釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 上原 和彦 > ステータスでヒラマサキャスティング

上原 和彦

ステータスでヒラマサキャスティング2016.11.07掲載

11月6日 長崎市のステータスでヒラマサキャスティングに行きました。

船長の予告通り、朝の一流し目にヒラマサ11.5kgが釣れました。

不慣れなキャスティングでも、やり取りは脇バサミで犬の散歩スタイル。良く引きました。

20kgには程遠いですが、私としては上出来です。

朝長船長ありがとうございました。次は更なる大物をよろしくお願いします。

キャスティングをすると肩が痛い今日この頃、二日後の釣行は大丈夫か俺。不安です。

ヒラマサキャスティングではオッズポート8号・10号を使用しています。

今回のサイズなら6号でも問題ありません。

しかし20kgUPを考えるとおのずとこの選択になります。

まだ見ぬ大物をオッズポートで確実に獲りたいと思います。

タックルデータTACKLE DATE
キャスティングタックル

ロッド  SM 887 CR
リール  ステラ18000HG
ルアー   ダイブベイト 240mm
ライン   オッズポート  10号
リーダー  ガリス キャスティングアブソーバー  200LB


ジギングタックル

ロッド  MF 65Z3
リール   オシアコンクエスト300HG
ジク   ブンチン1.0  150g
ライン   オッズポート  2号
リーダー  ガリスFCスリム&ストロング   37LB