釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-75[北海道★イトウ編]

鵜山 和洋

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-75[北海道★イトウ編]2019.01.24掲載

今年もガイアナ帰国後(毎年同じルーティーン^^;)春のシーズンに続き、冬の凍結前のイトウを狙いに行ってきました。春は単身だったのとサイズも80cm止まりと微妙だったのでレポートはなし^^;今回は海外(Malaysia、中国)より友人を案内する為、最初からテッパンの河へ直行。とりあえず釣ってもらいたく中流域の、自分が最も自信のあるポイントへ直行。上げ下げ両方のタイミングを狙い撃つべく極寒の河に浸かり杭のようになっていただきましたw

 

しかし、ゲストさん皆、世界中を釣り歩いているだけあり見事に全員がキャッチ!しかも中国BKKの副社長氏は98cm8kgオーバーの極太個体をキャッチ。なんとか任務成功で2日の実釣を経て稚内へ早上がり^^

 

翌日、飛行機が飛ぶまで、違うエリアに入るが私が1本キャッチしたのみでタイムアップ…。昨年の同時期は猛吹雪で飛行機が欠航して散々な目にあったので、今回は事前に確認→無事に羽田まで戻り各々の国へ帰国していきました。

 

今回、イトウ釣りに使用したタックルはテスト中のHUGE7.6ftの3ピース・スピニングにリールは3000番。ラインは、G—soul X8の1.5号を巻いて1日目を終了。翌朝、やはりマイナス気温になるとPEの凍結トラブルが否めないので、今回は変えスプールを準備していきました。ナイロンは先日発売された一撃ソレイユ・スーパーソフト16lbを使用。しなやかで高結束、低劣化、しかも500mで¥1600というコストパフォマンス!私は面倒くさくても釣り終わりで毎日、巻き直し使っております。もしもの大物で後悔したくないのと、値段的に巻き直し可能な金額だと思うので冬季イトウ釣りの場合、釣り終わりで私は巻き直しをオススメします^^;

02 03 04 05