釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 松本 猛司

松本 猛司BASS Field Tester

1 / 212

ザ ストロングパワーベイト Vol.120レポート2017.05.11掲載

今回のザ ストロングパワーベイトはフラッシング鯛ラバで乗っ込みマダイを狙って来ました。

今回お世話になったのは、田辺のサウスカレントさん。

この時期のマダイは産卵を意識した状態のマダイが多く、タイラバのネクタイよりも小さなフラッシュJ 1”やフラッシュJ 1.5”スリムなどのマイクロベイト系やフラッシャーワーム1”やリングフラッシャー2”などのアミや海藻系などの小さくて食べやすいベイトを喰う傾向が強いのが特徴です。

この日は、私がタイラバにフラッシュJ 3”を付け楠本くんがフラッシュJ 1.5”スリムを付けてスタート。

やはり乗っ込みシーズンと言う事もありシルエットの小さい楠本くんばかりにバイトが集中。

私もフラッシュJ 1.5”スリムにチェンジするとバイトが出るようになったのですが、今年初のタイラバと言うこともありバラシを連発。

パターンも分かり、これからと思っていたのですが時合も終わり、次の時合待ち。

夕方に再び時合が来て、ここからはワンキャスト、ワンヒット状態の入れ食い。

楠本くんとのダブルヒット4回。

終了時間まで釣れ続け、終わってみれば2人で22匹の大爆釣。

明らかにフラッシング鯛ラバがハマっている状態でした。

また、この時私が使っていたのがサンプルで作った世界一光るグロー素材のルミノーバスカートにフラッシュJ 1.5”スリムのルミノーバと言ったタイも初めて見るアピール力満点の組み合わせでした。

明らかにルミノーバのスカートとルミノーバのワームが効いている感じで、タチウオと同じで遠くからでもタイラバを見つけてくれる感じでした。

今回のロケで感じたことは、やはり乗っ込みタイには、シルエットを小さくしてやるのが一番で、ヘッドもタングステン、スカートも少なめ短め、ワームも小さめがベストだと言うことです。

船長が言うには、田辺で22匹と言うのは、普通のタイラバではありえない釣果で、圧倒的にフラッシング鯛ラバがハマっている状況だと言うことでした。

フラッシング鯛ラバはタイラバのネクタイを外して、フックにフラッシュJシリーズをチョン掛けするだけなので皆さんも是非チャレンジしてみてください。

タックルデータTACKLE DATE
フラッシング鯛ラバ:タックル
ロッド:紅牙 AGS TYPE-N 69MHB-METAL(ダイワ)
リール:ソルティスト ICS 103SH(ダイワ)
ライン:スーパージグマン X8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー:スリム&ストロング フロロ3号(YGKよつあみ)
ルアー:紅牙 ベイラバー フリーTGタイドブレイカー 100g(ダイワ)
    フラッシュJ 1.5”スリム・ルミノーバ(プロト)(フィッシュアロー)
    ルミノーバ・スカート(プロト)

P4130456 P4130465

ザ ストロングパワーベイト Vol.118レポート2017.03.08掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、早春の七川ダム攻略。

ロケ日が2月22日と言うことで不安いっぱいでしたが湖全体が水温9.8℃~11℃と言うことで一気に春爆を意識した強気の釣りで行くことにしました。

まずは平野川と添野川のインターセクションエリアをビビッドクルーズ150トーナメントモデル(Fチャートシャッド)からスタート。

開始5分でファーストフィッシュ。

ビビッドクルーズはスローリトリーブからファーストリトリーブまで対応するスイムベイトで、その時ボディをくねらせながらヘッドシェイクアクションをするのですが、そのヘッドシェイクアクションこそが、遠くからもバスを引き付けるパワーでもあり、口を使わせるアクションでもあります。

この時期のスイムベイトは釣れ無くてもチェイスするバスを見るだけでもバスのいるエリアが分かるので、水温が10℃以上ならスイムベイトからスタートするのが春爆の近道でもあります。

