釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイト Vol.133レポート

松本 猛司

ザ ストロングパワーベイト Vol.133レポート2018.06.13掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、静岡県の御前崎の華丸さんで、タイラバ初挑戦のオフィスユーカリの戸塚明子(アッコ)ちゃんを迎えてタイラバをして来ました。

 

今回使ったタイラバは、クロスツーさんと華丸の植田船長コラボの無波動タイラバ“匠”。

ヘッドがぶれずに真っすぐにくるので、波動が小さくスレた鯛によく効くタイラバだと言うことでした。

またフックも小針の3段針で、喰ってきた鯛を確実に掛ける使用になっています。

また今回使用したラインは、オードラゴンと言う比重1.4の水なじみの良いシンキングPEライン。

待望の200m、5カラードタイプが出て、タイラバにも評判の良いラインになります。

フラッシュJカーリー2”SWのカブラグリーンを付けた私に1投目から真鯛がヒット。

昨日までかなり厳しい釣果だと聞いてのスタートだったので、びっくりでした。

写真を撮り終え、再スタート。

すると再び、私に真鯛がヒット。

2連チャンで、私のお仕事は終了。

あとは、タイラバ初挑戦のアッコちゃんに真鯛を釣ってもらい、タイラバの面白さを動画で伝えてもらうのみ。

しかし、釣れるのは、レンコダイにチダイにガシラにアヤメにと外道ばかり。

諦めずに淡々と落として、巻いてを繰り返しているアッコちゃんに待望の真鯛がヒット。

やはり、先ほどまでの外道とは違う強烈な引きにビックリしている様子。

真鯛が上がった時の興奮は、初挑戦ならではの感動ものなので、是非動画をチェックしてもらいたいと思います。

どんな釣りでも初めてのターゲットの釣りは、ワクワクと感動が忘れられないものになると思います。

タイラバは、落として巻くだけの簡単な釣りなので、初心者でも簡単に始められる釣りだと思います。

今回、アッコちゃんも真鯛を2匹釣ることが出来、タイラバの魅力を体感できたようで、こちらまで嬉しくなりました。

初心者や女性でも出来るタイラバは、簡単な釣りではありますが、上級者になっても飽きることのない奥深い釣りでもあるので、タイラバをしたことのない方は、是非チャレンジしてみて欲しいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:紅牙AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール:ライトゲーム 150H(ダイワ)
ライン:オードラゴン5カラード 0.8号(YGKよつあみ)
ルアー:匠 120g(クロスツー)
    フラッシュJカーリー2”SW(フィッシュアロー)

2 3 1