釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 佐野 ヒロム

佐野 ヒロムOFFSHORE Field Tester

4 / 512345

12月の釣行レポート2013.01.16掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ145にヒットしたヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

12月23日 土屋氏13キロのヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

メロン屋工房 永井氏 サワラがヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

フルドラグ5号とキャストマンアブソーバー100lbのセッティング

YGK UOYA フィールドテスター フォト

10キロのヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ジギングで6.4キロの大鯛も

12月26日と27日に千葉の山正丸さんでの釣果です。
外房のヒラマサが絶好調。多くの鰯が入り込み表層までヒラマサが喰い上げて、活性高いヒラマサ、サワラの群れが回遊しています(12月27日)。
当日は小型ルアーへの反応が良く、喰わせるには飛距離とキャストの精度が重要でした。ヒラマサはいずれも大型のためタックルの選択が難しいですが、そのポイントの根擦れリスクの危険度で、飛距離とファイトの優先度合いを変えていくことが釣果を伸ばすと思われます。

12月23日
数こそはでなかったものの28キロを超える大型が釣れており、また22日も20キロオーバーがキャッチされております。このような大型は全ての条件が満たされた時に口を使いますが、その条件はとても複雑だと思います。それだけに釣った時の感動も大きく、またその難しさが外房というフィールドの魅力ですね。

 

<タックルデータ>
ロッド:VF798ER
ルアー:ロデオ145
リール:ソルティガ +NO LIMITS ST6300VerZ
ライン:よつあみ フルドラグ6号+キャストマン100LB
スイベル:スタジオオーシャンマーク オーシャンスナップ

 

ノースカロライナの釣行2012.11.19掲載

3月に行った、ノースカロライナの釣行写真と動画を知人に編集してもらいました。
良ければご覧ください。

 

SALT WORLD DVD2012.10.24掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

ソルトワールドでお馴染みのエイ出版社より、弊社テスター佐野が出演する「相模湾キハダマグロ完全解説」が間も無く発売されます。

この夏のシーズンに大磯港・邦丸にて、相模湾のキハダゲームを撮影しました。出来る限りアングラー目線に近づくように、乗合船でのシーンも多く取り入れています。基礎的な内容も豊富で、これから始めてみたいアングラーにもぜひお勧め致します。

YOUTUBEに短編がアップされています。ご興味のある方はご視聴くださいませ。

 

相模湾のマグロゲームが開幕!!2012.08.07掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ190Fにて

YGK UOYA フィールドテスター フォト

相模湾 邦丸 キハダ160cm 50.5キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

柴崎様 165cm 64.5キロ

相模湾開幕!!
今年も相模湾のマグロゲームが開幕。
50キロのキハダマグロをキャッチする事ができました。
タックル詳細は下記の通りです。

 

ロッド:CBONE VF8212ER
リール:ソルティガ5000H
    オーシャンマークフルチューン
ルアー:CBONE RODEO190
ライン:よつあみプロトPE4.5号
リーダーよつあみキャストマンアブソーバー100ポンド
ファイティングリーダーよつあみFCアブソーバーアンフィニ30号
フック:バンフック匠トレブル4/0
スイベル:CBONE プロト パワースイベル
スナップ:オーシャンマークプロト スナップリング

 

2012 1月2月玄界灘釣行2012.04.07掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ190にワラサがWヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

シャローエリアでヒットしたヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トップでワラサもヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

C1ロングライドにて

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ジギングでヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

同船者の方もヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

今回のアベレージサイズ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

土屋氏、ゾロにキハダがヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

13Kgのヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

L50とZERO1の相性は抜群

2012 1月2月玄界灘釣行

真冬の玄海は荒れる日が多くなかなか沖に出られないが、
ポイントにたどり着ければ、いい確率で釣りを楽しむ事が出来る。
この時期ベイトがイカやサンマが多く、マグロやヒラマサ、鰤にワラサが
トップウォーターで狙える。
何を捕食しているのか、判断しルアーをチェンジする。
的中すると凄く楽しい。
来年も時化を覚悟して釣行予定を組んでしまう。

