釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 菊池 雄一 > のっこみフリースライド マダイ 捕食パターン

菊池 雄一沖釣 Field Tester

のっこみフリースライド マダイ 捕食パターン2016.06.07掲載

皆様、こんにちは。今回のターゲットも真鯛です。
ちょっと船タコについても語りたい季節になりましたが。。。次くらいに。

5月中にの一ヶ月の間に和歌山の加太エリア、白浜エリア、三重県の紀伊長島エリア、福井県の越前エリア、北九州エリアと様々な地域、ポイントで竿を出してきました。まぁあ、ただの釣りバカです(笑)

エリアによって産卵時期等も異なりマダイのバイトパターンも違います。ですが共通している事も多い事を再確認して参りました。
私がいつも釣り場で気にかけている事はマダイの捕食パターンです。何を捕食しているかを推察出来れば、ヒットパターンを導き出しやすくなります。
※もちろん潮がマダイにとっては一番大切ですが。その他、潮色等でもカラーが変わったりしますが。
私が経験してきた中で大きく分けて3つの捕食パターンがあると推察します。
甲殻類パターン(エビ、カニ、貝、ゴカイ等)
ベイトパターン(イワシ等)
イカパターン(ケンサキ、スルメ、ヤリ等)

ここから先の詳しくは6月24日(金)発売の関西版つりそくにて掲載予定です。
普通は教えたくない事をかなり書いていますよ(笑)
参考になれば幸いです。

よつあみさんのラインは最強ですね。
掛けたマダイでラインが切れた事は1度もありません。
先日はウルトラダイニーマWX8 0.8号でメーター近いブリも捕りました!!

最後に九州遠征の際に仲間が釣り上げたチカメキントキを紹介させて下さい。
今の世界記録が3.02kgのようで船上計測3.55kg。翌日の検量では3.38kgだったと思います。世界記録に認定される事を心よりお祈り致します。
※フリースライドVS チャートヘッド、グリーンネクタイです。←私的な理論で言えばイワシパターンかな。

1464668910556 received_811258569008875 1463922865750