釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 上原 和彦 > ちょっと一息イカメタル

上原 和彦

ちょっと一息イカメタル2018.09.07掲載

今年の夏はイカメタルに三回行きました。

夏の厳しい暑さも夜ならまだマシで、釣って楽しく、喰って美味しい釣りでした。

食材確保がメインのはずでしたが、いつの間にやらどっぷりハマりました。

はじめは水深60m前後の底付近きで釣りを開始。
周りが暗くなりライトを点灯した後は徐々にイカが浮いてきます。10m以内でもイカが掛かり、入れ喰いになることも度々です。

重要なのは竿先で当たりを取ることで、昨年までは柔らかいジギングロッドを使用していたため当たりも分からずダメダメでした。

しかしロッドをダゴチン竿に変えたら穂先での当たりが明確に分かり、釣果も大幅にUPして楽しめました。

この時期限定の釣りではありますが、大人の夜遊びとしては敷居も低く入門しやすいジャンルだと思います。

イカメタルでホッと一息充電できたので、この後は大きい魚を狙って頑張りまーす。

タックルデータTACKLE DATE
イカメタルタックル
ライン オッズポート1号
リーダー GALIS FCスリム&ストロング 19LB
ロッド イカダ 風月 180(ダゴチン竿)
リール グラップラー ST 150 HG

 1536278662883 1536278666051 1536278670191 1536278677085 1536278680229 1536278683508 1536278687035 1536278690494 1536278694541 1536278697578 1536278702463 1536278706146 1536278709135 1536278712189 1536278716286 15362787362351536278658321