その後1匹追加し、次にスイムベイトで流した同じエリアをフラッシュJ 3”+ウィールヘッド1.8gのミドストで流すことに。

こちらも開始早々にグッドコンディションの40アップ捕獲。

その後、各バックウォーターをチェックしに行くもノー感じ。

七川ダムで一番有名なポイントでもある古座川のバックウォーター手前のとうふ岩エリア手前から再びミドストにチェンジ。

とうふ岩をなめるようにミドストしていると51cmのビッグバス。

ビビッドクルーズで2本、フラッシュJのミドストで3本釣った時点でまだ1時頃だったのですが、次の日に同じフィールドでThe Hitロケだったこともあり早上がり。

今回のミドストはペラ付きジグヘッドのウィールヘッドを使ったミドストなのですがペラが起こす水流で比較的初心者の方でもやりやすいオススメのセッティングです。

また水温10℃が春爆のサインなので、皆さんも強気に攻めて春爆を体験してみて下さい。

タックルデータTACKLE DATE
ビビッドクルーズ150:タックル
ロッド:スティーズ701MHFB-SV「フランカー」(ダイワ)
リール:ジリオンSV TW 1016SV-SH(ダイワ)
ライン:Nウォーカードレッドライン フロロ14Lb(YGKよつあみ)
ルアー:ビビッドクルーズ150 トーナメントモデル(フィッシュアロー)

フラッシュJ ミドスト:タックル
ロッド:ブラックレーベル 631ULFS(ダイワ)
リール:イグジスト2003(ダイワ)
ライン:Nウォーカードレッドライン フロロ4Lb(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJ 3”ワカサギ/シルバー(フィッシュアロー)
ジグヘッド:ウィールヘッド1.8g(フィッシュアロー)

DSC_0034 DSC_0049

ザ ストロングパワーベイトVol 117 「冬のディープウォーター攻略編」2017.02.09掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、2017年イチ押しのアルミ内蔵ブルーギル型ワームのフラッシュJフラット3.5”を使った冬のディープウォーター攻略です。

このワームは、ブルーギルやカニに見立てた幅広のファットボディーのワームで、ボディ半分にアルミホイルが入った今までにないタイプのギル型ワームだと言えます。

この手のワームは、オフセットフックのクランク部分の弱さにと針先の収まりが悪いのが弱点でもあるのですが、このフラッシュJフラットはマテリアルの強さとフラット面を少し山型にする事で針先の収まりを良くしています。

またお腹側になるファット部分は、フォール時にイレギュラーなダートを生み出すので、

新リグのフリリグとの相性が抜群です。

今回、冬のディープに落ちたバスをフリリグで狙ったのですが、フリリグならではのフリーな感じとイレギュラーダート時のフラッシングが効いたと思うのですが、グッドサイズのバスを連発することが出来ました。

今回はフリリグでディープのバスを狙ったのですが、ジカリグでのフラッシング効果や、ノーシンカーでのスイムベイトとしても使えるギル型ワームなので発売を楽しみにしていて欲しいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
フラッシュJフラット3.5”:タックル
ロッド:スティーズ 701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール:ジリオン SV TW 1016SV(ダイワ)
ライン:Nウォーカー ドレッドライン 14lb(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJフラット3.5”(フィッシュアロー)
シンカー:フリリグ シンカー 14g(フィッシュアロー)
フック:キロフック 4/0(デコイ)

タチウオゲームの新スタイル「ジギングテンヤ」2017.02.09掲載

2017年、注目のタチウオゲームの新スタイルの「ジギングテンヤ」。

関西で一般的なタチウオテンヤ釣りは、40号~50号のテンヤにイワシを針金で巻いたエサ釣りによるタチウオ釣りなのですが、アタリのダイレクト感にシビアなアタリを掛けると言った面白さからここ最近急激に人気の釣りでもあります。

私も3年前に初めてチャレンジしたのですが、アタリのダイレクト感となかなか掛からない面白さからテンヤハマってしまい専用のロッドに電動リールまで買ってしまいました。

こんな面白い釣りはルアーアングラーもハマるだろうなぁ、と思いながらもエサ釣りと言うことでやらないルアーアングラーが多いのがもったいないなぁと言うのがジギングテンヤ開発のスタートでした。

ルアーアングラーが使ってもらえるように、ジギングタックルで出来るテンヤと言うことでフックからオリジナルで作り、ワームもフラッシュJスプリット5インチと7インチと言うテンヤにベストマッチするサイズにタチウオ専用のカラーまで作りました。

