釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 菊池 雄一 > 和歌山中紀の大アジ釣り

菊池 雄一沖釣 Field Tester

和歌山中紀の大アジ釣り2018.04.24掲載

どもども春競馬絶好調の自称、「膝の神」こと菊池です。
今回は今シーズン爆釣している和歌山中紀エリアの大アジ釣り(マアジ)に行って参りました。

ここでマアジについて少し解説しておきます。
「鰺」の文字には「参」が使用されていますが当時、アジを食された方があまりにも美味しくて参りましたと言われた経緯からこの文字が使用されたとの説があります。
また「参」の文字自体が旧暦の3月、太陽暦の5月にあたります。
この頃がマアジの旬ということからくるそうです。

今回向かった先は徳島県伊島の沖合いです。
ポイントは70mラインの漁礁まわり。
仕掛けは天秤仕掛け(50cm半月天秤、鉄仮面100号、クッションゴム30cm、2mm) にハヤブサのイサキ・アジ仕掛け3or4本仕掛け、ハリス3.5号。
船長の指示は底から5~8m。
当日は潮が終日あまり動いておらず私は底から4or5mでコマセを巻き、そこから2mあげたとこでアタリ待ちを。
3投目の事でした。小さなモゾッとしたアタリがあり効きアワセを入れると強烈な引きにかわりました。
これがアジなのか??青物か?と思うレベルの引きです。
口切れを起こさないように電動リール(フォースマスター400)スピード12前後で巻き

あげタモでの取り込みに成功。
いきなりの40cmアップ。45cmに迫る大型でした。
今シーズンはとにかくサイズがでかいと船長はおっしゃっていました!!

これだけの大型のマアジ、一体どうすればバラシを少なくする事が出来るのか?
実際に体感して思った事をこちらにまとめさせて頂きます。
○ロッドはムーチングタイプ(しかし効きアワセがしっかり出来るロッド)
○アタリがあれば必ず効き合わせ(上アゴにしっかり掛けるイメージ)
○鈎は少し大きなサイズを(当日はイサキ鈎8号前後を使用)
○一定速度でモタレを出さずに巻く
○天秤が見えてからもモタモタせずにテンションを張った状態でタモ入れ
※大型サイズの為にタモの持参をオススメ致します。

そこからはポツポツと船内であがるものの爆釣とはいかずでしたが
新しいポイントに入り10時30分を過ぎた時間からスーパーラッシュタイム。
上がってくるのは全て35cm以上、船中最大51cmまで飛び出しましたよ。

こうなれば手返しが重要。また、いかにトラブルなく釣るかが重要です。
ラッシュ時はコマセの量は半分くらいの少なめで一気に巻くと言うよりはパラパラとコマセを巻き狙い棚でステイすれば即効で喰ってきましたね。

私も久々に魚釣りで絶好調モードになり大アジの引きに酔いしれました。
最終、最大47cm、大アジ17匹と大満足で帰港となりました。

釣って良し、食べて良しの大アジ
是非、今すぐ出掛けられてみてはいかがでしょうか??

タックルデータTACKLE DATE
タックル
○ロッド シマノ NEWライトゲーム CI4+ モデラート TYPE64M230
○リール シマノ フォースマスター400DH
○PE よつあみ ヴェラガス船X8 2号200m
フロロ ウルトラハリスFC船 4号
○天秤、鉄仮面100号、クッショングム2mm30cm
○仕掛け ハヤブサ 海戦イサキ・アジシリーズ ハリス3.5号中心

received_191137501666362