釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイトVol.136レポート

松本 猛司

ザ ストロングパワーベイトVol.136レポート2018.09.11掲載

今月のザ ストロングパワーベイトは、東京湾でタチウオを狙ってきました。

東京湾タチウオは、深川の吉野屋さんでライトジギングテンヤを使いタチウオを釣っています。

ライトジギングテンヤは、PE0.8号以下の細号数ライン(GソウルスーパージグマンX8)を使ったゲーム性の高い新しいタチウオルアーになります。

東京湾タチウオルアー釣りと言えばメタルジグを使ったタチウオジギングがメインですが、ジギングテンヤシリーズを使うことでジグに反応しないタチウオを釣ることが出来るので、ローテーションさせることで、釣果アップが見込めます。

また、シャクった後にロッドティップに出るアタリを掛ける感じは、ジギングにはない気持ち良さと面白さがあるので、これから流行る釣りだと思います。

この日はかなり渋い状況でしたが、スタート直後からアタリが出ました。

しかし、バラシ連発でリズムに乗ることが出来ませんでした。

それでも、ティップに出るアタリを掛ける釣りは面白く、東京湾でも関西発のタチウオテンヤルアーのライトジギングテンヤが通用するのを確信しました。

東京湾タチウオはまだまあこれからですので、是非チャレンジしてみてください。

今回の模様は、9月13日のザ ストロングパワーベイト Vol.136でご覧いただけます。

タックルデータTACKLE DATE
ライトジギングテンヤタックル
ロッド:メタリア タチウオ M185(ダイワ)
リール:キャタリナ 100SH(ダイワ)
ライン:Gソウル スーパージグマンX8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー:スリム&ストロング フロロ8号(YGKよつあみ)
ルアー:ライトジギングテンヤ80g(フィッシュアロー)
ワーム:フラッシュJ 4”ルミノーバ(フィッシュアロー)

IMG_3747 IMG_3752 IMG_3753