また7インチは、エサ釣り用のテンヤにもベストマッチするサイズなので、イワシの代わりとしても使って頂くことが出来るので、エサが頻繁に獲られる時やエサが無くなった時の代用としても使って頂けます。

ジギングテンヤは、“しゃっくって”止めてアタリが出たら掛けると言ったテンヤの面白さとジギングの面白さを足したタチウオゲームなのでルアーアングラーなら誰もがハマる釣りだと思います。

ルアーアングラーの基本的な使い分けとしては、活性の高い時は、ジグの方が勝負も早く数も釣れるのでジグが良いと思います。

ジギングテンヤは、活性の低い時や活性の悪い時間帯にタチウオのいる棚でネチネチと攻めたり、ジグに比べて大きなサイズのタチウオを釣りたい時に活躍します。

ジグとジギングテンヤを使いこなすことで、今まで釣ることが出来なかったタチウオを釣ることが出来ると思うので、試してみて欲しいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:キャタリナ66HB(ダイワ)
リール:ソルティスト103H(ダイワ)
ライン:ジグマンX8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー:1m スリム&ストロング 5号(YGKよつあみ)
リーダー:30cm スリム&ストロング 16号(YGKよつあみ)

DSC_0018 IMG_7699IMG_7702

ザ ストロングパワーベイト Vol.116レポート2016.12.27掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、浮くシャッドテールワーム「エアバッグシャッド」のNEWモデルの3.5インチを使っての冬のリザーバー攻略です。

冬のリザ―バーと言っても1月と2月以外はコンディションの良いバスはシャロ―に残りエサを喰っています。

しかし、水温が低いので早く動くルアーには興味を示しません。

こう言った時に活躍するのがサスペンドルアーになります。

しかし、最近のスレたバスにはハードプラグにナーバスになっているケースも多く、出番が少なくなって来ています。

そんな時に活躍するのがオフセットフックにワイヤーシンカー(糸ナマリ)を巻いたエアバッグシャッドのサスペンドチューンになります。

シャッドテールワームならではのアピール力にソフトルアーならではのナチュラルさを兼ね備えたエアバッグシャッドは今までにない究極のサスペンドルアーだと言えます。

2016年にエアバッグシャッド4.5”が発売され、冬のシャロ―エリアに革命を起こしましたが、2017年には、サイズダウンしたエアバッグシャッド3.5”が発売されることで、アベレージの小さなフィールドでの使用が広がったり、見に来て喰うか喰わないか躊躇していたバスが口を使う確率が圧倒的に増えました。

つまりスローに引けて、止めれて、喰わすことの出来る釣れるシャッドテールワームと言うことになります。

映像を見ていただければデッドスローリトリーブは、冬だけてなく、オールシーズン使える今までに無かったシャッドテールワームだと分かってもらえると思います。

タックルデータTACKLE DATE
エアバッグシャッド3.5”サスペンドチューン:タックル
ロッド:スティーズ701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール:ジリオンSV TW 1016SV(ダイワ)
ライン:Nウォーカードレッドライン フロロ14lb(YGKよつあみ)
ルアー:エアバッグシャッド3.5”プロト(フィッシュアロー)
    キロフック 3/0(デコイ)
    ワイヤシンカー(フィッシュアロー)

 pb240589pb240599 img_7656

ザ ストロングパワーベイト Vol.114レポート「フラッシュJストレート爆釣編」2016.10.26掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、2017年新製品のフラッシュJストレート5”を使っての野池攻略。

このワームは、ネコリグに特化したワームで、フラッシュJの特徴でもあるアルミホイルをアクションが損なわないように薄いものを採用し、また尻尾の先まで入ったアピール力満点の5インチのストレートワームになります。

また頭からネイルシンカーが刺しやすいように(真っすぐに刺せる)中心に「ネイルシンカーガイドホール」を設けています。

バイトマーカーにもなるリアルアイ(目玉)もあり、クリアウォーターからマディーウォーター対応する今までのネコリグワームにはないポテンシャルを持ったリアルワームだと言えると思います。

