドカ水飛沫を上げて捕食している。その軌道にリンクできるようにフローティングペンシルを打ち込んだ、2回目のアクションでバイト、凄い衝撃で大物の感触を体で受け止めながら隣を見ると、同行の釣友メロン屋工房永井氏とのWヒットだ。二人で顔を見合わせ重なるラインを交わしながらこの時を待っていた二人であったが、10分後水面まで浮いてきたランディング寸前の私のマグロがフックアウトしてしまった・・・悪夢だ。全身の力が抜け、自分のやってしまった事の重大さに苛立ち、同船者の慰めも耳に入らないくらい、とても辛かった。永井氏は67キロの大物を仕留めた。仲間が獲ったことは本当にうれしく感動したが、同時に自分を責める気持ちの切り替えで必死だった。
翌日は朝4時集合で、体も疲労が溜まっているのに、深い眠りにつくことはなかった。

翌朝、眠い目をこすりながら枕元に置いて祈ったタックルを持ち再チャレンジだ。
薄暗いうちから港を離れ七里に到着したが、しばらくは静かだった。
最初のナブラは、ロッドを振り切りルアーを飛ばしたばかりの私の背後で起きた。名古屋RISINGの謎の大物釣り氏S氏がなんなく38.5キロを獲った。
私は、プレッシャーと、何時くるかわからないチャンスのために、それをわかって一生懸命探してくれている船長のためにも、キャストし続けるしかなかった。
しばらくすると突然、マグロが沸いた。トビウオが逃げ、万全の戦闘体制にはいる、キャストする自分が一瞬冷静になった。向こうに行くマグロ、目の前のマグロ、先頭で捕食しているマグロ、逃げ惑うトビウオ、ココだと思い投げた、ジャークしようとした瞬間に、ヒット。そしてフッキング。
昨日より大きくないとわかったが、心臓が飛び出る思いを抑えながら慎重にやり取り、昨日の悪夢を頭の中から消しながら、夢中だった。横に居る永井氏も他の皆もエールをくれた。自分に「絶対獲る」と何度も言い聞かせながらようやくランディング。
37キロだった。サイズは昨日よりかなり小さいがうれしかった。船長と同船していた人達に感謝の気持ちでいっぱいになった。体から悪夢が少しなくなると、サングラスの中の目が潤んでしまった・・・・・

最終日、マグロは獲れなかった。
釣った人もいれば釣らなかった人もいる。私は運よく釣れて思い出ができました。
初めてルアーを投げた時を考えると想像もつかないことをしています。
私はそんなマグロ釣りが大好きです。

ロッド   プロトタイプ

リール   ステラSW18000HG

ライン   ガリスウルトラキャストマン#6 #5

リーダー  ガリスキャストマンアブソーバー 
      130~200lb

ルアー   CB-ONE OZMA HW
             GIGA OZMA
             ペンシル プロト 
      メロン屋工房 TW190F170Fプロト
             UW160 130   
             RF155SS  

お世話になった船宿
華栞丸  http://www.kairakutai.com/

 

2009・4月 春の伊豆諸島 ウルトラジグマン隊2009.05.23掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャンマーク大塚氏

YGK UOYA フィールドテスター フォト

でかくなれー タグ&リリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャングリップで魚体になるべく触れずにタグセット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロト210で

YGK UOYA フィールドテスター フォト

タイラバヨコワ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

UOYA 長谷川氏 鉄ジグで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

SSRで真鯛

黒潮が蛇行しながら北上し、伊豆諸島の海水温が上がり始めると、今年も大型回遊魚のシーズン突入である。
 キハダマグロの釣果はまだ見られないが、カンパチやヒラマサは御蔵島、銭州、イナンバで連日、メモリアルフィッシュの釣果情報が続き、春の爆釣シーズン突入の感。
早々、私もイナンバで10キロオーバーのヒラマサを、キャスティングで獲ることができた。
島際の超シャローから引きずり出し、高負荷ドラグでのファイトは、大変興奮のアドレナリン沸騰。 ジギング・キャスティングでの30kオーバーのキハダもまもなくである。
始まったばかりの、春の伊豆諸島、是非チャレンジしてみてください。

ジギングタックル

ロッド CB-ONE 53J-H ZERO LONGLIDE57MH
    SHORTLIDE57M HRM 638S CUSTOM

リール DAIWA  ソルティガ6500EXP
    SIMANO STELLA SW8000HG

ライン YGK ガリスウルトラジグマンX8
              4号5号6号

リーダー YGK ガリスFCアブソーバー
              70lb 100lb 

アシストライン ダイニーマノットⅡ 20~30号
        ザイロンX 15~25号
        シーハンター 15~25号 

フック  VANFOOK ブルーバックスショット4/0
     JIGEN ライトツイン3/0

ルアー  C-1   200~300g
     LONGLIDE 170~320g
     ZERO-1 190g
     SEMILONG170~250g
     D-3  175g

