釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > The Hit ディープタイラバリベンジレポート

松本 猛司

The Hit ディープタイラバリベンジレポート2018.05.21掲載

12月末に舞鶴のトップスジャパンさんでディープタイラバロケをした時は、私も楠本くんもエミコちゃんも真鯛を釣ることが出来ずに悔しい思いをしたので、今回は気合を入れてのリベンジロケになりました。

今回キーになったのが、トップスジャパンの森船長オススメの「フラッシュJカーリー2”SW」。

このワームは、ナチュラルさとアピール力を持った本当に良く釣れるワームで、トップスジャパンさんに来られる方は、皆さん持っているぐらい本当によく使われているワームになります。

実績は申し分ないので、今回のロケは自信満々で臨むことができました。

予想通りに朝イチからエミコちゃんのレッドスナイパー240g+中井チューン+フラッシュJカーリー2”SWに真鯛がヒット。

続いて、楠本くんのレッドスナイパー240g+ルミノーバ・スカート+リングフラッシャー2”SWにも真鯛がヒット。

そして、私のレッドスナイパー240g+フラッシュJスクイッド3.5”SW+フラッシュJカーリー2”SWにもヒットし全員安打に。

ポロポロと真鯛が釣れてくれたので、余裕が出来たら“タラ”狙いも面白いと言うことだったので、タラ狙いにチャレンジ。

タイラバタックルに300gのヘッドで水深200mぐらいを狙うのですが、アピールが重要だと言うことで、私と楠本くんは、フリースライド300g+フラッシュJサーベル11”SWで猛アピール作戦に。

そしてエミコちゃんは、フリースライド300g+フラッシュJスクイッド3.5”SWでスタート。

するとThe Hit初となる“タラ”を私が1匹、楠本くんが1匹、そしてエミコちゃんが2匹釣ることができました。

タラ狙いに時間を使いすぎ、夕方一発狙いのポイントに。

私が75cmの大鯛を。

楠本くんも76cmの大鯛を。

そしてエミコちゃんも73cmの大鯛を釣ることが出来、100点満点のロケになりました。

タックルデータTACKLE DATE
ディープタイラバ:真鯛タックル
ロッド:紅牙 AGSN69MHB-METAL(ダイワ)
リール:ソルティガBJ 100SH(ダイワ)
ライン:スーパージグマン WX8 1号400m(YGKよつあみ)
ルアー:レッドスナイパー 240g(トップスジャパン)
    フラッシュJスクイッド3.5”SW+フラッシュJカーリー2”SW(フィッシュアロー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P4270290 P4270329 P4270353 P4270368 IMG_2962 IMG_2963 IMG_2964