釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 菊池 雄一 > 大阪湾ドラゴン太刀魚

菊池 雄一沖釣 Field Tester

大阪湾ドラゴン太刀魚2016.03.16掲載

皆様こんにちは。YGKスタッフのきくりんです。
船太刀魚シーズンも終盤ですが、ここに来てあたればドラゴンクラス!!
との情報が入り洲本沖まで向かってきました。
今回は明石浦の丸松乗合船様にお世話になりました。
大阪湾でドラゴンサイズと言えば120cm越。数年前まではこのクラスを釣り上げるのは難しかったようにも思いますが、ここ数年では130cm越えるクラスが夢のサイズになり150cmを越すスーパーモンスターまで現れる近年の大阪湾。
釣具の進化、船宿様のポイント開拓が進んでいるからこそ警戒心の強いドラゴンサイズがたくさん上がるようになっているのかもしれませんね。

この日も完全な冬の釣りでした。
水深70~80m。ボトムから超スローな誘い、電動リールのフォースマスター400で言うと1or2の超スロー巻き、これに加え止めの間も10~15秒を取るのがこの日のパターンでした。
アタリは居食い、もしくは本当に小さなコツンのみ。この瞬間に掛ける、もしくは次のスイッチを入れさなければ追って来ない状況でした。
使用したラインはヴェラガス船PE X8 2号。リーダーはウルトラハリスFC船 8号を1.5m。
完全にふたつとも私の定番アイテムです。ヴェラガス船PEは使用頻度が多い私にも安心で強度が劣りにくいと感じています。色剥げも少ないですね。
ロッドはバイオインパクトX太刀魚の82タイプ。私はこの竿が今は手放せません。
竿先に出ない太刀魚がテンヤについた状態でも伝わるんですこの竿。
ヴェラガス船PEとの愛称も抜群なんです!!
また、ほんの小さなアタリも手元に伝わり、また追わせる事も出来、即掛けも可能。
たまらないロッドですね。テンヤは水平姿勢のハヤブサテンヤシリーズ。
違和感なく太刀魚を追わせるには自然は姿勢のテンヤが一番と考えます。
今回は、この秋発売予定のオールケイムラヘッドに目玉は夜光ゴールドでドラゴンラッシュでした!
ドラゴン率がかなり上がるテンヤです。それだけドラゴンにはケイムラは太刀魚君には夜光に比べナチュラルなカラーに見えているのか?それとも強い刺激を誘っているのか?
引き続き検証を続けますね。。。

この日のサイズは115~最大で127cm。
どやどや!!
太刀魚釣り、やっぱりたまりません(笑)

1457315593710