 

ロッド
キャスティング CB-ONE VF8218プロト
        VF8212ER 9012ER
        VF77プロト 
ジギング    CB-ONE HRM CUSTOM 597S
        ZERO SHORTLIDE 57MLB
ライトジギング CB-ONE SSR632FX-B

リール
SIMANO   ステラ18000HG 10000XG
オシアジガー 1000HG SOM NO LIMITS AG45ca
       SLOW STYLE
DAIWA    NEWソルティガ6500H
       ソルティガドッグファイト6500
       SOM M-spec
       ソルティガ4500H SOMフルチューン
STUDIO OCEANMARK   L-50R

ライン
キャスティング YGK FULL DRAGプロト 8号6号
ジギング    YGK ガリスウルトラジグマンX8 4号3号
ライト     YGK ウルトラジグマンライトジギング
        スペシャルX8 1号

リーダー 
キャスティング YGK ガリスキャストマンアブソーバー
        80~170lb
ジギング    YGK ガリスFCアブソーバー 60~70lb
ライト     YGK ガリスショアリーダーFC 25lb

フック  
オーナー   ST66 2/0 3/0
VANFOOK  ブルーバックスショット4/0
JIGEN    ライトツイン3/0 スピアフック3/0 4/0

ルアー
キャスティング  CB-ONE ロデオ160 210(プロト)
         メロン屋工房 TW190F
ジギング     CB-ONE ZERO-1 160~190g 
         セミロング170g
         C-1 ロングライド 170~200g
         セミロング 150g
         ライトCB-ONE QUICK ZERO 1
         130~200g

アシストライン  ザイロンX 20号
         シーハンター20号 

お世話になった船宿は、平戸 一栄丸
http://www4.ocn.ne.jp/~kazuei/

 

11月・12月玄界灘でのヒラマサ釣り2011.01.27掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

VF798とZORROにきた10,2キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トップできた中村氏のヒラマサ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トップでもジギングでも11キロ松本様

YGK UOYA フィールドテスター フォト

トリッカー210 真鯛8キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロトTW210で12、7キロ 永井氏

YGK UOYA フィールドテスター フォト

バンフックのプロトで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロト210にきた13,8キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ZORROとプロトのシャロー用ヒラマサロッドにきた林氏の21キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

田代船長の一流しだけで24キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

やさしくリリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

次につなぐタグ&リリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

高ドラグとZORROで挑んだ18キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

私の大好物、肥えたサワラ

2010年11月、12月、玄界灘ヒラマサ釣行

2010年の締めに大型のヒラマサを求め、玄界灘に挑みました。
この時期は、北からの潮にのって大量のサンマが入荷し、活性の高いヒラマサが釣れるので、外せない時期だ。例年の釣果をイメージすると、魚に負けないタックル、ラインを何セットも巻きなおし、高ぶる気持ちを抑えきれない。

海に出ると、ベイトが違い、思い通りにいかなかった。
サンマが遅れヒラマサが捕食しているのは、イカであった。
サンライズ田代船長に、釣果が出たイカのルアーアクションのキモを教えてもらい、引き方のコツがわかると釣果がでだした。
説明したいが、実際に見ていただかないと分からないと思う。
いろいろなタイプのルアーと使い方で結果が出た。
画像の釣果は獲れた魚だが、強い気持ちとタックルで挑んでも獲れない、
ナメてないのにやられる。
強いヒラマサが今回も三度あった。
シャローのヒラマサは強い。
春も楽しみだ・・・

 

キャスティング
ロッド  CB-ONE  VF82プロト
            VF798ER
リール  DAIWA   ソルティガドッグファイト6500 
     オーシャンマークM-SPEC
     SIMANO  ステラ18000HG 
     オーシャンマーク使用
ライン  YGKガリスウルトラキャストマンWX8  6・8号
リーダー YGKキャストマンアブソーバー 130・140・170lb
ルアー  CB-ONE ZORRO RODEO プロト1
     メロン屋工房 TW TWR

