釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 清水和行 > チャートマジック

清水和行

チャートマジック2019.04.06掲載

例年に比べかなり暖冬だったこともあり、今シーズンは早く開幕するだろうと早めに準備をしていた。しかし、桜の開花に合わせるように魚の動きも一進一退、寒さが和らぐ午後からフィールドへ向かってみた。

 

風がやや冷たくロッドを持つ手も少し強張る感じだが、陽射しを受けるエリアは水温も少し高い。鯉も産卵行動を開始している個体もあり、そんな時はいつも通り少し沖側から回遊してくる個体を探す。

よく質問をいただくが、どのようにしてそのような個体を探すのか?ライギョフィッシングもどんな釣りもすべて同じで、フィールドの地形変化には特に気をつけたい。そして風や水位、様々な事象を考慮して魚の動きを予測する。ここが一番面白いところだと思う。

 

風は止むことなく吹き続けているが、強弱がついてきた。

水面を走る風でさざ波は消えないが傾く太陽との角度を考慮したポジショニングだから気がつけたのか?水面直下で大きな魚が動いた様な「うず」を見つけた。一瞬、鯉かなと迷ったが、それとは少し違う感じだな、と思ったと同時にタイニーコヨーテ(プロトタイプ)をキャストしていた。そんなに遠くはない30m程の沖。「バルゴスExcellent PE WX-8 GP-D 80lb.(5号) ウグイスグリーン」は風の中でもコントロールし易いので、いい角度とスピードで着水。こちらの意志を正確に伝えてくれるラインの選択こそライトカバーゲームでは特に重要である。愛用しているアナコンダAN-LWS70L(ライトアクション、プロトタイプ)とのセッティングが自分自信の感覚とリンクするのが心地よい。

 

着水からの緊張感はこの釣り特有だ。春に効果的な緩やかなアクションを与えてみる。反応がない。が、魚はきっとそこに居るだろう。誰もがこの瞬間に様々なデータから次のアクションを探し出す、そしてこの時選択したのは盛期に多用する強めのスピッティング!勝負してみた。

「ばふっっっ!」と強烈なアタック音が余韻を残しながら、バルゴスを水中へ引き込んでいく。

慌てずにベリーへ「曲げ」を入れていくようなスウィープで、バットまで重量感が伝わって来た。大物だと直感し、ロッドを立て過ぎずベンディングカーブを調整しながら丁寧にファイトを始める。岸に近づくと暴れ狂うが落ち着いて対処出来るのもLWSの魅力だ。穏やかにハンドランディングすることが出来た。

 

キャスト直前に交換したチャートブレードが効いたのか?

シーズン開幕早々にキャッチ出来たモンスタークラス。信頼出来るバルゴスに感謝したい。

 

 

チャートマジック①

春の美しい魚との出会いは、毎回とても気持ちが昂る。自身の釣りに「バルゴス」は欠かせない、このラインは自分にピッタリマッチしていると思う。

 

チャートマジック②

コンディションの良い春ライギョ。

 

使用タックルは下記の通り。

春~初夏、オープンウォーター~ライトカバーエリアでの近~中距離(40m程度)に適したバランスタックルである。水面で勝負するこの釣りには特に、優秀な偏光グラスは必須アイテム。

チャートマジック③

タックルデータTACKLE DATE
ライン:YGKよつあみ「バルゴスExcellent PE WX-8 GP-D 80lb.(5号)ウグイスグリーン」
ロッド:フィネス「アナコンダL.W.S. AN-LWS70L(ライト、プロトタイプ)」
リール:ダイワ「タトゥーラHDカスタム150SH-TW(Wombat SPチューンモデル)」
フロッグ:フィネス「タイニーコヨーテ(プロトモデル)+ チャートブレード#1」
偏光グラス:ザ・レンズTALEX「トゥル―ビュースポーツ」&ジール社フレーム