釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 楠本 直樹

楠本 直樹BASS Field Tester

最近のマイブーム2011.07.29掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォトお久しぶりです。
最近マイブームなのが、野池のウィードマットでのヘビーテキサスを使ったパンチングです。

攻め切る人も少ないので、専用のタックルを用意し攻めれば、結構イージーに喰ってくれますよ!!

ロッドはフィリッピング用のものが絶対必要。
巻き上げパワーのあるリール、シンカーは1oz前後をウィードの厚みによって使い分けます。

ラインは ガリスウルトラキャストマンWX8 PE セカンドバージョン の5号をメインとしています。パンチングの場合、何かにいつも擦れている状態で使うので、ラインは強度も重要ですが直径で選びます。

フライ気味にキャストし、ウィードマットを貫き、中のドームで喰わせます。

藻穴のエッジに引っ掛けた状態で、キレの良いリフト&フォールで誘うのですが、この時、一般的な4本組のPEラインだと編みの段差でウィードに対しノコギリ的な効果があり、誘い時に音鳴りがし喰いが悪く、フォールも抵抗で遅くなり、リアクション効果が得られ難くなります。
さらにウィードの摩擦抵抗でフッキングミスも多発します。

しかし、高密度8本組のガリスウルトラキャストマンWX8 PE セカンドバージョンだと、直線性、表面滑性が抜群に良いので、音鳴りもなく、フォールも抵抗なく落ち、フッキングもバンバン決まります。

そうそう!あとラインカラーがホワイトなので、先端2m油性マジックの黒で塗ると、喰いも良いですよ!1日ぐらいなら着色率も良いので、十分1日持ちます。

距離を調整できるボートからとは違い、オカッパリからのパンチングは、より細かいセッティングが要求されます。ラインを替えるだけで、ビックリするほど釣りがし易くなりますよ!

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ヤフー動画、ザ ストロングパワーベイトVol.28「秘密兵器!フリルシュリンプ編」2009.09.01掲載

この秋、スティールハントから出す予定の“ブーム間違いなし?”のシュリンプ系ワーム“フリルシュリンプ”のパワーをお見せしたかったので、シャローに抱卵した手長エビが多い、標高の高い場所にあるリザーバーにザ ストロングパワーベイトのロケに行ってきました。
狙う場所としては抱卵した手長エビが身を隠せれる様なゴロタ石やブッシュなどのシェード絡み。MAX水深で3mぐらい。バスが好きそうな場所を探すよりも、メインベイトの手長エビが居そうな場所を釣っていく方が、攻略としては単純で簡単です。基本夜行性ですが、日中でもシェードの濃いエリアでは積極的に活動します。たぶん日本で一番バスに食べられているベイトに間違いない!
結果から言うと、「反則じゃね?」な、ぐらいの爆釣でした。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD  F3・1/2-70XSGti JADEPYTHON(メガバス)
REEL  CERTATE 2506 FINESS CUSTOM(ダイワ)
LINE Finesse Stage 18LB (1.2号)(よつあみ)
LEADER  カイソウハリス 2.5号(よつあみ)
LURE STILLHUNT フリルシュリンプ(プロト)
          +
      ガードスピンジグ パラシュート 1/16oz(ケイテック)
SUNGLASSE Astro-5(パズデザイン)
リップラップやブレイク、通常のカバーはフリルのネコリグ。濃いカバーならスモラバのトレーラーとして使用。手が出ない被さり系のカバーは、手長エビにも見える?“ハドルバグ”のバックスライドで攻略しました。
実は、手長エビは小さいサイズのものからハドルバグのような大きなサイズのものまで色々なサイズものがいるので、マッチ・ザ・ベイトを意識したサイズをセレクトするのも釣果を伸ばすコツでもあります。

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD   F1-63XS Dti LYCAON Evolution(メガバス)
REEL CERTATE RCS2004エア(ダイワ)
LINE  DARM 3LB(よつあみ)
LURE STILLHUNT フリルシュリンプ(プロト)
    (1/20ozネイルシンカー)
HOOK モスキート HG #2(ノガレス)
       +     
ネコリグマスター #S(ノガレス)
SUNGLASSE  Astro-5(パズデザイン)

YGK UOYA フィールドテスター フォト

ROD F7-711X  SEVEN ELEVEN(メガバス)
REEL  STEEZ 103HL(ダイワ)
LINE  DARM 14LB(よつあみ)
LURE ハドルバグ(フィッシュアロー)
(テールに1/32ozネイル)
HOOK ビッグバイトフィネス #1(カツイチ)
SUNGLASSE  Astro-5(パズデザイン)

今回のヤフー動画、ザ ストロングパワーベイトVol.28「秘密兵器!フリルシュリンプ編」は9月1日(火曜日)配信です。
生きた手長エビとの夢のコラボもあるので、とりあえずは動画にて“フリルシュリンプ”のパワーを感じて見てくださいな!