ジギング
ロッド  スピニング
CB-ONE  HRM5810
      ZERO SHORTLIDE57M
リール  DAIWA   NEWソルティガ5000H
     SIMANO  ステラ8000HG
ライン  YGKガリスウルトラジグマンWX8  4・5号
リーダー YGK FCアブソーバー 60・70lb
ジグ   ゼロワンセミロング170 ゼロワン160 
     C-1LONGLIDE170~230
     C-1セミロング175 D3 175・145
アシストライン シーハンター15・20号
        ウルトラノット20号
フック     バンフック ブルーバックスショット        3/0 4/0 プロト4/0 6/0

ロッド   ベイト
      CB-ONE ZERO SHORTLIDE MB MLB
リール   STUDIO OCEAN MARK L120Hi
      L50-OTA-GARAGE
ライン  YGKガリスウルトラジグマンWX8  3・5号
リーダー YGK FCアブソーバー 50・70lb
ジグ   クイックゼロワン180・160
     ゼロワン190 C-1 150・200
アシストライン ザイロンX15・20号 ケプラート20号
フック     バンフック プロト4/0 JIGEN3/0

玄界灘の夢を追う  SUNRISE
www.geocities.jp/dbsyt296/

玄界灘釣行とタックルのお問い合わせは
プロショップGAAR

www.gaar.co.jp/

 

2010東北マグロゲーム2010.10.04掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

初日は大雨と雷で大洪水

YGK UOYA フィールドテスター フォト

平田氏マグロファイト中

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ベインズ平田氏ロデオ190で18キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

Wヒット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ロデオ190誘い出しで33キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

 

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロトロッド82とロデオで20キロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

花子も探す

今年も小泊港太朗丸さんにお世話になりマグロの聖地に挑んだ。
大型のマグロが狙えるこのフィールドは私にとっても特別な場所であり、この時の為にいろいろな準備をして、静岡から12時間かけ車を走らせる。

ここでマグロを狙う、地元と他県のアングラーの熱意と情熱に恥じないように、私も覚悟を決めロッドを振る。

今シーズンもこれからが本番だ。
ドラマは起きるのか・・・・・・

ロッド  CB-ONE HEVY TUNA82 85プロト

リール  SIMANO ステラ18000HG 
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500
     全てのスプールハンドルは
     スタジオオーシャンマーク使用

ライン  YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 
     8号10号
     
リーダー YGK ガリスキャストマンアブソーバー
     140~200lb
     
   
フック  オーナーST66  3/0 4/05/0

ルアー  CB-ONE ロデオ160 210(プロト)
    シンキング190 220
    メロン屋工房 TW190F 210F
   
お世話になっている船宿さんは小泊港 太朗丸

 

2010年東伊豆マグロゲーム2010.09.09掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロトシンキング220できた47キロクロマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この先についている獲物は黒

YGK UOYA フィールドテスター フォト

34キロクロマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

82と85のプロトロッドとヨツアミライン5~8号は全ての魚を10分以内で勝負を決めてくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

キハダのブラインドキャストはよくバイトしてくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

タックルとマグロ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

マッチザベイトでしか口を使わなかった オズマHW12,3キロの黒

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この日1本めはフローティングでプロト210

YGK UOYA フィールドテスター フォト

この日2本目はシンキングだった。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャンマークのスプールがジェットランを何度も防御してくれた