この日は、2.2gのネイルシンカーを入れたネコリグで、ボトム付近をスローに小刻みにアクションさせるパターンで連発することが出来ました。

また、ただ引きでは、アルミホイルの適度な張りのおかげで、ボディーをバイブレーションさせながら思っている以上にフラッシングし、アピールしていることに気づき、ただ引きを多用することで、釣果を伸ばすことが出来ました。

アクション時のラインの水切り音やラインの存在を嫌うスレたバスや、素早く広くチェックするには、ただ引きが良い感じでした。

水中アクションやフラッシングを見てもらえれば、釣れるワームだと言うことが分かってもらえると思うので、是非一度「フラッシュJストレート爆釣動画」をチェックしてみて下さい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:ステーズ641LFS-SV「キングボルト」(ダイワ)
リール:イグジスト2505F(ダイワ)
ライン:Nウォーカー ドレッドライン フロロ5lb(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJストレート5”プロト(フィッシュアロー)
シンカー:FAネイルシンカー 2.2g(フィッシュアロー)
フック:ボディーガード 1番(デコイ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img_7520img_7524

ザ ストロングパワーベイト Vol.111レポート2016.08.05掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、三重県・尾鷲の磯でテスターの幸田くんと第6代アングラーズアイドルの冨士木 耶奈ちゃんとロックフィッシュゲームをして来ました。

(尾鷲の勝三屋渡船で磯に渡してもらいました。)

ロックフィッシュゲームは、ボトムを取れさえすれば比較的アタリが多い釣りでもあります。

また根魚のファイトはパワーがあるうえ、根に入ることも多いので、スリリングな釣りだと言えます。

この日もロックフィッシュゲーム初挑戦の耶奈ちゃんも1投目からフラッシュJグラブ4.5”SWの“フリリグ”でアカハタをキャッチ。

“フリリグ”は、縦長のダウンショットシンカーのラインアイに糸を通ししただけの簡単なリグなのですが、根掛かりが少ないうえ、ボトム感知能力が高いので、ロックフィッシュゲームでは、とても有効なリグだと言えます。

フラッシュJグラブとフラッシュJクローは、カニやエビなどの甲殻類を喰っている時に、フラッシュJシャッドはイワシなどの小魚を喰っている時にセレクトします。

この日は、甲殻類系を喰っているアカハタが多い感じで、グラブやクローにアタリが集中しました。

30cmを超えるアカハタのパワーは凄まじく、耶奈ちゃんは何度も磯の根に入られる場面がありました。

そんな状況でも根ズレに強いYGKよつあみのFCアブソーバー スリム&ストロングの5号のおかげでグッドサイズのアカハタをキャッチまで持ち込むことが出来ました。

また、フラッシュJシャッド4.5”のジグヘッドスイミングでオオモンハタも釣ることが出来たので、是非チェックして欲しいと思います。

今回の模様は、8月11日(第二木曜日)のザ ストロングパワーベイト Vol.111で配信予定です。

お楽しみに。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:エメラルダス86MH(ダイワ)
リール:セルテート 2510H(ダイワ)
ライン:Gソウル アップグレード X8 1号(YGKよつあみ)
リーダー:FCアブソーバー スリム&ストロング 5号(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJグラブ 4.5”SW(フィッシュアロー)
    フラッシュJクロー3.5”SW(フィッシュアロー)
    フラッシュJシャッド4.5”SW(フィッシュアロー)
フリリグ:フリリグシンカー 5/8oz(フィッシュアロー)、1oz

DSC_0051  DSC_0065

 

DSC_0097

 

ザ ストロングパワーベイト Vol.111バス編レポート2016.08.05掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、真夏のリザーバー攻略編です。

