釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > 一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-55[ガイアナ★アラパイマー編]

鵜山 和洋WORLD Field Tester

一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-55[ガイアナ★アラパイマー編]2016.05.26掲載

5回目となる南米ガイアナへ行ってきました。今回はゲストさんの都合でGWに合わせた5月初旬の釣行。例年なら乾期最後で水位や雨量も問題ない(ハズ^^;)ですが出発1週間前から大雨が続き、水位は2.5mあがり、現地へ入ってからも毎日雨…。アラパイマは森の中に入ってしまい厳しい釣行となりました。

 

それでも、「それも釣り」と気持ちを切り替え、どうにか1本を獲れるよう試行錯誤しながら、なんとか半数の参加者には釣ってもらえました。これだけ厳しい状況にも関わらず、誰一人として「せっかく来たんだから、餌でも釣りたい!」などとは言い出さず最後までルアーでアラパイマ−を狙い続けてくださったゲストさん達に感謝!何度か、このレポートでも書きましたが、この魚は呼吸のあるエリアに餌のブッ込みで狙えば高確率で釣ることが可能です。それでも将来的な魚(アラパイマ)の個体数や、フィールドの事を考えて、私の行くエリアでは餌釣りは自粛しております。それでも今回もルアーで14本のアラパイマ−をキャッチすることができました。そして全ての個体を蘇生リリースに成功できました。

水位が高く釣りにくかった今回ですが、それは、それで良い経験となりましたので、次回からの「もしも」の急な状況変化にも対応可能になったと思います^^

 

他魚種(アロワナ、タライロン、etc…)の釣りは本流が大増水してしまい、まったくダメでした…(;_;)今回、ピラルクー釣りに使用したタックルは3ピースのdepsHUGE64、リールはタトゥーラ/HD、ラインはGALIS ULTRACASTMAN FULLDRAG WX8GP-D80Lb(5号)リーダーはGALIS CASTMAN Absorber100Ls+ザイロンノットという組み合わせでした。アラパイマ−の吸い込み水量は50l以上なので、ザイロンは60cm以上を取ることをオススメします。

 

野生のWild個体のアイマラを釣ってみたい!という方はコチラまで↓

ONEBITEONEFISH世界秘境釣ツアー http://www.onebiteonefish.com/

0203 0405