釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 小町 広一 > 【ラインの使い分けでパターン攻略】

小町 広一

【ラインの使い分けでパターン攻略】2017.07.11掲載

東京湾のボートアジングが面白い時期を迎えました。

近頃は、秋に次ぐ、ハイシーズンとなっており、サイズ、数共に良い釣果が期待できるタイミングと言えます。

良いポイントに当たると、表層のスーパーボイルに遭遇する事もあり、その様な群れと遭遇した場合は、マメの数釣りになるパターンが通常です。

これはこれで、面白いのですが、大型に的を絞るなら、やはり、ボトム攻めが正攻法となってきます。

水深15m前後のボトム付近。
30cmに迫る大型は、そんな、レンジで食ってくることが多いので、積極的な底取りが釣果の明暗を分ける重要なキーとなります。

表層の数釣り、ボトムのストロングな釣り。この両極端とも言える攻め分けを明確に行う事が、ヒット率の向上に繋がります。

そこで、重要となってくるのが、ラインの使い分けです。

表層ボイルは、食いが立ってはいるものの、上記で述べた通り、比較的小型の群れである場合が多く、必然的にショートバイトが頻発します。

その対策として、0.3~0.9gの軽量ジグヘッドでバイトへの追従性を確保して行く必要があり、ラインには表面滑性の高さと、細さが要求されます。

従って、エステルがマッチしており、自分は、チェルムアンバーコードS-PET(0.25号)をセレクトしています。

一方の、ボトム攻略の場合、ジグ単では手返しが悪いので、キャロやダウンショットを用いてゲームを組み立てて行きます。

リグ全体の重量が5~7gと、アジングとしてみれば、重めになるため、ラインは強度を重視し、PEを選択します。

また、ボトム付近で頻発するバイトを的確に捉えて行く必要もあるため、比重の高さも求められます。

これらを追求していくと、高比重、高強度を達成しているオードラゴンがこの釣りにもたらすアドバンテージがいかなるものか、気付いて貰えると思います。

その場、そのタイミングに適した、タックルを的確に判断すれば、思い通りのパターン攻略が可能となります。

アジングにおける、ラインセレクトは、その観点で重要なファクターを担うのです。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:6フィート プロト
リール:ステラC2000S(LIVRE ウィング72)
ライン:アンバーコード S-PET(0.25号)
リーダー:アブソーバーFCリーダー(0.5号)

【タックル2】
ロッド:パームスピンウィール(PTASS-69)
リール:ステラC2000S(LIVRE ウィング72)
ライン:オードラゴン(0.4号)
リーダー:アブソーバーFCリーダー(1.5号)

ルアー:フィッシュアロー フラッシャーワーム

 IMG_0932IMG_0934 IMG_0935 IMG_0936 IMG_0937 IMG_0938 IMG_0939 IMG_0940