キャスティングタックル

ロッド  CB-ONE VF78
          VF85プロト

リール  SIMANO ステラ18000HG 10000XG
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500
     オーシャンマークM-spec

ライン  キャスティング YGK
     ガリスウルトラキャストマンX8 5号6号

リーダー キャスティング YGK
     ガリスキャストマンアブソーバー100~170lb
     
フック  オーナーST66 2/0 3/0

ルアー  CB-ONE RODEO160 200 
     メロン屋工房 TW150 190

主船としている船宿さんは、
クリーンで快適な、とびしま丸
http://www.tokai.or.jp/tobisima/frame.htm

CBONE
http://www.cb-one.co.jp/

メロン屋工房
http://www.meron-ya.com/

 
 

御前崎ライトジギング2009.05.12掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

シーワードのワラシナさん

YGK UOYA フィールドテスター フォト

メダイGET!常連の平野さん

YGK UOYA フィールドテスター フォト

長倉さんはインチクで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

西島氏もGET!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロトのJIGで!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ジグの2倍のエソ ^^;

YGK UOYA フィールドテスター フォト

状況をチェックする船長

YGK UOYA フィールドテスター フォト

御前崎 光輝丸

いつもお世話になっている光輝丸さんで、根魚を狙い御前崎に釣行しました。
水深50M~90Mをプロトジグで、青物にも対応するためウルトラジグマンX8 ライトジギングスペシャル1号と1・2号を使用しました。

細いPEラインでは、水切れが良く感度もいいので、軽めのジグで誘える事ができ、ロッドのアクションも柔らかめでいいので、体力的にも疲れず手頃に楽しめます。
この日は天候もよく、おいしい魚を釣って楽しみました。

御前崎は、大型の青物がジギングやキャスティングで狙え、ライトジギングでは、真鯛や根魚などいろいろな釣り方ができます。
全力で海を駆け巡り、反応を探してくれる若船長と、いつか夢の大物を獲りたいです。

ロッド   CB-ONE 神威 STANDARD60ML

リール   コンクエスト300J SUTUDIO OceanMark
      カスタムハンドル 

ライン   ウルトラジグマンX8ライトジギング
      スペシャル1号1・2号

リーダー  ガリスショアリーダーFC 20lb

ジグ    CB-ONE プロト

フック   VANFOOK  JIGENライトツイン#2/0
      パイロットツインアシスト#M

御前崎を駆け巡る  光輝丸  
携帯09086735796

CBONE
http://www.cb-one.co.jp/

 

玄界灘ヒラマサゲーム2009.05.10掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トップに出たヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

違うパターンででたヒラマサ(トップで)

YGK UOYA フィールドテスター フォト

サワラもトップで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ライジング店長 日浅氏もトップで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

謎の釣り師Sさんも

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ジギングで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トリプルヒット!!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ワラサ

チームライジングの皆さんと、福岡姪浜港の華栞丸さんにお世話になり、キャスティング主体でゲームを組み立ててもらいました。

ヒラマサから吐き出されるベイトに近いサイズのプラグが良く釣れましたが、見切られると反応しなくなりました。鳥もベイトもいるのにチェイスがないので、ルアーのサイズを変えると、また食いだした。この時は、大きいサイズのほうが良く釣れました。
また鳥がみえなくベイトが沸いていない状況でも、シャローエリアや根周りではチェイスが良くあり、いつ来るかドキドキしながら油断できませんでした。
キャスティングのロッドの調子や、いろいろなタイプのプラグを試す事ができました。
少し船が走ると、水深があるポイントに移動でき、ジギングを始めると、いろいろな魚が顔をだしてくれて、心地よいファイトを味あわせてくれました。
魚種も多彩で、日本の外国?玄界灘、いつも楽しませてくれる船長に感謝です。

ロッド
キャスティング  CB-ONE プロト
ジギング     CB-ONE HRM CUSTOM 638S
         ZERO SHORTLIDE 57MLB

リール  SIMANO ステラ18000HG 10000XG
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500 
     オーシャンマークM-spec
     ソルティガ4500H
     STUDIO OCEANMARK L-50R
ライン
キャスティング YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 
        5号6号
ジギング    YGK  ガリスウルトラジグマンX8
        4号3号

リーダー 
キャスティング  YGK ガリスキャストマンアブソーバー
         80~170lb
ジギング     YGK ガリスFCアブソーバー
         60~70lb

フック   オーナーST66 2/0 3/0
      VANFOOK ブルーバックスショット4/0
      JIGEN ライトツイン3/0

ルアー
キャスティング CB-ONE ロデオ160 200(プロト)
        メロン屋工房 TW150F
ジギング    CB-ONE ZERO-1 160~190g
        セミロング170g
        C-1 ロングライド 170~200g
        セミロング 150g

