釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター 浅井 勲

浅井 勲EGING Field Tester

島根-出雲釣行2013.05.24掲載

こんにちはエギングフィールドスタッフの浅井です。 今回は5月18~20日に島根県の出雲エリアでの釣行をレポートさせて頂きます。 通年、出雲エリアでは大型のアオリが釣れる時期はGW前後のこの時期に当たり大変な賑わいをみせる。実際の前情報でも釣れているとの事で満を持しての釣行である。 しかし現場で話を伺うと、ここ数日はあまり芳しくないようである。 原因は連日のプレッシャーか潮の具合が悪いのか?は定かではないが、良くも悪くも狙うしか無いのである。 そうと決まればポイントのセレクトなのだが、平日にもかかわらず地磯には人が入れ替わり立ち代りしているので空いているポイントは無い状態なので、年に数回おじゃまさせて頂いている幕島渡船さんを利用する事にした。 まずは岸寄りの比較的大きな沖磯を選択。 このポイントは周りに藻場が点在する産卵場に適した要素が整っている。水深はシャロー側が3~4m、沖のディープ側が5~8mのポイントで朝一の高活性狙いではダートを使った早いテンポの釣り。 日中ではスリットやシェードを意識したボトムを意識した釣りが良いように感じた。 まずはシャローエリアからサーチするが見えイカの姿は確認出来ない。所々、藻がキツイので、竿さばきとラインコントロールが必要となる。 今、私が使用しているラインはGESO-X PE1号なので視認性が良く藻場を攻めるには十分な強度を兼ね備えているので春の大型アオリ狙いには強い武器となる。 しばらくシャローを攻めるが反応がないので、今度は回遊狙いでディープエリアをチェック。このポイントも強度のあるラインのおかげでボトムまでキッチリ探る事が出来る。通常であれば敬遠されがちな海草ポイントだが少々の無理は利くので春の釣りでは強いアドバンテージとなる。遠投後、ボトムから数回誘い上げた所で少し違和感があったのでテンションフォールさせて待っているとアタリが出たので少し送り込んでフッキング・・・がっ!スッポ抜けてしまいミスバイト。すぐにフォローを入れるが追いアタリは無い。その後しばらく粘るが釣れる気配が無くなったのでポイントを移動。 次に入った場所は少し沖合いに浮かぶ回遊ルートのようなポイントで隣接する磯の水道部とその周辺の藻場エリアとオープンに開けた沖合いがポイントになるエリアで水深は水道部で3~5m、沖向きで12~15mといった感じのポイントである。 まずはエギを遠投してボトムをチェックするがブレイクや藻も絡んでこないので沖合いのボトム形状は砂地のようである。気が付けば風が強くなってきている。アタリの取りやすい位置でポディショニングして中層を狙うがアタリは無い。フッと気付くと少し離れた場所で沖に払い出すカレントのような潮目が目に付いたので移動して払い出し付近をチェック。アクションの度に横風でラインは孕むが竿先でラインをメンディングしてエギを潮に乗せてラインを送り込んでいくと・・・ラインがフッっと拭けたのでスイープにフッキング。寄ってきたアオリは1500gであった。このような場合でも視認性の良いラインは頼もしい。何より回遊待ち狙いの場合は集中力が必要となるのでチョットした変化も見逃さない高感度の視認性の良いラインが強い味方となる。 後日も同じパターンで数杯追加、イメージ通りの釣りが出来る事は数やサイズに関係なく自分にとって価値のある一杯となりました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 POWER TRAIN>
エギ /     同上     <プロスペック4号>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <GesoX WX8・PE1号 160M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>

関東の伊豆半島釣行2012.12.12掲載

皆さんこんにちは、エギングフィールドテスターの浅井です。 今回は11月24/25日、2日間に渡り関東の伊豆半島に行って来た様子をレポートさせて頂きます。 以前も伊豆エリアでの釣行をご紹介させて頂きましたが、今回釣行したのはサーフエリアでのエギングです。 伊豆半島のアオリ狙いですが今年は好調の為、連休ともなれば足場の良い漁港や実績ポイントは沢山の人が入り釣りが困難な状態になるほど激戦区となります。そこで目を付けたのがポイントの広いサーフエリアなのです。 このエリア(静岡)のサーフは独特の形状を持ちサーフエギングに適したドン深サーフが広がります。問題は広いサーフの中からどの様にポイントを絞り込むかです。 優先順位は下記となります。 1. 風向き 2.水深 3.底質 4.ウネリの向きなどです。 風向きで大きく分けてエリアを絞ることが出来ます。東寄りなら沼津、西寄りなら焼津、南寄りなら清水になります(参考)。地形は細かな砂利より、粒の大きな玉砂利が良いように感じます。また、カレントが出やすいポイントが狙い目となり、ブレイクも数段階に分かれているポイントがあるのでブレイクを中心に探っていきます。 当日に入ったのは沼津エリアのポイントで、若干の追い風でウネリも無く釣りやすい状況であった。遠投の効く4号エギをセットして追い風に乗せてロングキャスト。ボトム着底後、ロングジャークで探っていくとフォール中のボトム付近でエギに重みが伝わってきたのでアワセを入れると中々の重量感である。寄ってきたのは900gであった。アタリが遠のいたら少しづつ横移動しながらエギのカラーをチェンジしてボトム付近を探るパターンで釣果を伸ばしていく。気が付けば1.1kgを頭に12杯の釣果であった。翌日も同じポイントに入るが2杯が釣れただけで思うようにヒットしない。ポイント移動を繰り返してしばらく粘るが、昨日より潮が動かずアタリが無いので終了とした。 釣りムラの多いサーフエギングであるが、ポイントの読みとメソッドが合えば好釣果が期待出来るエリアでもある。また、エギの飛距離やアタリの感度も大きな武器となるのでラインは重要である。私が今回、使用したラインはジギング用のULTRA JIG MAN WX8 0.8号 200Mであったが、これは日中サーフでのジグキャストを考えてのことである。キャスタビリティも良く非常に使いやすいラインであった。 これからのシーズンますますサーフのアオリ狙いがヒートアップしてくるシーズンなので皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 POWER TRAIN>
エギ /     同上     <プロスペック4号>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <ULTRA JIG MAN WX8 PE0.8号 200M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>

