釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 末次 広和 > 秋のヒラマサキャスティング釣行

末次 広和

秋のヒラマサキャスティング釣行2018.11.05掲載

今回は呼子のサンライズさんにお世話になり、
秋のヒラマサをキャスティングで狙ってきました。
 
今回のタックルセッティングは試作キャスティングロッド4機種にオッズポート4~10号をそれぞれにセットしました。
メインで使用したタックルは5と7パワークラスのキャスティングロッド。
5パワークラスにオッズポート8号とリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー110 lb.をセットし、7パワークラスのロッドにはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.の組み合わせで秋のヒラマサに挑みました。
始めのポイントではバイトはなく、この日の本命ポイントへ入りヒラマサの反応を探りました。
流し始めてしばらくして大きなバイトがありましたが、フッキングせず次のキャストで8キロクラスのヒラマサをキャッチ出来ました。
このポイントでは10キロ程のヒラマサを頭に数本キャッチし、ポイントを移動。
ポイント毎に大きなバイトはありましたが、ヒットに至らず初日は終了。
2日目、この日も前日に入ったポイントから探って行き、同船者が14キロのヒラマサをキャッチ。
活性が上がると5~8キロクラスのヒラマサが同時に複数キャッチされました。
活性が落ち着くと同時にポイントを大きく移動。
次に入ったポイントではキャスト開始から高活性なヒラマサのバイトが続き、この流しで16.6キロのヒラマサをキャッチ出来ました。
この時使用したラインはオッズポート10号にリーダーはキャストマンT-PⅢアブソーバー130 lb.をセット。
初期ドラグ負荷を15キロに設定してファイトしました。
同じタイミングで16.3キロのヒラマサもキャッチされました。
最後に入ったポイントで同船者が良型のヒラマサをキャッチし今回の釣行は終了となりました。
 
田代船長、2日間の釣行ありがとうございました!
画像提供:サンライズ・田代船長

タックルデータTACKLE DATE
■キャスティングタックル
ロッド:試作キャスティングロッド 4パワークラス
リール:ステラSW8000HG
PE:YGKよつあみ オッズポート4号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー60 lb.
初期ドラグテンション:6.5キロ
プラグ:パドルベイト165
フック:BONDAGE HOOK 9/0×7/0

ロッド:試作キャスティングロッド 5パワークラス
リール:ステラSW14000XG
PE:YGKよつあみ オッズポート8号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー110lb.
初期ドラグテンション:12キロ
プラグ:パドルベイト220
フック:BONDAGE HOOK 11/0×11/0

ロッド:試作キャスティングロッド 7パワークラス
リール:ステラSW18000HG
PE:YGKよつあみ オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:ダイブベイト240
フック:ST-66 4/0

ロッド:EX818CTR(プロト)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGKよつあみ オッズポート10号 
リーダー:キャストマンT-PⅢアブソーバー 130 lb.
初期ドラグテンション:15キロ
プラグ:パドルベイト240
フック:BONDAGE HOOK 13/0×13/0

画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥ 画像⑦