釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 岡澤 孝幸 > 初釣りはやはり南紀メバル‼

岡澤 孝幸

初釣りはやはり南紀メバル‼2019.01.16掲載

釣り納めが良かっただけに初釣りも南紀メバルに(笑)
今回は少し狙い方を変えてみる作戦に。
ラインを細くしオープンエリアでプラッキング攻略。
ラインはupgradePE X4 0.4号にリーダーはGP-Z1.5号。
飛距離を出して広範囲をサーチ。
プラグはフローティングタイプを使い水面直下を引けて止めてトップでも食わせてやろうと(笑)
磯場のオープンエリアはあまり叩かれていないであろうと、1匹目のサイズに期待を込める…
開始数分、1発目は33センチ‼
南紀では大きいサイズではないが、フレッシュなスポットである証拠のサイズ。
僕は1つのバロメーターとして釣れたサイズでエリアの選択をし移動するか、そのポイントで粘るかを決めています。
あくまでめ南紀メバルはサイズ狙いの為の攻略です。
そこから50メートル範囲で連発‼
サイズも33センチばかり(笑)
最後に31センチが出てストップフィッシング。
ラインも今回upgradePE x40.4号でしたがラインブレイクなしで二桁、獲る事が出来ました。
まだまだ30後半が出るエリアで、狙うポイントやスポットでラインを使い勝手分ける事で、新たな可能性が広がると思います‼

タックルデータTACKLE DATE
ロッド ブリーデン
TX83PEspecial
リール シマノ2000HG
ルアー ブリーデン
ビーナッツ
ライン よつあみ
upgradePE X4 0.4号
リーダー
GP-Z1.5号

20190103_215208