伊豆釣行2012.10.25掲載

皆さんこんにちは、エギングフィールドテスターの浅井です。 今回は10月13日に関東の伊豆半島に行って来た様子をレポートさせて頂きます。 今春シーズンは好調であった伊豆半島。当然、新子の成長が気になります。 という事で、秋アオリ釣りに行ってきました。 いつもであれば南伊豆まで足を伸ばすのですが、今回は伊豆半島の付け根の沼津エリアに釣行。このエリアの特徴は何といっても沖にはディープな駿河湾が控えていて魚種は豊富なエリアである。 半島の南に行くにつれて磯場が広がりサイズは望めるが交通のアクセスが悪く、秋のシーズンに釣行するのはリスクが高いので今回は交通の便が良くお手軽な沼津から大瀬崎の間をランガンすることにした。 当日は快晴で風も無く釣り日和だが潮は小潮。まずは、このエリアでは水深のある江梨よりスタート。 水深があり潮通しが良くゴロタの絡むポイントなのでアオリの溜まりやすい地形が続いている。足場の良い漁港回りは既に釣り人で賑わっているのでバッティングの少ない磯場にエントリー。前情報では水温が高く、青物の活性もまだ高いようである。実際に水温計で計測すると水温は24℃もあった。 今回は不意の青物対策としてラインをジギング用のULTRA JIG MAN WX8 0.8号 200Mを巻いてのチャレンジである。 3.5寸をキャストしてボトムを取った後に3~5回軽くジャークで誘いテンションフォールでアタリを待っているとブレイクのボトム付近で押さえ込むような感触があったので、そのまま張らず緩めずでステイキープすると、ゆっくり持っていくような感覚。スイープに合わせると引きが伝わってきたので、慎重に寄せてくると500gのアオリであった。この時期にしては良型である。その後もボトム付近で連続してヒット。今日はこのパターンが有効のようである。試しに中層のレンジをダートを交えた早い釣りで誘うとひったくるようなアタリはあるがサイズが100~200gと小さい。 日も昇りアタリも遠のいたのでポイントを移動しながらランガンで狙うが釣れるサイズは100~200gが中心である。どうやらこのサイズがアベレージのようである。 サイズアップを狙う為、夕マズメに再度狙いを付けて休憩を兼ねてサーフのキス釣りにチャレンジ。もちろんタックルはアオリ狙いのままでオーケーなので手軽に狙えるのも嬉しい。PEラインの感度が良いので小さなキスでも容易にアタリが伝わってくる。しばし入れ食いモードに突入して気が付けば、既に夕マズメになろうとしているので急いでポイントを移動。 再び朝のポイントに入り直して狙うが・・・ヒットしてくるのは200gであった。完全に日が落ちて少しの間、粘ってみるが良型がヒットする事は無く納竿とした。 今回の伊豆釣行では秋パターンを堪能する事が出来た。これから、秋も深まるに連れて一潮ごとにアオリもサイズアップしてくるシーズンなので皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 POWER TRAIN>
エギ /     同上     <プロスペック3.5寸>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <ULTRA JIG MAN WX8 PE0.8号 200M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>

南紀釣行2011.12.15掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト YGK UOYA フィールドテスター フォト

