釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイト Vol.120レポート

松本 猛司

ザ ストロングパワーベイト Vol.120レポート2017.05.11掲載

今回のザ ストロングパワーベイトはフラッシング鯛ラバで乗っ込みマダイを狙って来ました。

今回お世話になったのは、田辺のサウスカレントさん。

この時期のマダイは産卵を意識した状態のマダイが多く、タイラバのネクタイよりも小さなフラッシュJ 1”やフラッシュJ 1.5”スリムなどのマイクロベイト系やフラッシャーワーム1”やリングフラッシャー2”などのアミや海藻系などの小さくて食べやすいベイトを喰う傾向が強いのが特徴です。

この日は、私がタイラバにフラッシュJ 3”を付け楠本くんがフラッシュJ 1.5”スリムを付けてスタート。

やはり乗っ込みシーズンと言う事もありシルエットの小さい楠本くんばかりにバイトが集中。

私もフラッシュJ 1.5”スリムにチェンジするとバイトが出るようになったのですが、今年初のタイラバと言うこともありバラシを連発。

パターンも分かり、これからと思っていたのですが時合も終わり、次の時合待ち。

夕方に再び時合が来て、ここからはワンキャスト、ワンヒット状態の入れ食い。

楠本くんとのダブルヒット4回。

終了時間まで釣れ続け、終わってみれば2人で22匹の大爆釣。

明らかにフラッシング鯛ラバがハマっている状態でした。

また、この時私が使っていたのがサンプルで作った世界一光るグロー素材のルミノーバスカートにフラッシュJ 1.5”スリムのルミノーバと言ったタイも初めて見るアピール力満点の組み合わせでした。

明らかにルミノーバのスカートとルミノーバのワームが効いている感じで、タチウオと同じで遠くからでもタイラバを見つけてくれる感じでした。

今回のロケで感じたことは、やはり乗っ込みタイには、シルエットを小さくしてやるのが一番で、ヘッドもタングステン、スカートも少なめ短め、ワームも小さめがベストだと言うことです。

船長が言うには、田辺で22匹と言うのは、普通のタイラバではありえない釣果で、圧倒的にフラッシング鯛ラバがハマっている状況だと言うことでした。

フラッシング鯛ラバはタイラバのネクタイを外して、フックにフラッシュJシリーズをチョン掛けするだけなので皆さんも是非チャレンジしてみてください。

タックルデータTACKLE DATE
フラッシング鯛ラバ:タックル
ロッド:紅牙 AGS TYPE-N 69MHB-METAL(ダイワ)
リール:ソルティスト ICS 103SH(ダイワ)
ライン:スーパージグマン X8 0.8号(YGKよつあみ)
リーダー:スリム&ストロング フロロ3号(YGKよつあみ)
ルアー:紅牙 ベイラバー フリーTGタイドブレイカー 100g(ダイワ)
    フラッシュJ 1.5”スリム・ルミノーバ(プロト)(フィッシュアロー)
    ルミノーバ・スカート(プロト)

P4130456 P4130465