釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 中川 俊介 > 秋田ボートオクトパスゲーム

中川 俊介沖釣 Field Tester

秋田ボートオクトパスゲーム2018.04.02掲載

今年は水ダコの接岸も少なく船ボウズと厳しい日もありましたが最終日にはまとまった数を釣る事が出来ました!
毎日釣行する事が出来ましたが、やはり秋田は日本海 波により船が2m幅で上下するウネリの中での釣行もあり危険と隣り合わせの釣りでもあります!
秋田の水ダコ釣りはリールもドラグ10kg以上の物を持ち込むが定番なのでそこを書かせていただきます。
ラインも20号と太く根掛かりしたら大変ですがウネリの底で根掛かりをしてしまうとそこから2mの突き上げを食う事もよくあります!今回 僕はオシアジガーの持ち込みでの釣行でした。クラッチを切りサミングで誘っていけますし万が一クラッチが戻ってもドラグを緩めていれば根掛かりをして船が突き上げられてもラインが出るので安心して釣行できます。
慣れた方ならレバードラグも使いやすいと思いますがドラグ力の強いモデルが多いのでそこを踏まえてのセッティングが大切だと思います。
このような状況を想定しての秋田ボート水ダコゲームですが水ダコの誘いもマダコ同様でOK!違い言えば合わせです、マダコはバシッと鬼合わせですが水ダコはスイープにヨッコラセ的な感じに合わせていきます。
オススメは出来ないテクニックですが確実にタコと確認できたらウネリも利用しながら船が下がるとクラッチオンで竿を下げリールを巻き込みウネリの突き上げを利用しての合わせもあります、大きな個体になると全長がかるく2mを超えるので竿を立てたところで合わせきれないパターンが多いのも事実です、この合わせは確実にタコだと判ればこそ使える合わせだと思います。
水ダコが乗った時の確認方法はラインを手で引っ張り伸びで判断となります、この時にラインによっては少し伸びの出る物もありますが今回使用のパワーハンター20号は強靭でもあり水タコの伸びを確実に感じ取り自信を持ち確実に掛けて行く事ができました。
今回はデビルクラッカーMEGAオンリーで6日間敷石狙いの釣りをしました、大友船長が捨て糸の代わりにハリガネが良いよと使ってみるとこれもアリ!PE20号とハリガネセッティングだと重りからアイが抜けルアーが回収できるのと根掛かりも激減でした、例えば重りも60号を1個付けより20号を3個重りのセッティングの方が掛かりにくい事も確認できました!
クラッカー&MEGAと色々と使えそうですね!
秋田水ダコゲームはファンも多く各地からコアなアングラーが集結する場所でもあり蛸狩人夢のフィールドでもありますチャンスがあれば是非挑戦してみてください!
今回も巨大な水ダコと出会う事ができませんでしたが、また来年もチャレンジしたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
使用タックル
ロッド:MonsterKiss DearMonster MX-∞
リール:シマノ オシアジガー1500PG
ハンドル:LIVRE BJ75-83
ライン:YGKよつあみ パワーハンター20号
ルアー:ワンナック販売 デビルクラッカーMEGA カラー(チョコバナナ)

image3

釣行に来られていた半澤聖也さん。

image1 image4 image5 image6