釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-03 「PNG.タイ 銀鱗のスター怪魚バラマンディー編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-03 「PNG.タイ 銀鱗のスター怪魚バラマンディー編」2009.01.13掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★
今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」は怪魚や秘境釣行の中でも人気の高い銀鱗のスター怪魚、バラマンディー編です。今回は最後の大自然パプアニューギニアでのネイティブ・バラと、近年話題のタイのバラマンディー釣堀の養殖・バラの2箇所での釣行記です★

「バラマンディー」、大きな銀鱗のカッコイイ魚であり、日本にも同種の「アカメ」が棲んでますね。あとアフリカに棲む「ナイルパーチ」も同じ種類です。どれも共通して言えるのはルアーに果敢にアタックしてくる淡水最高峰のゲームフイッシュだというコト。
トップからボトムまで、その釣り方も多種多様、そしてフッキングしてからのパワフルでスタイリッシュなファイト。その見事な跳躍と重厚な走りは世界中のゲームフイッシャーマンを魅了してやみません(って言うか、ボクも魅了されてる一人ですが 笑)。

まずはPNGでのバラマンディー釣行。行ってきたのはパプアニューギニア本土、ポートモレスビーから陸路で6時間ほど走った奥地の河です。パプアでは「釣り」をさせてもらえるように各、原住民の村にタバコ、チョコレート、飴玉、インスタントラーメンなどをお土産で持っていき、そこの村長に釣りをしてもいい許可を取ってボートを下ろせます。これには長い時間と信用が絶対で、今回はポートモレスビーに住む、友人、ジェイソンに、そういった手配をしてもらい釣りに行ってきました。

結果からいうと、実釣5日間で初日にバラマンディーを4本キャッチ、残り4日間は完全無ノーフイッシュでした…(皆さんが思っているほど海外秘境は釣れません)。初日は潮のタイミングがバッチリ合って、最初の一匹目から自己記録更新の104cm♪、その後もヒットしてくるのは90cmオーバーのビックサイズばかり!一瞬「ここはバラ天国か!」と思ったケド、釣りは、そんなに甘くなく翌日から3日間はノーバイト、ノーフイッシュ。その後、釣場を移動、河を何本もチェックするが60cmクラスをバラしただけ…(汗)タイダルパターンの爆発力と難しさを体験したパプアニューギニアのバラマンディー釣行でした。

続いてタイの「バラマンディー釣堀」、通称「バラボリ」。このバラボリのボリマンディー(笑)、釣堀だから、と侮るなかれ、おそらくネイティブのバラ以上に強烈なファイトをします。理由は簡単、養殖で餌が豊富、どの固体も丸々と太っているからです★タイの釣堀は1日\1000くらいから半日\8000くらいまで色々なタイプがあります。安い場所は、それなりに魚もスレて少なく、値段の高い場所は養殖池そのもので釣りをさせてくれる場所まであります。

今回は連日雨が降り魚の状況が悪いといわれていたが(養殖ボリバラは雨で池の塩分濃度が下がると死んでしまう為)様子見ついでといった感じで行ってきました。確かにハード系のルアーには反応が悪かった感じで、トップやミドルレンジをハードプラグを通してもナカナカ反応なく、中層以下をスローにラバージグのスイミングやボトムをS字系でゆっくりリトリーブするのが食いがいい感じでした。飛行機の合間の時間、半日の釣行でしたが70~80cmを10本くらいキャッチできました。タイは、手軽さ、治安、値段などを考えると、とても魅力的な国です。是非、皆さんもバスタックルを持って遊びに行って見てください。きっと異次元のファイトが待っていますよ(ただしボリですが…笑)。

今回、両国でメインに使用したタックルは3タックル。PNGではモンスター用にdeps SIDEWINDER The SLAP SHOT FLIPPING EDITION+SPEEDMASTER201、ラインシステムはGALIS ULTRACASTMAN X8 62Lbs(4号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber100Lbsをチョイス。ミノーやジグスイミング用にdeps SIDEWINDER The SUPER BORDER+CONQUEST201DC、ラインシステムはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber80Lbsを使用。バラボリ用にはdeps SIDEWINDER The OUT CROSS+ANTARES DC7、ラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 47Lbs(3号)、リーダーにはナイロンのGALIS CASTMAN Absorber60Lbsという万全のタックルで挑んできました★

バラボリは障害物がないのでラインはGALIS ULTRACASTMAN X8 33Lbs(2号) にフロロリダーのGALIS FC Absorberでもいいと思いまが、天然のバラを狙う時は少しオーバーなくらいのラインシステムを組んでいくコトをお勧めします★★