YGK UOYA フィールドテスター フォトご無沙汰しています。
エギングフィールドスタッフの浅井です。
12月10日、和歌山の南紀(串本)に行って来た様子をレポートさせて頂きます。
最近、めっきり寒くなり海の状況にも徐々に変化が現れてきました。
というのも、今までの秋の釣りではまったく反応が無く釣れないのである。反応が有るのはナイトのみ。となれば、思い切ってデイはあきらめてナイト釣行にチャレンジしてみました。
当日はちょうど、満月に当たるのでナイトゲームには打って付けなのだが・・・風が強いので、風裏を探して明るいうちにポイントチェック。
なんとか入れそうな磯場に夕マズメから入りゲームを開始。
狙うポイントは水深のある岬の先端で、この時期から釣れ始める回遊パターンが狙いとなる。このようなポイントは群れで回遊している事も多く、良型の連続ヒットが望めるポイントでもある。
日没直後に遠投のボトム付近で違和感が有り、効き合わせを入れるとイカの反応。上がって来たのは400㌘の小ぶりサイズ。
すぐに、同行者にも600㌘サイズがヒット。その後もパタパタと同サイズを数杯追加したところで風向きが変わりウネリも出てきたので岬の先端ポイントを断念。
地合い到来であっただけに残念ではあるが、無理は禁物なので先端ポイントから水深のあるワンド奥に移動。

YGK UOYA フィールドテスター フォト幾分かは風がかわせるので、キャスト後のスラッグに注意すればエギをコントロール出来そうである。
キャスト後に素早くスラッグを取り、ロッドティップを水面に近づけて、再び糸を送り込みながらエギを着底。誘いを開始して無駄なスラッグを出さないようにコントロールすれば、風の中でもトラブル無く釣りが出来る。
キャストして数投後、ジワリ押さえ込むようなアタリがあったので一気にフッキング。ボトムで掛けたので、そこそこの重量であったが・・・徐々に軽くなり・・・上がって来たのはキロクラスであった。
その後もヒットするがサイズダウン。
ムーンライトに雲が掛かり、雲行きが怪しくなってきたので納竿とした。
今回の南紀釣行では秋パターンから冬パターンの変化を感じる釣行となった。
これから、寒さが厳しくなるに連れて南紀のアオリもサイズアップしてくるシーズンなので皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 POWER TRAIN>
エギ /     同上     <プロスペック4寸>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <GesoX WX8・PE1号 160M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>

アオリ&根魚 八丈島遠征2009.08.25掲載

YGK UOYA フィールドテスター フォト YGK UOYA フィールドテスター フォト

YGK UOYA フィールドテスター フォトこんにちはエギングフィールドスタッフの浅井です。
今回は5月末から1週間の日程で八丈島遠征の様子をレポートさせて頂きます。
狙いはアオリ&根魚。特に大型のアオリに的を絞り釣行。

普段は南紀をメインに釣行しているのだが今年は今一つ状況がパットしないのである。
それならばと遠征を決意、梅雨入り直前を狙い日程を組み立てての計画である。
八丈島は東京から300㌔南に位置し黒潮の影響を強く受ける。魚種は豊富で釣り人にとっては好ポイントが広がり青物、底物も良く釣人やダイバーにも人気が高い。

1周60キロと島は大きく、ひょうたん型をしており溶岩帯の磯場が広がるのが特徴の島である。ムロアジの接岸が今回のキーポイントになりそうである。
漁港は数箇所あるので風裏を探す事は容易であった。
底土キャンプ場にベースを構え50ccスクーターをレンタルしてランガンスタイルでアオリを迎え撃つ作戦なのである。
どの漁港も水深があり潮の流れもあるので漁港といえども好ポイントなのである。逆に磯場は時折り大きなウネリがあるので油断は禁物。

YGK UOYA フィールドテスター フォト夕まずめに狙いを付け足場の良い八重根港をサーチ、水深は8~10m緩やかに潮は流れている。地元のイカ狙いらしきアングラーは大餌木を磯竿にぶら下げベイトリールを使い遠投で底をズル引いているようである。そのスタイルはクーラーボックスに腰を掛け時折りロッドを大きくシャクるアクションである。
少し離れた場所に竿を出させてもらい、いつものようにジャーク開始。4寸エギを着底後、激しいジャークを4~5回入れテンションフォール。2セット目のフォール時にロッドに微妙な変化があり少し送り込んでから一気にフッキング。
根掛かりのような重量感のある引きがエギ・ライン・ロッド・リールを通して伝わってきた。時間をかけて無理せず浮かせて寄せてくるとデカイ! 

幾度のジェット噴射をかわしランディングに成功!!
重量を測ると3.7kg、自己記録を軽くオーバーしていた。
その後も日を変えて狙うがアオリが出たのはこの1杯だけであった。
日中は日差しが強くアオリは出そうにないのでタイラバで遊ぶとハタ系の魚が釣れた。
今回カンパチを釣る事は出来なかったが条件が揃えばヒットする事も可能なので次回に
チャレンジしたい。又、今回巻いたラインはGesoX WX8 1号 160Mなのでメタルジグ遠投も出来るので頼もしい。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド/カンジインターナショナル<EX-80 Expedetion プロト>
                <CN-85 SJ-custom>
エギ /     同上     <プロスペック4寸>
リール/ダイワ         <ブランジーノ3000>
ライン/よつあみ        <GesoX WX8・PE1号 160M>
リーダー/よつあみ       <GP-Z 3号>