釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 嶌原 正浩 > 毎年恒例の久米島強化合宿へ。

嶌原 正浩

毎年恒例の久米島強化合宿へ。2017.05.26掲載

久米島のパヤオに行きだして10年以上になるが、年々キャスティング率が高くなってきて、今年はとうとうトップしか触らない遠征となった。
今回は2日間パヤオで、最終日は半日 島周りでカンパチやGTを狙う予定だったけど、初日 シケで中止となり、1日半の釣行になりました。

2日目は何とか船を出せ、パヤオに着くと鳥が騒がしく雰囲気ありまくり!
風向きと潮の流れがバッチリ合って、一投目から貝田ルアーのトランペット260で そこそこのサイズがバイトしてくるベストコンディション。
二投目もすぐにヒットし15キロ程のキハダをキャッチ。その後も20キロ前後がヒットしまくった。
少しマグロの活性が落ち着いた時に、トップに出てくるサイズがガラッと変わり49キロをキャッチすることができました。

今回はステラSW1400XGに、PE ガリス キャストマンアブソーバー FULL DRAG WX8  6号

  リーダー ガリス キャストマン T-PⅢ  アブソーバーマサ・ツナリミテッドバージョン

150ポンド を使用。
いつもは、ステラSW1800にFULL DRAG8号を入れてマグロに走らせないファイトをしてたけど、今年はキャスティングオンリーだったので、疲れない程度のキャストで飛距離が稼げるよう6号でやり切りました。

タックルデータTACKLE DATE
ロッド:Trippers x MC works Barbaro838CI
リール:シマノ ステラSW1400XG
ルアー:貝田ルアー トランペット230、260
ライン: FULL DRAG WX8 6号
リーダー:アブソーバーマサ・ツナリミテッドバージョン 150ポンド

image2 image3