釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 末次 広和 > ライトラインで挑む春のヒラマサ

末次 広和

ライトラインで挑む春のヒラマサ2017.06.12掲載

春のヒラマサをターゲットに現在進行中のライトラインを使用した
ジギングを行う為、平戸の一栄丸へ行って来ました。
今回はキャスティングを行っている反対舷でのジギング。
水深30メートルラインのシャローエリアでライトラインジギングを試してみました。
使用したラインはG-soul SUPER JIGMAN X8 1号。
ドラグテンションは2.3キロに設定。ポイントを流して行くうちに、
中層付近でヒラマサがヒット。
ヒットしてから一気に走り始めたが、テンションを一定に保ち走らせました。
ボトムに到達してからは無理にテンションを掛けずロッドを真直ぐにし、
リフト時にロッドを立てたファイトを行いました。
最後は抵抗なく8キロクラスのヒラマサをランディング出来ました。
今後もライトラインで青物に挑戦していきます。
 
一栄丸 忠史船長、ありがとうございました。

タックルデータTACKLE DATE
■ジギングタックル
ロッド:DE630LR(プロト)
リール:ソルティガ4500H
PE:G-soul SUPER JIGMAN X8 1号
リーダー:フロロ20 lb. ドラグテンション:2.3キロ
ジグ:GUTTER JIG SLIM150g
フック:Spider hook size M

釣行画像② 釣行画像③