この時期のリザーバーは、少しでも水温の低いバックウォーターや流れ込み、シェイドとなるオーバーハング直下や垂直岩盤にサスペンドする傾向があります。

この日は、昼からの撮影になったので、バックウォーターからスタート。

するとバックウォーター手前でボケっとしているグッドサイズのバスの群れを発見。

しかし、このエリアのバスはニュートラル状態で何を投げても反応しない状況でした。

このエリアのバスは早々に見切りをつけ、上流に上がって行くと沖に単体で浮いているバスを発見。

こう言った沖に浮いているバスは天才系のバスが多く、そう言ったバスに活躍するのがフラッシュJスプリット3”のI字引き。

フラッシュJスプリット3”は、ノーシンカーでも安定性がよく、またスリムなので天才系のバスも口を使わすことが出来ます。

ただ引き(I字引き)で喰ってくるバスは良いのですが、見にきても口を使わないバスには、トゥイッチを入れてやる事で、リアクション的に口を使わせることが出来ます。

この時、頭の部分にワーム&チャンク ペイントで、自分のルアーの位置が分かるようにバイトマーカーの印を入れてやることが釣果アップの秘訣でもあります。

この日もトゥイッチを入れてやることで、天才系バスに口を使わせることが出来ました。

この時、少しでも飛距離を稼ぎたいので、PEライン(Gソウル アップグレード X8 0.6号)にリーダーフロロ(1.2号)を取るのがベストだと言えます。

この日は、急な大雨でバックウォーターに濁りが入り、バックウォーター手前にいたグッドサイズのバスがエサを取りにバックウォーターに差した状況でした。

こう言った時に活躍するのがビビッドクルーズ+スイムベイトシンカーで、流れの中にビビッドクルーズを通してやることで、上流から流れて落ちてくるアユなどを待つ、グッドサイズのバスを連発することが出来ます。

やはり読みが的中で、バイトが連発。

しかし、バラシの連発。

ストロングパターンに行きついていただけに悔しいロケになりましたが、是非参考にしてみてください。

今回の模様は、8月11日(第二木曜日)配信予定になります。

お楽しみに。

タックルデータTACKLE DATE
フラッシュJスプリット:タックル
ロッド:ブラックレーベル 631ULFS(ダイワ)
リール:イグジスト 2003F-H(ダイワ)
ライン:Gソウル アップグレード X8 0.6号(YGKよつあみ)
リーダー:フロロ1.2号(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJスプリット3”(フィッシュアロー)
バイトマーカー:ワーム&チャンク ペイント(フィッシュアロー)
フック:SSフック #1(デコイ)

ビビッドクルーズ170:タックル
ロッド:スティーズSTZ-701MHFB-SV(ダイワ)
リール:ジリオン SV TW1016SV-SH(ダイワ)
ライン:Nウォーカー ドレッドライン フロロ16lb(YGKよつあみ)
ルアー:ビビッドクルーズ170(フィッシュアロー)+スイムベイトシンカー20g(フィッシュアロー)

DSC_2991  IMG_7425

 

  IMG_7428 IMG_7429

 

IMG_7432

エアバッグバグ&エアバッググラブ野池釣行レポート2016.07.12掲載

https://youtu.be/8SsWhSWV2OQ
 
 
今回は、久しぶりの野池釣行。
6月に入り、野池のバスもスポーニング直後のやる気のないバスと体力を回復したアグレッシブなバスがいる状況でした。

まずは、足場の少ない小さな野池からスタート。
キャスト出来る立ち位置がほとんど無く、オーバーハングから落ちた虫を演出するためエアバッグバグ1.6″からキャスト。

 
この時、キャストミスなどでオーバーハングに引っかかるのが怖いのでオフセットフックをセレクト。
エアバッグバグはオフセットフックでも浮くように作くられているので、障害物回りを果敢に攻めることが出来ます。またオフセットフックなので、ヒシ藻やウィードの上を通すことが出来るのもエアバッグシリーズならではのメリットだと言えます。

朝イチから野池アベレージの25cmクラスのバスのバイトが連発。

少しルアーに対して飽きて来たらサイズを1.2インチにダウン。するとまたバイトが得られる感じでした。(見にきて口を使わないバスがいる時はサイズダウンさせることで口を使わせる事ができます。)

事ができます。)

 

次の野池は、ウィードが水面まで茂った水のきれいな野池でした。
この頃には、日差しも強く苦戦するだろうと思っていたのですが、エアバッググラブ4″のバックスプラッシュが炸裂。

ウィードのポケットで浮くエアバッググラブをトゥイッチしてやるとテールで水を弾き、空気をはらんだ“バックスプラッシュ”でアピールします。このバックスプラッシュは、ベイトフィッシュが尻尾で水面を叩く感じに似ているのでバスにスイッチが入るアピール抜群のアクションだと言えます。

