釣り糸|フィッシングラインの総合メーカー YGKよつあみ

HOME > フィールドテスター > 鵜山 和洋 > KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-05 「メキシコ・夢の巨バス聖地バカラック編」

鵜山 和洋WORLD Field Tester

KAZZの一魚一会★世界秘境怪魚釣行記VOL-05 「メキシコ・夢の巨バス聖地バカラック編」2009.03.27掲載

皆さん、こんにちは。YGKフィールドテスター、ウヤマ カズヒロです★今回の「一魚一会★世界秘境怪魚釣行記」は巨大フロリダバスを求め10年前にその名を世界に知らしめた巨大バスの聖地、メキシコ・バカラック編です。オレも色々な魚釣りをするけど自分の「釣」の基本はやっぱりバスフイッシング♪。

世界中の秘境、怪魚釣りをやっていても海での釣りをやっても、基本はやっぱりバスゲームだと思う。特に淡水でのストラクチャーに絡む釣りでは、バスゲームをやったコトのある人とない人の差は歴然だと思うし、何より面白い!よく「世界中で色々な魚を釣ってるけど何が一番楽しいですか?」って聞かれるケド、間違いなくバスフイッシングがNO1だね♪。まぁ怪魚ばっかりやってるオレがバスについての薀蓄語ってもしかたがないから(笑)。純粋に釣紀行文として書きますわ。

今回は釣り仲間であり同じフイッシングアパレルのデザイナー仲間であるUWのカナモ、SPの遊&激兄弟とオレの4人での釣行。普段からツルんでる仲間との海外遠征、楽しくないワケがない♪今回はバカラックで実釣4日間、移動に3日間、合計7日間の釣旅。バカラックは今回で2回目の来訪、ハイテンションの4人組、さてさてどうなるコトやら…

大きなトラブルもなく無事にバカラックに到着(2年前は飛行機が遅れ到着後、夜中自分でタクシーに乗り4時間かけてバカラックまで行った…汗)。一夜明けて湖に出てビックリ!
水位が下がっておらず満水状態(2年前に比べると7mくらいは増水)、おまけにシャッド(7cmほどのベイト)が異常発生しておりバスがルアーに無反応…。
世界中で異常気象を目の当たりにしてきた今年だけど、ここバカラックも例外ではなかった。。

今回バカラックに持ち込んだのは5タックル。トップ用にdeps SIDEWINDER The CONSTRICTOR+ CONQUEST101DCラインはNITLONベイトタイプ2 20LB。巻物用にdeps SIDEWINDER The SUPER BORDER+ CONQUEST201DCラインはNITLONベイトタイプ2 25LB。

ビックベイトS字系用にdeps SIDEWINDER The BOA CONSTRICTOR+ANTARES DC7ラインはNITLONベイトタイプ2 30LB。

ジグ&スイムベイト系用にSIDEWINDER The SLAP SHOT FLIPPING EDITION+ MG DC7ラインは
NITLON DARM25LB。SIDEWINDERプロト+ DC7ラインNITLON DARM25LB。上記5タックに巻物系にナイロンのベイトタイプ2 ジグ系にはフロロのDARMをチョイスしました。

初日午前中感じたのは冒頭にも書いたような(1)増水(2)ベイトの異常発生(3)ブユの異常発生(2年前は同じ時期でブユ、蚊ほぼゼロ)。ベイトに魚は付いているがルアーには何をやっても反応せず…増水して地形、景色が変わった湖を地図を片手に拙いスペイン語でコミニケートしながら釣り続け、なんとか、ボトムが立ち木の林になっている水深6mラインにクチを使ってくれる魚を発見♪怒涛のラッシュで10.5LBを筆頭に9LB×2本、8LB×3本、7LB×2本、計7本の60UPを捕獲。

翌日も同じパターンで9LB×2本、8LB×1本と10LBこそ出なかったが満足の釣りを展開。この2日目で4人全員10LBオーバーを無事にキャッチ!(いくらバカラックとはいえ、10LBオーバーはナカナカ釣れない)数は出ないが釣れればデカイ!というオレ的には理想的な展開となった。

結局ヒットパターンは5mラインをスイムベイトやスピナーベイトでキッチリトレースする釣り。初日、フロロをチョイスしていたオレは(皆、前情報、巻物でガンガンのイメージだったのでナイロンをチョイス)時合いをバッチリ逃さず、いい結果を出せた。これも感度、強度共に優れているフロロラインNITLON DARM25LBのおかげである。この、NITLON DARMしなやかで操作性も抜群。

特に20lb以上の太い番手はオススメで太さ以上の結束強力・耐久力・耐摩耗性があり感度も最高!日本でも琵琶湖等のモンスターフイッシュを狙う時、是非とも使ってみて頂きたい。そのポテンシャルを体感できるはずなので!!