釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 小野 誠

小野 誠OFFSHORE Field Tester

4 / 512345

7月30日、モニターの中村さんやイザナキの田中船長など九州の仲間と 熊本の第八恵比寿丸に行きました。2016.08.02掲載

朝からカンパチ狙いで甑島へ。
午前中はカンパチ狙いで島周辺のポイントを丹念に狙いましたが、ハチビキの猛攻で不発。午後からはクロムツ狙いで水深300~400mの深場へ。
ショーテルのプロトタイプ400gレッドゼブラでクロムツをキャッチ出来ました。
甑島の民宿に泊まり、明日に備えます。

二日目31日も甑島周辺の中深海でクロムツ狙い。昨日よりも若干軽くショーテル300gゼブラグローでポツポツヒット。
大型を期待しましたが、小~中型が先に喰ってくる状況でした。大型を選んで釣るメソッドを探しましたが見つける事が出来ませんでした。
モニターの中村さんや田中船長、九州の仲間と楽しく釣りながら、いろいろ勉強になりました。鬼塚船長、皆さんお疲れ様でした。

第八恵比寿丸のHP
http://www.dai7-ebisumaru.com/price.html

タックルデータTACKLE DATE
カンパチタックル
ロッド:シャウト!セデュースパワースロープロト
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L120HI
ライン:YGKよつあみ オッズポート 4号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー80lb
ジグ:ショーテル300gRGPZ(プロト)
フック:フロント、リア:ヘビースパーク(プロト)3cm3/0


中深海クロムツ
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L30
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー20lb
ジグ:ショーテル300gZG、400gRZ(プロト)
フック:TCスパーク #1アカムツロング仕様

02 03 04 05 06

7月7日、高知県のディープライナーさんへ行って来ました。2016.07.11掲載

序盤は室戸岬周辺の浅場でカンパチ狙いでした。
メジロクラスが騒いでいる様子でポツポツヒットがあり、僕はショーテル250gプロトでメジロクラスを3本キャッチ。
しかしながら、カンパチはなかなか難しい状況でした。
それでも常連の岡田さんはカンパチを2本キャッチ。
日が高くなるにつれて喰いも悪くなり渋い状況。
ランス200gBHを長めのフォールアクションで狙ってメジロを1本追加で朝の青物タイム終了となりました。
 
その後は深場へ移動してアカムツ狙い。
オーシャンマークのL30をアカムツ発投入。
手頃なサイズですがラインキャパも大きくて気に入りました。
水深250m前後で皆さんは着底してすぐにヒットさせています。
少し焦りましたがランスZG300gでゆっくりとした誘いを入れるとヒット。
美味しそうなアカムツをキャッチ出来ました。
序盤は外道も混じりながら落とせば誰かにヒットがありましたが、後半になって風が吹き始めると、とたんに渋い状況となりました。
ヒットがあっても外道ばかりで苦戦。
東村船長は何とか釣ろうと小移動を繰り返して頑張ってくれました。
今回は常連の皆さんとご一緒させてもらい楽しい一日でした。
皆さんもディープライナーに行ってみては?
 
そうそう、港の近くに新しくホテルが出来てました。「旅籠屋室戸店」です。
http://www.hatagoya.co.jp/052_Muroto/index.shtml
出来たばかりの綺麗な部屋で快適でした。東村船長にご相談してみて下さいね。

 

deepliner

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJドライブ
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L50HI
ライン:YGKよつあみ オッズポート 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー50lb
ジグ:ランス200gBH、ショーテル250gRGPZ(プロト)
フック:フロント:TCハードツインスパーク3cm1/0、
リア :TCツインスパーク3cm1/0

ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン L30
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー20lb
ジグ:ランス300gZG、ショーテル300gZG(プロト)
フック:TCスパーク#1アカムツロング仕様

02 03 04 05 06 07 08

札幌のノースキャストさん沖縄遠征ツアー後半Bグループとの釣行。6月10~15日、北海道のノースキャストさんの沖縄遠征ツアーに同行させてもらいました。2016.06.20掲載

沖縄遠征前半Aグループは、沖縄県北部の伊平屋沖周辺でカンパチとパヤオでキハダを狙いました。
産卵後のタイミングとなり大型のカンパチは深場へ落ちたのか渋い状況。
200m以上の深場の曽根ではクロタチカマスやキンメやアカマチ等の外道の猛攻でした。
そんな中、ノースキャストオーナーの平中氏が8キロクラスのカンパチをキャッチ。

