釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 菊池 雄一 > 大阪湾タチウオKINGバトル予選

菊池 雄一

大阪湾タチウオKINGバトル予選2016.10.18掲載

大阪湾一体の船宿様の中でで現在行われている大阪湾タチウオKINGバトルの予選に出場し先日、予選を通過する事が出来ました。

指定された船に乗り、その船内(エントリー者のみ)で竿頭になった者だけがセミファイナル戦に出場出来ると言うイベントで今期で4回目の大会になります。
昨年度はエントリー400名を超え今期は500名、いや600名を超えるビッグイベントになりつつあります。

第2回から私は参加させて頂いていますが今期が最も予選を通過するのに苦しみました。
今年の目標はファイナルでの表彰台なのに(笑)程遠いですね。。。
実は今、私この釣りで非常に悩んでおりまっする。
開幕当初は自身の釣りがはまりまくりーのでしたが、お盆明けから太刀魚ちゃんに異変が。。。
と言うより本来の状態810月現在)に戻ったのかもしれませんね。
7月、8月前半はパラダイス状態だったので。

ここからは私が今年の今の大阪湾のタチウオついて感じる大きなポイントをお伝えさせて頂きます。
①レンジ 一般的に考えられうる棚よりも浅棚での可能性
ex 水深70m 通常65~55m。今期は55~45mに固まっている事があったりする事もあります。勇気をもって浅い棚を探る事を意識されてみてはいかがでしょうか。
②太刀魚が追わない
ここ、めちゃめちゃ難しいです。私ならファーストコンタクトの時点でスイッチを
出来る限り出させる事を今期は特に意識しています。具体的にはショートピッチの中での比較的動きのある早い誘いにて。テンヤに気付かせる緩い誘いだと、そこからテンションがあがってきにくいのが今の太刀魚の現状です。
③今年のキーはフォールです。
テンヤが切られるリスクも伴う為に大きくオススメは出来ないのですが今期確実にフォールでのバイトが増えています。私がよくするのがクラッチを切って2mくらいの間隔で止めを作り誘い、テンヤを持ち上げた際での即合わせ、もしくはそこから上への誘いを使い本アタリからの合わせを入れます。
④最後にケイムラ
朝マズメ、夕マズメ、また曇り時の時に有効なような気がしてます!!!
周りの方が夜光ヘッドの使用率が高ければオールケイムラヘッドを試してみるのもいいかと思いますよっ。

この4点、今期私が大阪湾で太刀魚くんを狙っていて強く感じるポイントでございます。
もし良ければ、皆様ご参考にされてみて下さい。

私もセミファイナルに向け精進致します。

タックルデータTACKLE DATE
ライン
PE よつあみ社 ヴェラガス船WX8 2号300m
リーダー よつあみ社 ウルトハリスFC船 8号1.2m

1470362263314