釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 大村 将良

大村 将良EGING Field Tester

夏イカレポート2018.07.30掲載

YGKよつあみフィールドテスターの大村です♫

先日後輩と再び夏イカに行って来ました‼️

この日はウネリと濁りが入っていて
暑さと反応の無さに心折れかけていましたが

しゃくり後エギを落とし込んでいると
本当に小さくラインに伝わるアタリがあり
アップグレードの好感度に助けられ
アオリイカをキャッチ出来ました‼️

そして連休に遠征に行ったのですが
エギングタックルにジグをセットし遊んでいると
良型のガシラ連発‼️

そしてまさかのハマチ(笑)

ロープなどが入っていたので
多少強引にファイトしましたが難無くキャッチ出来ました♫

使用ラインは
アップグレード0.6号
リーダーはエギアブソーバー2号

またアップしますね^ ^

オム

image2 image3

徳島県南エギングレポート2018.07.18掲載

はじめまして!
YGKよつあみフィールドスタッフの
大村 将良です。
ニックネームはオム!
皆様宜しくお願い致します。

先日、地元徳島の県南エリアに行って参りました。

今年は黒潮大蛇行の影響で
水温が今までに無いくらい低下し
どの釣り物もイマイチと言う状況でした。

勿論、僕がターゲットにしているアオリイカも…。

しかし本来ならばシーズン真っ只中の夏イカ!
狙うしかない!

夏イカは高活性の様に思いますが
実はかなりシビア…

僕が今回入ったポイントは
かなり潮通しの良い漁港の入口。
潮が動き出すと結構な流れになります。

徳島だけでなく和歌山に行った際も感じた事なのですが
夏イカは捕食しているベイトの影響なのか
ただ単純に見切るだけなのかハッキリ分かりませんが
フォールでじっくりエギを見せたり
着底時間している時間が長いと見切られる傾向にあります。

かと言って底に落とし込まないと釣れない…。

その流れの中で
コンスタントに底を叩く為に
僕の愛用するアップグレード0.6が最適です。

フリーフォールで移動距離を抑えた釣りをするのですが
視認性は勿論
ハリがあるのに潮馴染みが非常に良く
流れの中でも小さな変化を感じ取れます。

この日はかなり風も強かったですが
アップグレードに助けられ
楽しい釣行になりました。

皆さんも是非使ってみて下さい!
使いやすさ、感度、強さに驚くはずです♫

ではまたアップします‼️

オム

image2 image3