釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-69「アイルランド★パイク編」

鵜山 和洋

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-69「アイルランド★パイク編」2018.05.09掲載

42カ国目となる初めての国「アイルランド」へ新作テストとPV撮影で行って来ました。訪問時は4月初旬、日本は桜満開の時期でしたがアイルランドは朝夕はマイナス2度…

5日間の実釣中、4日間は爆風&雨という過酷なコンディション…。今回は、そのアイルランドの湖で人生2度目となるパイク釣りでした。ガイド・フィッシングではなく魚探、エレキがついたレンタルボートで広大な湖から自分で場所を絞り込んで釣りをするスタイルなので船頭もガイドもいなく自由に釣りができます^^

 

釣果は急激な冷え込み、水温低下で魚が口を使わず大苦戦でしたが、最終日、朝イチの晴天無風、陽が差し込み魚が浮く一瞬のタイミングに何とか合わせる事ができ12kgオーバーの大型パイクを無事にキャッチする事ができました。

 

ノーザン・パイクというとバスフィッシングの本場、アメリカではラインを切られる外道として嫌われ者(マスキー・パイクは別^^;)ですが欧州ではフレッシュ・ウォーターのゲームフイッシュとしては一番人気のターゲットです。私も「所詮、パイクでしょ…w」とナメてましたが大型個体を狙って釣っていく釣りとしては、なかなか面白い釣りでした。機会があれば、またいつか挑戦してみたいと思います^^;

 

今回使用したタックルは、いつもの愛竿3ピースのdepHUGE64+タトゥラHD/改を2セット。大型スイムベイト用にはGALIS ULTRACASTMAN FULLDRAG WX8GP3号、リーダーはGALIS CASTMAN Absorber30Ls+ザイロンノット、ジャイアント・ベイト用にはフロロカーボンのナスリー・ドレッドライン30lb
パイクは鋭い歯があるので必ずザイロンかワイヤーを30cm程入れないと直結やリーダーだと切れてしまいます。ザイロンは現場で臨機応変に対応可能で持ち運びやシステムも簡単なのでオススメです。

 

ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/

02030405