釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 加地 武郎 > 鳴門シーバスレポート

加地 武郎

鳴門シーバスレポート2019.04.02掲載

鳴門のシーバスのハイシーズンと言えばやはり北西風の吹き荒れる11月~1月でゴロタ浜での朝マズメ狙いですが、今回はまったく違ったアプローチで狙ってきました!
3月終盤の南風が吹く夜にボートゲームにチャレンジしてきました。
夕マズメから出船し沖の島周り中心に打っていきますが無反応…。この日は20時頃に良い潮が走るので焦らずその時を待ちます!
20時にさしかかる頃に効き始めた潮に乗せて14㎝のフローティングミノーをドリフトしているとガツンとファーストヒット!
まずは居着きの小型が食ってくれました♪
コレを皮切りに流せばアタる無限バイトとなり、まだまだ痩せている個体も多かったのですが中には丸々と太った個体もあり十分に楽しませて貰いました!当日は少し太めのラインセッティングでメインラインはGーsoul
wx8 UPGRADE
#1.5にガリスショアリーダー30lbでやり通しました。ラインブレイクやライントラブルは1度もなく快適に釣りができるのも信頼できるラインがあってこそ!やはりラインは重要と再認識しました☺

1554078391709 1554078399379