YGK UOYA フィールドテスター フォト

シービーワン林氏 40キロクロマグロ キャストマン6号リーダー170ポンド

YGK UOYA フィールドテスター フォト

多治見師匠とオズマHWで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

Wヒットもあった

YGK UOYA フィールドテスター フォト

34キロ プロト220シンキング

今年の東伊豆は6月中旬から連日凄い釣果でした。

80キロの釣果もあり、サイズ、数ともに記録的な年だと船長も驚いています。
日によって様々なパターンが見られいろいろな事が試す事ができ結果も残せました。

圧巻だったのは朝から納竿をすぎても鰯のナブラがあり、そのナブラに、未練を残しながら港に帰った時などもありました。

黒潮や気圧配置により、少しだけ海水温が変わっただけで、魚種が入れ替わったり、口を使わなくなったりした。

ルアーも大小、浮くかステイか沈むのか、その日のパターンでよく変わった。

キャストの精度、アプローチ、ルアーアクションの間も様々なことが試せて最高に楽しい時をマグロに過ごさせてもらいました。

6月~7月の全ての釣果は12人満船の乗り合いの釣果でした。
9月マグロはまだ見られジギングでもバイトがあり、もう少し水温が下がる秋が楽しみです。

夢は伊豆で叶うのか・・・・・

ロッド  CB-ONE VF807SR VF7910プロト
          TUNA82 85プロト

リール  SIMANO ステラ18000HG 
     DAIWA  ソルティガドッグファイト6500
          全てのスプールハンドルはスタジオオーシャンマーク使用

ライン   YGK  ガリスウルトラキャストマンX8 
      5号6号8号
リーダー  YGK ガリスキャストマンアブソーバー
      80~200lb
フック  オーナーST66 2/0 3/0 4/05/0
ルアー  CB-ONE ロデオ160 210(プロト)
    シンキング190 220
    メロン屋工房 TW190F 210F

 

伊豆諸島のでジギングレポート2010.07.20掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ポイントへ到着

YGK UOYA フィールドテスター フォト

風も無く、海も穏やかな御蔵島

YGK UOYA フィールドテスター フォト

チームベインズ高橋氏 本日1本目のキハダをゲット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

昨年、御蔵島で20キロのカンパチを釣り上げた秋山氏 カツオ3キロをゲット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

チームベインズ 稲穂氏もキハダ15キロをゲット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

高橋氏 本日2本目のキハダ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

かなりでかい!!10キロのメダイ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

最後の最後でゲット。自身 伊豆諸島、今年1本目のキハダ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

西島氏TW190F

黒潮の恩恵により伊豆諸島もシーズン到来!
キハダ、ヒラマサ、カンパチ釣れ出しました。

ジギング
ロッド   CB-ONE HRM5810S 638S
      ZERO LONGLIDE57MH
      SHORTLIDE57MB

リール   ダイワソルティガZ6500EXP
      sutadio ocean mark L120LO L50

ライン   YGKガリスウルトラジグマンX8 4~6号
       
リーダー  FCアブソーバー 60~100lb

アシストライン ザイロンX20~30号
        シーハンター20~30号

フック  VANFOOK ブルーバックスショット3/0~5/0

ルアー  CB-ONE  C1 ZERO1 D3 
     各140~320g

 

極寒の東京湾シーバス2010.03.21掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャンマーク大塚氏

YGK UOYA フィールドテスター フォト

でかくなれー タグ&リリース

YGK UOYA フィールドテスター フォト

オーシャングリップで魚体になるべく触れずにタグセット

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロト210で

YGK UOYA フィールドテスター フォト

タイラバヨコワ

YGK UOYA フィールドテスター フォト

UOYA 長谷川氏 鉄ジグで

YGK UOYA フィールドテスター フォト

SSRで真鯛

YGK UOYA フィールドテスター フォト

プロト210でワラサ

マングローブスタジオさん、シービーワン、シマヤ小平さんと深川・吉野家さんにいきました。

低気圧の影響で極寒の東京湾でしたが、70UPも混じり、時合いには入れ食いになりました。
水深が浅いジギングで、バイトがあってものらないときなどは、
誘い方やタックルバランスで釣果の差がみられました。
フックやジグのいろいろテストできました。

ロッド  CB-ONE  SSR632FX-R

リール SIMANO   コンクエスト300J 
    studio ocean mark カスタムハンドル

ライン  YGKウルトラジグマンX8
     ライトジギングスペシャル 0・8号 1号

リーダー YGKガリスショアリーダーFC 16lb
     ガリスFCアブソーバー 20lb

ルアー ライガ・F-1・クイックゼロワン 60g~90g

フック  VANFOOK JIGEN ライトツインプロト
     スーパーライトツインプロト

 
4 / 512345