釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 矢野 勝彦 > 徳島協会初投げ大会参戦

矢野 勝彦SURF FISH Field Tester

徳島協会初投げ大会参戦2016.03.15掲載

今回は徳島サーフキャスティング協会の初投げ釣り大会に参加した模様をレポートいたします。この大会のルールとしては、当日の午前0時より釣りを開始し、午後2時までに計量場所に帰着します。審査は、本賞がカレイ・アイナメ(どちらでも良い)二匹の長寸で競い、それ以外の他魚の部でも表彰枠を設けています。最近の傾向として、めっきりと減ってしまったカレイに加えてアイナメも随分と数が減少したように思います。厳しい魚を求めて行った釣り場は、新町川。夜釣りで定番のアナゴ達が引きを楽しませてくれます。24~26cmとサイズの良いガシラも釣れました。後はアイナメを待つだけ・・・・

結局、明るくなっても姿は見られず。朝のいい潮を鳴門で迎えようと場所移動を決断しました。しかし良いポイントには既に人が入っており、以前取材で訪れた小鳴門筋へと向かいます。昨年は一匹も釣れなかった場所ですが、一投目から大きなアタリがあり、20cmほどのアイナメが釣れました。どうやら魚は元気なようです。22cmのアイナメでこれだけのアタリが出るのであれば、待つ釣りではなく、攻めの釣りへと転向します。同じポイントを攻めるのでは無く、新たなポイントへ仕掛けをどんどん投げ込みます。その結果、3時間ほどで、22~37cmまでのアイナメを8匹。23~26cmまでのガシラを5匹。結構体は疲れましたが、楽しい釣りとなりました。

また、今回攻めたポイントには海藻が沢山生えており、その周辺を狙っての釣りをしましたが、パワージーニススリムの1.2号の強度には驚かされます。根掛かりを恐れずピンポイントを攻めた結果の釣果でした。

計量場所へと帰着し、皆さんの釣果をみれば沢山大型のアイナメも釣れており結果が楽しみです。私は、37cmと33cmの二匹を計量に提出したので合計70cm。トップは36cmクラスを二匹釣られており、二位とは数ミリの僅差ですが負けてしましました。それでも堂々の三位入賞は、たいへん嬉しく体の疲れも一気に吹っ飛びましたよ。

少なくなった、カレイ・アイナメですが、ポイントを探せば、まだまだ釣れる気がします。アイナメは夜釣りでも楽しめますので、皆さんも是非行って見てください。

今回使用したタックルは、パワージーニススリム1.2号にアタッチメントテーパー(レッド)3号~12号。オモリは影山産業の連20~25号。竿はがま投げバトルサーフ33号430を使用。