釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 中川 俊介

中川 俊介沖釣 Field Tester

3 / 3123

瀬戸内ライトゲーム&オクトパスゲーム!2018.03.08掲載

ミリオンエコー出版(釣り画報)さんの瀬戸内ライトゲーム取材で釣行してきました。
日が落ちるまで時間があったのでオクトパスゲームをする事に!広島は寒波の影響で低水温状態なので水深10m以上あるのポイントへ入りゲームスタート!
この時期にしては反応が良く開始30分友人が800g1時間後に自身も300gロリダコをキャッチできました。

早い時期から蛸の反応が良い年は当たり年の可能性もあり他アングラーやプレジャーボートの方々から今年はタコが良いね〜〜と耳に入って来てます。
近々ボートでもテストして来たいと思います。

日が落ちライトゲームスタート!
メバルの反応が悪くゲキシブ状態!潮も動かず辛いゲームにはなりましたが仲間のおかげで取材成立!メンバーも良く笑いが絶えない最高の釣行でした。

今月20日発売の釣り画報さんで楽しい釣行の雰囲気が伝わればと思います。
関係者の方々ありがとうございました!

タックルデータTACKLE DATE
タコタックル
ロッド:クラーケン822
リール:コンクエスト300
ハンドル:LIVRE クランク120
ライン:YGKよつあみ ロンフォートオッズポート♯4
ルアー:デビルパラシュート×2 (パールピンク×パールグリーン)

メバルタックル
ロッド:バリバス ワークスリミテッドTFL63-S
リール:バンキッシュ1000
ライン:YGKよつあみ AMBERCORD SG 2.2lb
ルアー: Flash-J 1''sw クリアレッドラメ

image4image1image3

メバルサビキ釣行2018.02.21掲載

こんにちは!この度からフィールドテスターを務めることにたりました中川です!
これからタコゲームや瀬戸内の釣りをジャンジャン投稿していきたいと思います。
宜しくお願いします!!
初投稿は瀬戸内の春告魚(メバル)!産卵も終わったので広島の安芸津港から出船されてる晴光丸さんでのメバルサビキ釣行でした。
瀬戸内は急激な駆け上がりや島の間隔も狭く潮も10kn以上のスピードで潮が動くポイントもあるのでポイントに入るタイミングもですがラインセッティングも重要とされます。
今回は大潮後の中潮初日と潮が大きく動く中での釣行で釣り座も満員御礼!二枚潮三枚潮や潮と潮がぶつかるポイントも!
 
ここで今回のラインは潮の流れで他の乗船者さんとの仕掛けのトラブルが出ると想定してのウルトラジグマンWX8 #0.8をセレクトしました。
水深70mと深めのポイントや喰い渋でサビキでも喰い込みが悪く掛けにいく釣りになりましたが小さなアタリを感じ掛けていけたので満足釣果で終了!何度かトラブルもありましたがストレスなく釣行できました!

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:ダイワ リーディングXFメバル330
リール:ダイワ ハイパワータナセンサー250F
ハンドル:LIVRE SB60-65
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマンWX8 #0.8
釣船:晴光丸

image2image3

3 / 3123