底物狙いの深場が渋くパヤオへ移動。キハダをパワースローゲームで狙います。
ランスの200gにTCツインスパーク2/0:3cmのセッティングで早速20キロクラスのヒットがありましたが、トラブルがあり船べりで取り逃がしました。
気を取り直して再トライ。100mほど落とし込んだところでフォール中のヒット。
約15分ほどのファイトで待望の20キロクラスをキャッチできました。
その後はツアーの皆さんの横についてパワースローゲームをレクチャー。
ランスへの反応が非常に良く、札幌の中村さんにランスを使ってもらったころ早速ヒット。
初めてのキハダの引きに戸惑いながらも15キロクラスをキャッチ。大喜びで写真撮影。
釣り方を理解して再度投入した中村さんのランスにまたもや大型がヒット。
先ほどの15キロを超える引きに驚きつつ慎重にファイト。
船べりでは寄せ方をあれこれアドバイスしながら見事にキャッチ。
中村さんにとって自己記録更新の最高のメモリーフィッシュとなりました。

前半組は13日で帰路。午後からは後半組をお迎えしました。
那覇空港で平中オーナーと出迎えたのは、美幌ブルーマリンの西川さんとお客さんの大林さん、積丹征海丸の奥野船長。この日は残念ながら荒天のため出船中止。

14日は、パヤオでのパワースローゲームでキハダ狙い。
最初のパヤオでジグやロッドの操作やフォールでの喰わせ方をレクチャーしつつ釣り開始。
早速僕にヒットして18キロをキャッチ。今回の釣行では初めてYGKのオッズポート3号を使っていましたがキメが細かく糸鳴りが少ないです。何より強度が 凄い。二重構造なので張りがあって、フォール時にラインを弛ませた時にロッドに絡むトラブルが少ないのも利点です。気に入りました。

この後はロッドを置いて皆さんのサポート役に。キハダを目の当たりにした皆さんは、ロッド操作に気合が入ります。

小型のキハダやメバチ、カツオがポツポツと釣れる中、大林さんが8キロのキハダ。
昼ごろになって奥野船長にもヒット。初めてのマグロの引きに感動しつつ、なかなか浮かない魚に苦戦しましたが何とかキャッチ。
午後は沈黙の時間が続きましたが、夕方になって大林さんにヒット。ヒット直後、一気に突っ走る大型の予感。30分程度で残り50m程度までは何とか引き寄 せましたが、そこからがなかなか浮きません。時折雨が降る中、汗びっしょりの大林さん。一進一退を繰り返して1時間半でキャッチとなりました。船上での計 測では約30キロ。大林さんおめでとうございます。素晴らしいメモリーフィッシュとなりました。

15日、後半グループの皆さんは近場のパヤオや底物狙いで出船。僕は仕事の都合で一足先に帰らせて頂きましたが、最終日はブルーマリンの西川さんが20キロをキャッチしたとの事。おめでとうございます!

ノースキャスト遠征ツアーに参加された皆様。お疲れ様でした。
楽しい思い出をありがとうございました。
また来年もご一緒させて下さいね。

タックルデータTACKLE DATE
パワースローゲーム

カンパチ狙い
ロッド:パワースローカンパチ プロト
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL120Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 4号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 80lb
ジグ:ショーテル300gレッドゴールドピンクゼブラ (プロト)
フロントフック:TCハードツインスパーク、リアフック:TCツインスパーク ともに#3/0-3cm
キハダ狙い
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJドライブ
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ オッズポート 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 60lb
ジグ:ランス ボーダーホロ 200g
フロントフック:TCハードツインスパーク、リアフック:TCツインスパーク ともに#2/0-3cm

02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16

5月25日沖縄のゆりかさんへ釣行してきました。2016.06.02掲載

今回は近海の日帰り釣行でシーズン終盤のカンパチ狙い。
パワースローゲームのスタイルでプロトジグのテストが課題です。
今回はボギーの儀保さんとお店のお客さん達がご一緒。
パワースローゲームについて興味を持って頂いている方が多く、ポイントに到着するまでの船中では、いろいろ質問を頂きました。
今回は久米島方面の深場がポイントで数か所を回りました。
釣り場の状況は、どのポイントも二枚潮で底潮が動かず低活性で苦戦。
そんな中プロトのショーテルで小型ながらカンパチの顔を見る事が出来ました。
ランスと同様にフォールアクションが安定したジグで、深場を狙えるようにと作ったモデルです。今回使っていて気が付いた点があり、発売に向けて修正していきたいと思っています。

yurika

 

パワースローゲーム
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJドライブ
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 60lb
ジグ:ショーテル250gレッドゴールドピンクゼブラ (プロト)
フロントフック:TCハードツインスパーク、リアフック:TCツインスパーク ともに#2/0-3cm

02 03 04

4月21日に四季の釣りの取材で宮津のワープゾーンさんに釣行しました。2016.04.23掲載

トップとパワースローゲームでメジロ、ブリを狙います!
厳しい悪天候でかなり苦戦しましたが結果はいかに?

