釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 西本 康生 > 久米島パヤオキハダジギングゲーム

西本 康生

久米島パヤオキハダジギングゲーム2018.05.07掲載

シーズンインした沖縄県久米島のパヤオでのキハダジギングゲーム、待望の新規格オーズポート2.5号・50lbをブルーヘブンL−50にセット、久米島の釣行にのぞみました。 前年まではオーズポート2号、3号を使用しキハダジギングに釣行しました。ライン強力から割り出す適正ドラグ値でのファイトでは、30キロから40キロサイズのキハダなら十分すぎるラインの強さが体験できました。ただ、物理的なラインの太さを考えると2号ではチョイ細い、3号ではチョイ太いと感じる場面に遭遇することが、しばしばありました。 今回2.5号を久米島のキハダジギングゲームに使用し、2号、3号の間を埋める2.5号はこの釣りにはピッタリだと考えます。幸運にも37キロほどのキハダを短時間で釣ることができ、新規格ラインの恩恵を十分に実感する釣行となりました。

タックルデータTACKLE DATE
ライン:ヨツアミ オッズポート2.5号・50lb
リーダー: ヨツアミ スリム&ストロング14号

31253136_1132573653551403_2009334637649723392_n31404056_1132573706884731_7673980808369012736_n30740614_1669928433125959_1363218138139604101_n魚矢社長 40キロオーバーをキャッチ