久しぶりにヤフー動画の人気番組、「ザ・ストロングパワーベイト」2009.05.26掲載

久しぶりにヤフー動画の人気番組、「ザ・ストロングパワーベイト」のロケに行って来ました。ボートからの取材が多いのでオカッパリからやって欲しいと言うことなので、香川県の野池を数ヶ所セレクトし、順番に回って行くことに。
最初の池に着き水中を覗いてみるとネストは見られない。が、ちらちらと表層をフラフラ泳ぐ魚影は見える。ポスト~アフタースポーンな感じなので、とりあえずストライクベイト4.5inchのノーシンカーをシェードにスキッピンで入れ、タダ巻きで追わす釣りを意識し誘うと、ギルからバスまで小さなシェードで連発!!回復傾向のバスはスポーニング場所の近くのシェード集まるので、場所さえ見つければ楽勝!
カバースキッピングし易いワームを選ぶことも重要で、ストライクベイトほど誰にでも簡単にスキッピング出来るルアーはない。ストライクベイトシリーズ最大の5.5inchに至ってスキッピング射程距離30mまでに及ぶ。

YGK UOYA フィールドテスター フォトこの時重要なのはタックルセレクト。スキッピング用に使ったのはFishArrow モンスタークイーンNEO―S610に、ラインはYGKよつあみ ニトロンPE FinesseStage 18LB+YGKよつあみ カイソウハリス2.5号をリーダーに1m程使用。
パワーとトルクのある全力全開で振り切れるロッド、ロングキャスト可能な細く軽く強いラインは、パワーフィネスの釣りには絶対になくてはならないものである。

次に選んだ池は全面ウィードだらけの池。
表層をストライクベイトのフラフラ引きで誘うも反応が無いので、ブラスターホグのテキサスリグでの、ウィードスリットやポケットの釣りに変更。
バスも正直なもので、あまり叩かれない場所に入れると連発☆
水面はウィードに覆われていても、根元も覆われている訳ではない。1本の根から枝分かれし伸びるので、意外と水中はスカスカなんです。マット系の釣りを覚えると、夏の攻略の幅が広がります。

YGK UOYA フィールドテスター フォトまあ、いろいろと詳しいことは配信日に☆
6月1日予定ですのでお楽しみに!!。

 

スキッピングタックル
ROD Fish Arrow MONSTE RQUEEN NEO NEO-S610L
REEL Daiwa CERTATE 2506 FINESS CUSTOM
LINE YGKよつあみ ニトロンPE Finessse Stage 18LB (1.2号)
LEADER カイソウハリス 2.5号
LURE STILLHUNT ストライクベイト 4.5inchと5.5inch

ウィードカバー タックル
ROD Megabass F5-69X BRIGANDAGE
REEL Daiwa TEAM DAIWA ZILLION 100HL
LINE YGKよつあみ DARM 16LB
LURE STILLHUNT ブラスターホグ

ザ・ストロングパワーベイト アジ編2008.11.10掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト先日、ザ ストロングパワーベイトのロケに行ってきました。

ちょうど新製品のスティールベイト “いちご”を発売した直後と言うこともあり、ターゲットは今巷で大人気のアジ!!
ゲーム性はもちろん、サイズの割に良く引くし、オカッパリで近所の海で釣れるってのも、魅力の1つ。あと、食べて美味い☆

道具は、アジゲー専用も発売され始めたが、メバル用や菅釣りロッドでも流用出来る。
今回私がメインで使ったのはキャロライナのフォーリング重視のボトム釣りには、操作性重視のこのセレクトで。
ROD megabass XOR 礁楽 SL-64SL
REEL Daiwa CERTATE 2000
LINE YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB
LURE STILLHUNT スティールベイトSW いちご
WEIGHT isoken ウエイトストッパー 3B~0.8号+Cultiva メバル弾丸 0.4g/#10
BOX Sparkle カスタムスタンド システムキット
VEST Pazdesign ラフトポーチ

