釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-56[夢釣行ターポン編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-56[夢釣行ターポン編]2016.06.08掲載

昨年秋に行った夢釣行ロケの仏領ギアナですが、実は仏領ギアナ観光政府局より「海のターポンも是非やってほしい」と言われておりデビルズ島のターポン釣りもやってきました。本来、前編でアイマラ、後編でターポンの予定でしたが珍しく(笑)、大爆釣だった為、番組を2本にすることになり、そのターポン編が6月11日放送となるので告知を含め、レポートをUPさせて頂きます^^;

 

ターポン釣りというと世界的に有名なのがコスタリカやフロリダですが、同じ海域(仏領ギアナは南米大陸の一番上に位置しているので)で、実はサイズが良く穴場のフィールドなんです。コスタリカのようなシャローフラットではなく潮流の激しい岩場エリアの10mという水深でのターポン釣り、淡水のプレデター魚をベイトタックル(バスタックルの延長)のようなタックルで狙うのが私のスタイルなのでオフショアゲームは、まったくの専門外…^^;それでも初日に100kg級の大物を無事にキャッチできました。

 

釣りも観てほしいですが、是非、デビルズ島や仏領ギアナという国を旅番組として観てほしいです。このデビルズ島は映画「パピヨン」の舞台になった実際の刑務所跡地の島で、悲しい歴史がある島です。日本人には、ほぼ、馴染みのない国、場所、島ですが、現在は観光地として仏では人気があるようです。

 

ターポン釣りのラインシステムはPE4号+ナイロン100lb+170lb、今回の使用ラインはGALIS ULTRACASTMANFULL DRAGの4号、メインリーダーにはGALIS CASTMAN Absorber100Lbその先に+リーダーGALIS CASTMAN Absorber170Lbを入れました。ターポンは持久力があり1時間くらいのファイトはザラになるので口中のザラザラしたヤスリのような歯の部分で100lbだとラインブレイクする事があるので先端に170lbくらいのリーダーを入れるのがオススメです。

 

番組は2016年6月11日17時からBS日テレ「夢釣行」で放送となります

 

仏領ギアナのターポン釣行に興味のある方はコチラからどうぞ↓↓↓↓↓↓

ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/

0203 0405