釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 小町 広一 > 「アジングにおける、失透ピンクのメリット」

小町 広一

「アジングにおける、失透ピンクのメリット」2018.10.10掲載

一年を通じて、楽しめるアジング。
秋は、数、サイズ共に狙える、ハイシーズンですので、東京湾のエキスパートである、澤村キャプテンのガイドで、ボートゲームへ行って参りました。

当日の天候は、晴れ。風の状況も、穏やかな予報でしたが、沖へ出てみると、台風のウネリが残っていたのか、比較的ウネリのあるコンディションとなりました。

繊細なアプローチでバイトを得ていくアジングですので、ウネリのある場合は、船の揺れによって、ロッドティップの感覚がボケてしまい、フッキングミスも増えてしまいます。

そんな状況に陥った場合、自分は迷わず、糸の変化でアタリを取りに行きます。

ラインスラッグが急に張ったり、逆に張っていた糸が瞬間的にフケたりと、様々なバイトを見せてくれる、アジですので、良くラインを観察し、視覚的情報と、手元感覚をリンクさせる事で、釣果アップへ繋がるのです。

そのような観点で、自分が近頃愛用しているのが、アンバーコードSG D-PETポリエステルです。このラインのメリットは、何と言っても、視認性の高さにあると、自分は感じています。

常夜灯下での釣りがメインとなる、アジングにおいて、このエステルラインに採用されている失透ピンクがとても見易いので、バイトを捉えるセンサー的役割を果たしてくれています。

また、しなやかさと結束強度の高さもあるので、トラブルレス!!
もはや、アジングシーンに欠かせない存在となっています。

澤村キャプテンもD-PETを愛用しており、二人揃って、秋の爆釣を堪能できました。
アジングは、まだまだこれからが楽しい時期です。
皆様にとって、良いシーズンとなる事を願っております。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:PALMS ピンウィール
リール:シマノ ステラ
ライン:YGK D-PETエステルライン(0.3号)
リーダー:アブソーバーFCリーダー(0.5号)
ジグヘッド:デコイ アジドライブ
ワーム:フィッシュアロー フラッシュJスリム1.5

IMG_3960 IMG_3961 IMG_3962 IMG_3964 IMG_3965 IMG_3966