5月13日夜10時よりオンエアー。
お楽しみに!

20110624

タックルデータTACKLE DATE
パワースローゲームのタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ランス160、200gシルバーホロ、タテホロ、レッドゴールドピンクゼブラ
フロントフック:TCハードツインスパーク、リアフック:TCツインスパーク ともに#1/0-3cm

キャスティング
ロッド:セデュースキャスト ラッソ
リール:シマノ ステラSW14000XG
スタジオオーシャンマーク ノーリミッツカスタムスプール18000&ハンドル
ライン:YGKよつあみ WX8 #4
リーダー:YGKよつあみ ガリス キャストマンアブソーバー80LB
ルアー:シャウト!エングラ 140mm マイワシ(MI)、サンマ(SM)
フック:シャウト!カーブポイントトレブル31 1/0

02 03

4月11日、千葉県大原の山正丸さんに行ってきました。2016.04.16掲載

今回はパワースローゲームでのヒラマサ狙いにトライ。朝方の深場は不発でしたが、浅場で小型ながらヒラマサをキャッチ。水深が10~15mの超浅場でしたので、キャストできるスピニングタックルの方が斜めにトレースできるメリットは大きいと感じました。

とはいえ今回パワースローゲームで僕が使ったタックルは、SPJ ライダーにオーシャンマークのL50Hiのベイトタックルでした。飛距離はスピニングタックルにはおよびませんが、できるだけキャストして斜めにトレース するように心がけました。上げのジャークで誘ってフォールで喰わせる操作を繰り返すパワースローゲームでは、スピニングタックルで皆さんが行っている上げ だけのジャークと違って、3~5秒のフォールを多用します。そう言う意味では喰うレンジでの誘う幅と時間が長く取れるのがメリットかもしれません。

ジグはランスでしたが、ロングフォールで喰わせるためのアクションを生み出すため、リアフックは必要です。また、フッ素コートのTC スパークだからこそフォール中のバイトをフッキングできたと思います。この小マサは船長にタグを付けてもらいリリースしました。
午後便も皆さんがトップのキャスティングで狙う中、ひとりパワースローで粘って何とかワラサをキャッチしました。
午後はステイ160gを主体に使いました。前後にフックを取り付けたセッティングではランスよりもボディーのロールが伴うフォールアクションが強く出るのでアピール力は大きいです
。僕とは対照的にトップで攻め続ける松野さんはショートバイトに悩まされながらエンタイスで太めのワラサをキャッチ。外房でのパワースローゲームの可能性を試す釣行で何とか釣る事ができましたが課題も見えた釣行でした。

topimg_logo_yamasho2

タックルデータTACKLE DATE
パワースローゲームのタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ランス130、160gシルバーホロ、ステイ130gシルバーホロ
フロントフック:TCハードツインスパーク、リアフック:TCツインスパーク ともに#1/0-3cm

P4111781 P4111785 P4111791 P4111792 P4111794

3月4日北海道余市港のシーランチさんへサクラマスジギングに行って来ました。2016.03.14掲載

3月4日北海道余市港のシーランチさんへサクラマスジギングに行って来ました。
北海道のサクラマスジギングはまだまだ開拓途中で、まだまだ従来の毛バリなどの釣り方で皆さんが狙っている状況のようです。
今回はシーランチさんにお願いしてジギングで狙わせて頂く事になりました。
フィッシュランドさんのお店の方や征海丸のお客さんにもご一緒頂いての釣行会となりました。
 
昨年の4月にも行きましたがホッケはたくさん釣れたものの、サクラマスは船中1匹とさびしい釣果でした。しかしながらスローピッチのスタイルで狙えると確信した釣行でもありました。
昨年はランスのクレイドルフォールで狙いましたが、今年はフラッシュ150gのヒラヒラとフォールさせるのがマス類には有効ではないかと考え、実績の高いグリーンゴールドでスタート。
落とせばホッケがヒットする状況で、サクラマスの群れが回遊してくるのを待ちます。ベイトはオオナゴでたまにフックに掛かってきます。かなりの数がいないとフックに掛かってくる事は無いでしょうから、海底にはおびただしいオオナゴとそれを喰うホッケが想像されます。
ホッケに悩まされながら我慢しているとフィッシュランド永山店の山田店長がサクラマスをキャッチ。すぐに僕にもホッケと違う引きの魚がヒット。小型ですが待望のサクラマスをキャッチする事が出来ました。
その後もホッケと闘いながらサクラを狙います。ボトムから5~7mの範囲をワンピッチでフォールを長めにしながら刻みあげてヒット。僕の横で釣っていた登別店の鶴喰店長もほぼ同時にヒットしてサクラをキャッチ。
船尾で釣っている美しが丘店の佐藤さんは既に4匹をキャッチしておりジャークスタイルを観察。
ローピッチのリールでのワンピッチだがジグの重さが返ってくるまで上げよりもフォールを長くとってヒットさせている様子。そこで僕もローピッチのリールに合わせるためハーフピッチで上げる度にラインを送り込むような長めのフォールをさせてみるとヒット。ホッケと違う首のくねらせるような引きでサクラをキャッチできました。何となくヒットパターンを掴んだような気がしましたが後が続きませんでした。佐藤さんはその後もヒットを続けて竿頭の6匹をキャッチでした。
終盤はソイ等の根魚狙いで漁礁や根を狙いながら港に戻りました。最後の場所で大きめのホッケとソイをダブルでキャッチ。
普段は出来ない釣りだけにいろいろ勉強になった釣行でした。
 