YGK UOYA フィールドテスター フォト表層、中層のタダ巻きの釣りには、喰い込み重視のこのセレクトでした。
ROD オリジナルロッド RS-78UL 
REEL チームダイワS 2004C
LINE YGKよつあみ GALIS ROCK 月影 2.5lb
LURE STILLHUNT スティールベイト いちご+ オサムズ・ファクトリー ただ引きプルプル
JIGHEAD ロケットヘッド 1/16oz

当日の平均サイズは17センチ前後だったので、吸い込んだ時に口に入りやすい、ゲープ幅の狭めのものを仕様しました。
新しく始まった釣りはテクニック的なことばかりが先行されがちだが、実はタックルセッティングこそが重要。これが1番差の出る原因。

で!ロケ当日ですが、いろんな釣り方をやりましたが、1番「これだな!」とハマった感のあるテクニックは、カーブスローロールでした。リールを完全に止め、カーブフォールで喰わすのは、アジゲーではあたりまえのテクニックなのだが、水深が浅い所だと速くボトムに着き過ぎる。シンカーを軽くし対応したのだが、この日はフォールが遅いと見切られたので、カーブフォールさせながらゆっくりリトリーブすることで、重めのシンカーでのフォール時間を長くとることに成功し、激ハマリ☆
まあ、エギングでのシャロー攻略でもよく使うテクですけどね!

そうそう!この釣りにおいては、もちろんボトム重視のタックルを使うのだが、ラインは絶対にフロロカーボン!YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB がベスト。
フォールのバイトが解る解らないは、ラインをナイロンからフロロに変えるだけで、まったく違う。スプールや潮へのなじみ感、操作性、強度とも抜群である。

ザ ストロングパワーベイト アジ編は12月1日から配信開始ですので、お楽しみに。

STILLHUNT スティールベイト いちご
http://www.stillhunt.net/

オサムズ・ファクトリー ただ引きプルプル
http://osamus-factory.com

YGKよつあみ GALIS ROCK FC月影 2.5LB
http://www.yoz-ami.jp/Lightgame/015.html

ザ ストロンパワーベイト
http://videosearch.yahoo.co.jp/movie_search?vt=list&p=the+strong+power+bait&s=datenew

海でのシーバスのテスト2008.11.04掲載

こんにちは!スティールハントの楠本直樹です。

フィッシュアローの松本さんが、フラッシュJを使って、海でのシーバスのテストに来るとのことなので、一緒に行って来ました。

数日前の釣行でポイントは絞れていたので、開始直後にサックリとヒット!
ポイントごとにバイトもあるし、短時間ではあったが、かなり釣ることが出来ました。
フラッシュJをシーバスフィッシングに使う場合、メインのリグはジグヘッドリグ。それもダートヘッドを使った、ダート釣法がメインとなります。フラッシュJが3インチなのでバランスを考え、6g前後のダートヘッドを使用します。
基本アクションは、まんまエギの左右のダートアクションと同じです。ジグヘッドのウエイトや、狙うレンジ、左右のダートの幅やスピードを変えることにより、ほとんど、どのポイントにも対応することが出来ます。

他のダート系のワームとは違い、フラッシュJ独自の特徴として、ボディーにインサートされたアルミプレートが、左右のダート時にワームとは思えない美味しそうなフラッシングを発生します。あと、ボディーに骨(スパイン)が通っていることにより、ダートアクションの幅とキレが、他の同クラスのワームと比べ圧倒的に良いです。

いろんな魚種に使えるワームだと思いますので、発売をお楽しみに!

今回の釣行は動画でも撮影しているので、何かで配信されると思いますよ。

タックルデータTACKLE DATE
ROD:Fish Arrow MONSTE RQUEEN NEO NEO-S610L
REEL:Daiwa CERTATE 2506 FINESS CUSTOM
LINE:YGK G-soul WX8 0.8号
LEADER:YGK DSVショアリーダー 16LB
LURE:FishArrow フラッシュJ (プロト)
JIGHEAD:Cultiva ドリフトアックス 6g