釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイト Vol.134レポート

松本 猛司

ザ ストロングパワーベイト Vol.134レポート2018.06.29掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、大阪湾ボートアコウ釣り。

今年の大阪湾アコウ釣りは当たり年で、連日多くのアコウが釣れています。

これも2010年から続くアコウの放流事業があるからこそで、毎年10万匹のアコウの稚魚(10cm)が大阪湾に放流されています。

バスタックルで出来るうえ、強烈なファイターであるアコウは、ゲーム性が高いうえ、食べても美味しい高級魚なので、これから大阪湾を代表する人気ターゲットになることは間違いないと思われます。

この日は、堺のシーマジカルさんから出船。

今年好調のフラッシュJフラット3.5”SWのフリリグからスタート。

すると明るい時間帯から助っ人で来てくれていたシーマジカルのヤンヤンにアコウがヒット。

抜き上げたアコウがボートデッキに吐いたのがカレイの幼魚。

フラッシュJフラット3.5”SWにピッタリのシルエットをみて、今年フラッシュJフラット3.5”が釣れている理由が分かりました。

調べてみると、6月にカレイの幼魚(10cm)10万匹を放流したみたいでした。

フィッシュイーターであるアコウが大量にいるカレイを喰っているのは間違いなく、「マッチ ザ ベイト」を意識すれば必然的にカレイのシルエットに近いフラッシュJフラット3.5”SWが釣れるわけです。

「カレイパターン」が分かってからは、自信を持って使うことが出来、連発することができました。

44cmのグッドサイズのアコウを頭に3人で12匹のアコウをキャッチすることが出来、楽しいロケになりました。

今回釣ったアコウは全てリリースをしたのですが、30cm以下のアコウや食べない方は、速やかなリリースのご協力をお願いしたいと思います。

 

今回の模様は、7月12日(第二木曜日)配信のザ ストロングパワーベイト Vol.134でご覧いただけます。

タックルデータTACKLE DATE
大阪湾アコウ:タックル
ロッド:ステーズ STZ701MHFB-SV(ダイワ)
リール:ジリオン TW1516SH(ダイワ)
ライン:Gソウル アップグレード X8 1.2号(YGKよつあみ)
リーダー:スリム&ストロング 6号(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJフラット3.5”SW(フィッシュアロー)
シンカー:フリリグシンカータングステン 21g(フィッシュアロー)
フック:キロフック 4/0(デコイ)

P6110453 img_2968-2 akouおすすめ1