sealunch
 

サクラマスジギングのタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 2号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 30lb
ジグ:フラッシュ150gグリーンゴールド、ランス160gシルバーホロ
フック:フロント用TCハードツインスパーク#1-3cm、リア用TCツインスパーク5cmプロト

02 03
04 05 06 07 08 09 10 11 12

2月12日釣りビジョンの取材で竹野のグランブルーさんへ行って来ました。2016.02.17掲載

2月12日釣りビジョンの取材で竹野のグランブルーさんへ行って来ました。
今回はパワースローゲームでのブリ、ヒラマサ狙い。
2月24日夜10時初回放送予定ですので是非ご覧ください!

釣りビジョンの番組紹介ページ
http://www.fishing-v.jp/salt_gallery/

grandblue

タックルデータTACKLE DATE
パワースローゲームのタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ランス160~200g
フック:TCハードツインスパーク#1/0-3cm

0403  02

1月27日、四季の釣り取材でファイヤードルフィンに行きました。2016.01.29掲載

1月27日、四季の釣り取材でファイヤードルフィンに行きました。
パワースローゲームでブリを狙います!
2月12日(金)22時からサンテレビの放送をお楽しみに!

firedolphin

タックルデータTACKLE DATE
パワースローゲームタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJマスター
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ランス250gCH クラッシュホロ(プロト)
フック:TCハードツインスパーク#1/0-3cm

01

12月21、22日、久しぶりに玄界灘釣行に行って来ました。2015.12.25掲載

12月21、22日、久しぶりに玄界灘釣行に行って来ました。お世話になったのはいつものイザナギ田中船長。
釣行の初日は、パワースローでブリを狙いました。七里ヶ曽根の100メーターラインで低活性ながらポツポツとヒットがありましたが、スピニングタックルでのワンピッチジャークで狙う同船者にはヒットが続かず高活性とは言い難い状況。しかしながらパワースローで積極的にフォールバイトを狙うと一時は連続ヒットとなりました。潮が緩く低活性の時ほど、ランスのパワースローが有効だと改めて実感しました。
午後からは壱岐周辺でヒラマサをトップで狙いました。残念ながらヒラマサのヒットはありませんでしたが、中盤にはサワラの連続ヒットがあり楽しめました。モニターの中村さんとプロトのプラグを使ってフックのセッティングを相談。ボディの形状も変更が必要です。夕方のサワララッシュで傷だらけにされてしまいましたが。
二日目は、朝一だけヒラマサトップゲームでワンチャンスを狙いました。同船したお客さんにヒットしましたが根に持っていかれてアウト。潮のあるうちに昨日と同様に七里に移動してブリ狙いのジギングとなりましたが、到着した頃には全く潮が動かず初日以上に渋い状況。そんな状況でしたが何とかパワースローで2本キャッチ。ランスとTC スパークに助けられました。
昼過ぎまで粘りましたが、あまりに渋い状況でしたので七里を見切り、午後からはヒラマサトップゲーム。
昨日と同じポイントでサワラをキャッチ。さらにプロトのルアーがボロボロになりました。
夕マズメのラストポイントで同船のお客さんに待望のヒラマサがヒット。船長の的確なアドバイスで実測13.3キロを見事キャッチ。おめでとうございます。
田中船長、同船した皆さん、二日間お疲れ様でした! 皆さんもイザナギに行ってみては?

タックルデータTACKLE DATE
パワースロータックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJマスター
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 3号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 50lb
ジグ:ランス250gCH クラッシュホロ(プロト)
フック:TCハードツインスパーク#1/0-3cm


ヒラマサ キャスティングタックル
ロッド:セデュースキャスト ワイルドテイマー
リール:13ステラSW 18000HG
ルアー:シャウト!硬質発泡樹脂製プラグ(プロト)
フック:ダブルクダコ4/0
ライン:YGKよつあみ ウルトラキャストマンWX8 #8
リーダー:YGKよつあみ ガリス キャストマンアブソーバー200lb
4 / 512345