釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > The Hit大阪湾アコウ釣りレポート

松本 猛司

The Hit大阪湾アコウ釣りレポート2018.06.29掲載

今回のThe Hitは、今年当たり年の大阪湾アコウ釣り。

大阪湾では、毎年アコウの放流がされていて、昨年には16万匹のアコウが放流されています。

この放流の効果もあり、大阪湾では確実にアコウが増え、数年前から私たちも大阪湾ボートアコウゲームを楽しんでいます。

特に今年は、アコウの当たり年で、30cmクラスのアコウの数釣りが可能となっています。

また6月には、マコカレイ10万匹の放流もあり、アコウがカレイを吐くことが多く、シルエットがピッタリのフラッシュJフラット3.5”SWが爆発的なアタリルアーになっています。

ロケ当日も明るい時間帯から栗真くんが、フラッシュJフラット3.5”SWのフリリグの「カレイパターン」でグッドサイズアコウを連発しました。

「フリリグ」は、専用のティアドロップ型タングステンシンカーを使うことで、ボトム感知能力が高く、根掛かり回避能力が高いと言ったメリットがあります。

またワームがホップしやすいと言う性質があるので、カーブフォール中にバイトが良く出るアコウ釣りには欠かすことの出来ないリグだと言えます。

また大阪湾で使うウエイトは、10gから28gが必要で、ロケ当日も潮が速いうえ、風もきつかったので、28gメインで、やっと底が分かる感じでした。

暗くなり、アコウのベストタイムになると私のもアコウが釣れるようになり、カレイパターンが炸裂。

46cmのビッグアコウを頭に私と栗真くん2人で、11匹の爆釣でした。

バスタックルで出来るうえ、バスよりも強烈なファイトを見せるアコウは食べても美味しい高級魚なので、これから年々人気の出るゲームフィッシングになると思います。

アコウは30cmクラスに成長するまで3年程かかるそうです、長く楽しむために30cm以下や食べない魚はすみやかにリリースしましょう。

また大阪湾アコウ釣りは、釣りが終わった後もすぐに帰ることが出来るのも魅力なので、一度チャレンジしてみて欲しいと思います。

 

ザ ヒット放送日

7月4日(水)22:00~22:30(サンテレビ)

7月5日(木)8:00~8:30(サンテレビ)

7月17日(火)22:00~22:30(テレビ埼玉)

7月17日(火)25:25~25:55(あいテレビ)

タックルデータTACKLE DATE
大阪湾アコウ:タックル
ロッド:ジリオン STZ701MHFB-SV(ダイワ)
リール:ジリオン TW1516SH(ダイワ)
ライン:Gソウル X8 アップグレード 1.2号(YGKよつあみ)
リーダー:ガリス スリム&ストロング 6号(YGKよつあみ)
ルアー:フラッシュJフラット3.5”SW(フィッシュアロー)
シンカー:FAフリリグシンカー タングステン 21g、28g(フィッシュアロー)
フック:キロフック4/0(デコイ)

IMG_3056 IMG_3079