釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-02 「PNG 淡水随一の怪力! パプアンバス編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-02 「PNG 淡水随一の怪力! パプアンバス編」2008.10.12掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」は近くて遠い大自然の残された国、パプアニューギニアでのパプアンバス編です。今まで世界中の淡水魚と格闘をしてきましたが、間違いなく、このパプアンバスが淡水魚の中では一番の怪力だと思います。ジャンプやテールウォークといった派手なファイトはありませんが、フッキングした瞬間に下へ下へと突っ込んでいくトルクフルなファイトは「マジで淡水魚?!」と思うほどに強烈で強力です。

PNGはこれで2度目の来訪。昨年単身釣行したPNGのニューブリテン島(ラバウルがある島)に今回も行って来ました。ウルグアイの失敗?(ラインクラス記録用の写真等)も考慮してパプアンバスの「30Lbs」、「50Lbs」のラインクラスと「オールタックル」での世界記録を狙っての釣行です。

昨年行った時に現地ガイドより「PNGニューブリテン島は5~9月が乾季、潮周りは新月がよく、5月は乾季始まりで魚もスレてないから最高だよ!」と聞いていたので今回は5月末の新月にバッチリ当て込んでの釣行でした。が、いざ行ってみると「今年は雨がどうだの、水温が低いだの、満月のほうがいいだの、etc…」でました!世界各国釣人共通の「過去と未来はあるけど現在がない!」(笑)まぁ、今まで世界中周って「今、最高に釣れてるよ!」って言葉は聞いたコトありませんからね★(爆)
今回メインに使用したタックルは3タックル。オールタックル用にdeps DOM DRIVER FLIPPING EDITION+CONQUEST401。ラインは絶対の信用度、いつものPE、GALIS ULTRACASTMAN X8 113Lbs(8号)。リーダーには強引なファイトを想定してフロロのGALIS FC Absorber100LbsとナイロンのGALIS CASTMAN Absorber130Lbsをチョイス。「PE8号に130Lbsリーダー」という、淡水のゲームにはありえないようタックル(笑)。残り2本は、50Lbsラインクラス用としてNORIES THUNDERSHAFT73MH改+SPEEDMASTER201、これにはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber100Lbsを使用。30Lbsラインクラス用はdeps SIDEWINDER The SLAP SHOT FLIPPING EDITION+ANTARES DC7、ラインシステムはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber80Lbsという万全のタックルで挑んできました★

通常、パプアンバスゲームというと「ディープをゴリゴリ巻く」イメージのようであるが、今回行ったBAIA周辺では水深の関係なのかサーフェイスでの反応が頗るよく、朝夕はもちろん、日中でもタイミングさえハマればエキサイティングなゲームを楽しめ鱒♪

上記でも書いたように、今回は「水温」「水質」「潮」のタイミングがイマイチよくないらしく(パプアンバスは意外な程に水質に敏感で雨で少しでも濁りが入るとカナリ厳しい…)4日間の実釣で1日平均1~2本のキャッチ、サイズも2~5キロと微妙…。そんな実釣3日目午後、流しながら上流域まであがる通常の釣り方をやめ、自分の「勘」とガイド「言葉」を信じて(秘境での釣りはガイドとのコミニケーションや信頼関係はスゴク大切★)ひたすら河を遡上する。そして遡上するコト約2時間、「いかにも!」というレイダウンに流れが絶妙に絡むプールを発見!しかも水深もありストラクチャーはそのレイダウンだけ!「この場所なら30Lbsで獲れるか?」そう思ったが念には念を入れ50Lbsをチョイス。
「一撃必釣、出るなら1発目しかない!」気持ちをコンセントレートし、昨年のパプアで実績も信頼も高いスキーターポップを流れの少し上にキャスト。そしてドリフトさせレイダウンを通過… 「ダメか?」そう思った直後、水面が爆発した!SPEEDMASTERのフルドラグが狂ったように滑りだす!「デカイ!」間違いなく10キロUPのトルクだ!冷静にストラクチャーから引き離し(パプアンバスの大型は、まずストラクチャーや根から魚を離さないと、まず獲れないコトが多い)ゆっくりとファイト。そしてネットIN★自己記録程の大きさではなかったがラインクラスの目標には達していそうだったので、まずは一安心♪ サイズは陸上実測10.05Kg、80cmのパプアンブラックバスだった。

今回、20キロUPを真剣に狙っての釣行であったが、状況は厳しかった…
まぁ、「釣り」は自然相手の「遊び」であるからしかたがない★
今回の釣行で色々とパプアンバスの生態や性格が判ったコトも多々あったので次回こそは必ずや!と想いつつPNGを後にした…。