アシストライン ザイロンX 20号
        シーハンター20号 

お世話になった船宿は、
福岡空港よりアクセスが便利な華栞丸

http://www.kairakutai.com/

アングラーズショップライジング
http://rising06.com/

CBONE
http://www.cb-one.co.jp/

 
 

キャスティングで狙うヒラマサ2009.04.13掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

サンライズ 田代船長

YGK UOYA フィールドテスター フォト

田代船長は操船、釣りの腕前もピカイチ!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

道楽丸(愛知)の伊奈船長のグッドサイズ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トップウォーターで会心の11.2kg!!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

林氏ビッグサイズのプロトペンシルで19.2Kg

YGK UOYA フィールドテスター フォト

海を愛し玄界灘を駆け巡るSUNRISE
http://www.geocities.jp/dbsyt296/

佐賀県サンライズの田代船長にお世話になりプラグとロッドのテストを兼ねたキャスティングでの釣行です。
今秋は、玄海にメインベイトとなるサンマが到来し、条件が揃った場所には、高確率でヒラマサがチェイスしてきました。その日にもよりますが、4~6キロがアベレージサイズで、数もかなり釣れました。10キロオーバーのバイトもあり、水面でルアーに襲い掛かるヒラマサの捕食する姿はアングラーの気持ちを奮い立たせます。20キロオーバーも獲れていて、ルアーのアクションやファイトスタイルもさまざまで、とても勉強になりました。
トップウォーターでヒラマサを釣る・・・
最高にかっこいい。
すばらしい玄海の自然と、熱意に応えてくれる田代船長に感謝です!

ロッド  CB ONE プロト7フィート
     CB ONE プロト8フィート

リール  ソルティガ6500H-DF 
     オーシャンマークNO LIMITSエムスペック
     ステラSW10000XG

ルアー  CB ONE 16センチプロト
     メロン屋工房 TWプロト

ライン  YGK ガリスウルトラキャストマンX8 
     #5 #6

リーダー YGK ガリスキャストマンアブソーバー 
     100~170lb

フック  OWNER カルティバST-66 2/0 3/0

 

玄達瀬の鰤とヒラマサ2008.09.25掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

7月11日玄達瀬に行きました。
今回は福井県三国の愛海丸さんにお世話になりました。
狙う水深は9~100メートルと広範囲で、起伏が激しいこの荒根を攻めるため、タックルも状況をイメージして用意したが、今回の釣行では、シャローエリアのキャスティングゲームをメインに組み立てる事にした。
 
港から1時間ほど走るとシャローエリアに着いた、周りに鳥もナブラも見当たらないが、船長の支持で水深25Mの所から流し始めると、どんどん水深が浅くなっていく。

キャスティング繰り返しながら船を何回か流しかえると、私のペンシルのすぐ後ろに波紋がモアッと出た。ドキドキしながら、なんとかしようとロッドを動かしアクションさせるが、反応してくれなかった。止めて待てば良かったのか、いつものように後悔する。

しばらくすると私の釣りの師である多治見氏にヒット、ドッカーンとルアーを押さえ込み根に向けて一気に潜っていく魚、水深20Mから一気に水深15Mの所まで船が流れて浅くなる、すごい勢いでゴンゴン首を振りながら突っ込んでいく、ドラグが弱すぎればすぐに根擦れでラインブレイクだが、経験豊富な師匠は、強すぎず弱すぎず魚をいなしながらも主導権は与えない。

さらに水深9Mまで流れた超シャローでは魚は、更に暴れて抵抗しているが、ついに力尽きランディング。良型のヒラマサだった。リーダーは少しだけザラついて、プロトタイプのルアーのフックに藻が僅かに絡んでいた。一瞬だけ根に触れたのだろう。いつも勉強になるが、そのかけひきは完璧なファイトだった。
船内のテンションも上がり何度か流し直すと、流れ藻に魚が上ずっていたので、その脇にキャストすると、ついに私にヒット、師匠と同じルアーで、「よっしゃぁ」とシャローファイトをイメージして力が入るが、秒殺であがってしまった。うれしいが恥ずかしくイナダサイズだった。
その後、1バイトあったが潮も動かず続かないため移動した。

