釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

矢野 勝彦SURF FISH Field Tester

夜釣りキス2016.08.24掲載

まだまだ暑い日が続いておりますが、皆さん釣れていますか?

今回は、高松ケーブルテレビ制作の“我ら海遊人”取材が無事終了しましたので、その模様をお知らせ致します。日中は暑いので、夜釣りにしませんか?とのお誘いに喜んでOKしたものの、今年は雨も少なく、台風も来ていないので、魚はどんどん水深のある場所へ移動しています。とにかく大型は期待できそうにありませんが、番組を完成させるためにも、やのっちとの勝負を始めました。

夜と言っても、気温は30℃と蒸し暑く、風があるので少しは涼しく感じられますが、温度はごまかせません。夜釣りの大敵である蚊も、風のせいか大人しく気にならない程度。しかし、魚の反応もイマイチです。100m以内では、アタリがあるものの小型ばかりで、12cmほど。潮の流れも悪く、思っていた以上に厳しい状況です。カメラマンもスタッフも、番組制作に必死ですが思うような絵面は撮影できません。フナ虫と戯れるやのっちを横目に真剣モードに入った僕の竿に激震がっ!!やっと来ました、24cmと少し不満ですが、20cmを超えるとやはりアタリが違います。それからも散漫なアタリが続き爆釣とまでは行きませんが、楽しい夜釣りを満喫する事が出来ました。

 

夜釣りの注意点として、確認をせずに釣った魚を素手で触らないようにしてくださいね。ハオコゼやゴンズイ、最近は特に海毛虫なども多く、良く確認してから触るように心がけてください。

 

今回使用したタックルは、パワージーニススリム0.8号にアタッチメントテーパー(レッド)2号~12号。ハリス・モトスともにGPZ1.2~1.75号を使用。オモリは影山産業のブル23~25号。竿はがま投げアルテイシア27号を使用。

やのっちとキスIMG_0095