釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 2019年度初投げ釣り大会レポート

矢野 勝彦

2019年度初投げ釣り大会レポート2019.03.26掲載

徳島サーフキャスティング協会の、2019年度初投げ釣り大会に参加した模様をレポートいたします。この大会のルールとしては、前日の19時より釣りを開始し、午後1時までに計量場所に帰着と言うルール。審査は、本賞がカレイ・アイナメ(どちらでも良い)二匹の長寸で競い、それ以外に他魚の部でも表彰枠を設けています。

今回の釣行に際し、思い描いた構想は、夜釣りでキビレ(他魚)・夜が明けてからカレイ(本賞)を二匹以上釣る!高い理想しかない計画でした。最初に入ったのは、旧吉野川河口にある撫養川。ここでは、アイナメ・キビレ狙いで竿を出しますが、小さなアナゴが二匹釣れただけで後が続きません。2時間ほどでギブアップし、小鳴門筋へ場所を移動してアイナメ狙いに変更します。30程経った頃、竿先に付けていたケミホタルが小さく揺れます。竿を手に持って魚信を確信し大きく合わせを入れると30cm近いカサゴが釣れました。その後、少し粘って場所移動。今切れ川まで帰って来てキビレ狙いです。ここでは中型のエイとの格闘後に、30cmと38cmのキビレが釣れ楽しませてくれます。朝まで頑張っても良かったのですが、翌朝に備えて少し仮眠を取ります。カレイ狙いの場所は鳴門の里浦海岸。昨年末にも釣っているので期待しての竿出しです。早朝は、潮が速くオモリが止らない状況で苦戦します。潮が少し緩みかけた頃アタリがあり38cmのカレイをゲット。大きなカレイに嬉しさが込み上げてきます。30分位経った頃、竿を引き込む大きなアタリが出たので合わせます。これまでにない重量感とシメ込みを楽しみながら上がって来たのは、何と43cmと39cmのマコガレイでした。二本針で、新しく考案したテーパーラインに付けた針に43cmが掛かっていました。久しぶりに足が震えた瞬間でした。同時刻に仲間も41cmのマコガレイを釣っていたので、時合いの大切さも実感いたしました。

大会は2匹の長寸なので、この39cmと43cmを提出し、見事優勝する事が出来ました。

 

今回使用したタックルは、MOPE モーリー投げPE1.2号、アタッチメントテーパー(レッド)3号~12号、ハリススペシャルフロロカーボン4号。オモリは影山産業の連23~27号。竿はがま投げバトルサーフ33号430を使用。

image1 image3 image4