ジギングのポイントに移動中、鰯のナブラを見つけ、船長が絶妙なタイミングで船をつけるが、なかなか口を使わない。よくあることだが色々試しても原因がわからない。ルアーのサイズを小さく下げて、ストライクゾーンに何発か入ってもバイトしなかった。
船長が見切って移動すると、ベイトの反応が下に出始めた。ジギングを始めるが、いきなり水深90Mだ。
反応を魚探で追いながら少しずつ移動する。丁寧にスロー気味のワンピッチで誘ってスピードを変化させると、ヒット、重い当たりが来た。トルクのある引きだが深場からやりとりを楽しみながら、釣り上げる事ができた。いいサイズだった。その次の流しでは、シービーワンの林氏と愛知県在住の堤氏も良型の鰤をキャッチした。この他メジロ3本ヒラマサ1本キジハタ1本を追加して、この日は納得のいく釣果で終了となった。
 
6月15日~8月15日の2ヶ月間という限られた期間ではあるが、シャローのキャスティングや深場のジギングはとてもエキサイティングで、対象魚も鰤とヒラマサ両方狙えるすばらしい釣り場だと思います。
いつまでも釣りができるように、禁漁があることで魚も守られてるかもしれません・・・・・
 

ロッド  CB-ONE プロト

リール  ステラ10000XG

ライン  ガリスウルトラキャストマン#4 #5

リーダー ガリスキャストマンアブソーバー 60~80lb

ルアー  プラグ CB=ONE ペンシルプロト
         OZMA  TINY OZMA
         メロン屋工房 TW155Fプロト
      
ジグ ZERO-1  140~200g
   C-1 LONGLIDE 170~230g
      
キャスティングジグ  F-1 30~60g

フック  VANFOOK  BLUE BACKS SHOT 2/0~5/0

アシストライン シーハンター 20号
        ザイロンX  20号

 
お世話になった船宿
愛海丸  090-5177-6500

 

伊豆諸島のマグロ2008.05.21掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

3月~5月の伊豆諸島
その年にもよりますが、黒潮が伊豆諸島に近づき始めると、キハダマグロやヒラマサが釣れ始めます。長く刀のように伸びたイエローフィンが勇ましい大型のキハダマグロを獲りたくて、できる限り釣行出来るようにしています。

今年は、3月中旬に最初の群れが釣れだしました。水温が低いうちは、ビンチョウマグロがよく釣れました。黒潮が近づいて水温が上がるとキハダが釣れ、離れて水温が下がるとまたビンチョウが多く釣れて、黒潮の動きにより色々な要素が変わるため釣果にも影響は多きく差が出ました。
私は、3月の末に10~22キロのマグロを8本獲れるような贅沢な日が2度もあり。数はいままで一番釣れた3月でした。
4月も好釣果は続き、数は減るものの、サイズが大きくなりました。
4月25日同船していた寺田さんが41.5キロ、その二日後の27日には、釣友の土屋さんが、34.9キロのキハダを釣りました。このとき私も22キロと17キロのナイスサイズを釣る事が出来ましたが、一緒に写した記念写真では、大人と子供ほどの差があり、少しヘコミました。(笑)

マグロを狙うのに、通常は、水深の深い変化のある場所でバイトゾーンは、50~150メーターラインでやるためジギングで狙いますが、ベイトが上ずるときは、ペンシルやポッパーなどのトップウォーターゲームができます。20キロクラスのマグロのバイトシーンは、視覚的要素が釣り師のアドレナリンを沸き立たせ、とても興奮します。
また島周りや根回りでは、大型のヒラマサが釣れました。4月2日に御蔵島で、釣友であるメロン屋工房の永井氏が27.1キロの日本記録を塗り替えた大政もでました。
イナンバでも、10キロオーバーのヒラマサが何本も上がりました。
マグロ、カツオを釣りながら、少しポイントを変えると、ヒラマサやカンパチなども狙えるフィールドなので、それもこの時期の魅力のひとつです。
6~7月もベイトと水温が変わり潮にもよりますが、いい魚を取れるチャンスは、あると思うので挑戦し続けたいと思います。

関東、東海近郊の伊豆諸島で、憧れの大型魚とファイトできる可能性のある、ルアーゲームが私は大好きで通っています。
ヒットした瞬間、ドラグをかけながら猛スピードで、出るラインと、1本のピーンと張った糸の先にある生命感に、虜になってしまいました。
その時の、ビッグチャンスは、何度もあるわけではありません。
だからこそ信頼できるタックルバランスと準備からゲームは始まっています。
ラインをリールに巻いているその時から・・・・・

ロッド  CB-1

ルアー  CB-1 メロン屋工房  

リール  ステラSW
     スタジオ オーシャンマーク L50

ライン  ウルトラジグマンX8 4~6号
     ウルトラキャストマンX8   5号

リーダー FCアブソーバー 60~130ポンド
     キャストマンアブソーバー 80~100ポンド

フック  VANFOOK BLUE BACKS SHOT
     3/0~5/0 
                       
アシストライン シーハンター20~30号
        ザイロンX 15~25号
主船としている船宿さんは、クリーンで快適な、とびしま丸 

 
 
5 / 512345