釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 小野 誠 > 3月4日北海道余市港のシーランチさんへサクラマスジギングに行って来ました。

小野 誠OFFSHORE Field Tester

3月4日北海道余市港のシーランチさんへサクラマスジギングに行って来ました。2016.03.14掲載

3月4日北海道余市港のシーランチさんへサクラマスジギングに行って来ました。
北海道のサクラマスジギングはまだまだ開拓途中で、まだまだ従来の毛バリなどの釣り方で皆さんが狙っている状況のようです。
今回はシーランチさんにお願いしてジギングで狙わせて頂く事になりました。
フィッシュランドさんのお店の方や征海丸のお客さんにもご一緒頂いての釣行会となりました。
 
昨年の4月にも行きましたがホッケはたくさん釣れたものの、サクラマスは船中1匹とさびしい釣果でした。しかしながらスローピッチのスタイルで狙えると確信した釣行でもありました。
昨年はランスのクレイドルフォールで狙いましたが、今年はフラッシュ150gのヒラヒラとフォールさせるのがマス類には有効ではないかと考え、実績の高いグリーンゴールドでスタート。
落とせばホッケがヒットする状況で、サクラマスの群れが回遊してくるのを待ちます。ベイトはオオナゴでたまにフックに掛かってきます。かなりの数がいないとフックに掛かってくる事は無いでしょうから、海底にはおびただしいオオナゴとそれを喰うホッケが想像されます。
ホッケに悩まされながら我慢しているとフィッシュランド永山店の山田店長がサクラマスをキャッチ。すぐに僕にもホッケと違う引きの魚がヒット。小型ですが待望のサクラマスをキャッチする事が出来ました。
その後もホッケと闘いながらサクラを狙います。ボトムから5~7mの範囲をワンピッチでフォールを長めにしながら刻みあげてヒット。僕の横で釣っていた登別店の鶴喰店長もほぼ同時にヒットしてサクラをキャッチ。
船尾で釣っている美しが丘店の佐藤さんは既に4匹をキャッチしておりジャークスタイルを観察。
ローピッチのリールでのワンピッチだがジグの重さが返ってくるまで上げよりもフォールを長くとってヒットさせている様子。そこで僕もローピッチのリールに合わせるためハーフピッチで上げる度にラインを送り込むような長めのフォールをさせてみるとヒット。ホッケと違う首のくねらせるような引きでサクラをキャッチできました。何となくヒットパターンを掴んだような気がしましたが後が続きませんでした。佐藤さんはその後もヒットを続けて竿頭の6匹をキャッチでした。
終盤はソイ等の根魚狙いで漁礁や根を狙いながら港に戻りました。最後の場所で大きめのホッケとソイをダブルでキャッチ。
普段は出来ない釣りだけにいろいろ勉強になった釣行でした。
 
sealunch
 

サクラマスジギングのタックル
ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50Hi
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマン WX8 2号
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー 30lb
ジグ:フラッシュ150gグリーンゴールド、ランス160gシルバーホロ
フック:フロント用TCハードツインスパーク#1-3cm、リア用TCツインスパーク5cmプロト

02 03
04 05 06 07 08 09 10 11 12