釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 末次 広和 > 猛暑の種子島 GT釣行

末次 広和

猛暑の種子島 GT釣行2017.07.31掲載

今回は種子島でのGT釣行に行って来ました。
LIFE fishing guide service南海さんにお世話になりました。
メインタックルには、オッズポート8号と10号を使用。
リーダーはキャストマンT.PⅢ130lb.+キャストマンアブソーバー200lb.を
結束しGTに挑みました。
初日は昼頃からの出船。
各ポイントを回ってもらうも、すぐに潮が緩みGTの反応はなし。
夕マズメの潮変わりでようやくGTのバイト。
20キロ程のGTをキャッチ。
オッズポート8号に初期ドラグテンションは12キロでした。
2日目、早朝から島周りのポイントを回ってもらいました。
浅い根周りのポイントでヒット。水深12メートルでのヒットだったので
徐々にドラグテンションを上げファイト。
35キロのGTをキャッチ出来ました。
オッズポート10号に初期ドラグテンションは12キロ、
ランディング時のドラグテンションは15~16キロ程でした。
3~4日目と釣行全体でバイト数は少なく、
少ないチャンスで何とかGTをキャッチ出来ました。
 
克也船長、暑い中の釣行ありがとうございました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:EX807CTR(プロト)
リール:ステラSW18000HG
PE:YGKよつあみ オッズポート10号 
リーダー:YGKよつあみ キャストマンT.PⅢ130lb.+キャストマンアブソーバー200lb.
初期ドラグテンション:12キロ
ルアー:ローカルスタンダード パドルベイト
フック:ボンデージフック #13/0

ロッド:8.2ft キャスティングロッド
リール:ステラSW14000XG
PE:YGKよつあみ オッズポート8号 
リーダー:YGKよつあみ キャストマンT.PⅢ130lb.+キャストマンアブソーバー200lb.
初期ドラグテンション:12キロ
ルアー:ローカルスタンダード パドルベイト
フック:ボンデージフック #13/0

画像①画像②画像③画像⑤