釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 松本 猛司 > ザ ストロングパワーベイト Vol.116レポート

松本 猛司

ザ ストロングパワーベイト Vol.116レポート2016.12.27掲載

今回のザ ストロングパワーベイトは、浮くシャッドテールワーム「エアバッグシャッド」のNEWモデルの3.5インチを使っての冬のリザーバー攻略です。

冬のリザ―バーと言っても1月と2月以外はコンディションの良いバスはシャロ―に残りエサを喰っています。

しかし、水温が低いので早く動くルアーには興味を示しません。

こう言った時に活躍するのがサスペンドルアーになります。

しかし、最近のスレたバスにはハードプラグにナーバスになっているケースも多く、出番が少なくなって来ています。

そんな時に活躍するのがオフセットフックにワイヤーシンカー(糸ナマリ)を巻いたエアバッグシャッドのサスペンドチューンになります。

シャッドテールワームならではのアピール力にソフトルアーならではのナチュラルさを兼ね備えたエアバッグシャッドは今までにない究極のサスペンドルアーだと言えます。

2016年にエアバッグシャッド4.5”が発売され、冬のシャロ―エリアに革命を起こしましたが、2017年には、サイズダウンしたエアバッグシャッド3.5”が発売されることで、アベレージの小さなフィールドでの使用が広がったり、見に来て喰うか喰わないか躊躇していたバスが口を使う確率が圧倒的に増えました。

つまりスローに引けて、止めれて、喰わすことの出来る釣れるシャッドテールワームと言うことになります。

映像を見ていただければデッドスローリトリーブは、冬だけてなく、オールシーズン使える今までに無かったシャッドテールワームだと分かってもらえると思います。

タックルデータTACKLE DATE
エアバッグシャッド3.5”サスペンドチューン:タックル
ロッド:スティーズ701MHFB-SV フランカー(ダイワ)
リール:ジリオンSV TW 1016SV(ダイワ)
ライン:Nウォーカードレッドライン フロロ14lb(YGKよつあみ)
ルアー:エアバッグシャッド3.5”プロト(フィッシュアロー)
    キロフック 3/0(デコイ)
    ワイヤシンカー(フィッシュアロー)

 pb240589pb240599 img_7656