この日もヒシ藻のポケットでエアバッググラブのバックスプラッシュでスイッチが入ったバスが3回もバイトすると言う状況がありました。このようにスイッチが入ったバスはルアーを探して何度もバイトする事があるのですが、まさに体力回復系のやる気満々のバスでした。

このようなアグレッシブなバスは引きも強くヒシ藻に入られる事があるので、ラインはPE1.5号(G-soul アップグレード X8)の直結がオススメです。ヒシ藻に潜られてもポンプリトリーブせずに一定に巻き続ければバレることは無いと思います。

久しぶりに野池釣行をし、改めて浮かせて釣るエアバッグシリーズのポテンシャルの高さを感じました。

タックルデータTACKLE DATE
エアバッグバグ タックル
ロッド ブラックレーベル 631ULFS (ダイワ)
リール イグジスト 2003F−H (ダイワ)
ライン G-soul アップグレード X8 0.6号 (YGKよつあみ)
ルアー
エアバッグバグ 1.6″( Fish Arrow)+SSフック#1(デコイ)
エアバッグバグ 1.2″( Fish Arrow)+SSフック#2(デコイ)

エアバッググラブ タックル
ロッド スティーズ641LFS-SV キングボルトFスペック (ダイワ)
リール ルビアス 2004 (ダイワ)
ライン G-soul アップグレード X8 1.5号 (YGKよつあみ)
ルアー エアバッググラブ 4.6″( Fish Arrow)+キロフック#2/0(デコイ)

P6010987 P6011037

フラッシングタイラバレポート2016.06.15掲載

タイラバのフックにフラッシュJ SWをチョン掛けする「フラッシングタイラバ」が釣れると話題になっているので、愛媛県・松山の黒岩フィッシングサービスさんにタイラバに行って来ました。

タイラバと言えばスカートにネクタイが一般的なのですが、最近になってワームをトレーラーにするタイラバが流行っています。

これは、スカート+ネクタイよりもワームの方が水を大きく動かす(波動が大きい)のとワームにしか出せない複雑なアクションや匂いと言ったタイが好む要素があるからだと思われます。

今回チャレンジした「フラッシングタイラバ」は、フラッシュ Jをタイラバのフックにチョン掛けしただけのものなのですが、フラッシュ Jならではのアルミホイルの“フラッシングとリアルさ”、そして“アクションと匂い”で「ベイトフィッシュ」を意識した新しいタイラバの形だと言えると思います。

またフラッシュ Jは、他のワームとは違い「リアルな目」が付いているため、そこをタイが狙って喰うため、バイトがあれば必ずフッキングに持ち込むことができました。

今回は、ポイントによって1インチや1.5インチスリムと言った小さなワームが連発したり、ポイントによっては、3インチのシャッドテールやグラブが連発したりとボリュームの違いによるバイトの差が頻繁に起こりました。

これは、ポイントによって喰っているベイトフィッシュのサイズが違うからだと思います。

どんなフィッシュイーターも同じで、喰っているベイトフィッシュのサイズに合わせる“マッチ ザ ベイト”を意識したほうが釣れると言うことだと思います。

ベイトフィッシュを喰っている時は間違いなくフラッシュ Jをチョン掛けしたフラッシングタイラバが炸裂すると思うので試してみて欲しいと思います。

今回使ったフラッシュJは、①フラッシュJ1”SW、②フラッシュ Jハドル1”SW、③フラッシュJ1.5”スリムSW、④フラッシュ J3”SW、⑤フラッシュJシャッド3”SW、⑥フラッシュ Jグラブ3”になります。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:紅牙AGS N69MHB-METAL(ダイワ)
リール:キャタリナBJ 200SH (ダイワ)
ライン:スーパージグマンX8 0.8号(よつあみ)
リーダー:スリム&ストロング 3号(よつあみ)

P6071081-550x413P6071144P6071176-550x413wpid-1465266836499-550x734wpid-dsc_2608-550x978P6071195P6071065wpid-dsc_2613-550x309DSC_2641-550x309IMG_4391P6071148P6071126

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212